« コートジボアール戦敗戦のなぜ? | トップページ | 「超高速! 参勤交代」:発想はナイスですが・・・ »

2014年6月16日 (月)

「インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌」:地味だけどうまいなあ

347687_001

映画『インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌』は、コーエン・ブラザーズらしくないほど抑制が効いていながら、コーエン映画ならではの不思議な味わいがしっかり出ています。地味だけど映画としての品の良さ、質の良さがそくそくと胸にしみる作品です。

347687_002

映像が、モノクロ作品として記憶してしまいそうなほどの渋さ。このスティル写真よりももっと渋い、「銀残し」みたいな色合い。とにかく、映画らしい良い絵なんですよねー。

347687_014

でも描かれている現実は、かなり辛いもの。売れないフォーク・シンガーの日々。出口なしの日々です。それなのになぜか、ほんのり暖かいというか、人間の愛おしさ、素晴らしさすら感じさせてくれるあたり、コーエン兄弟の力量以外の何ものでもありますまい。全編通してそこはかとなくおかしいし、ネコもいいし。

キャリー・マリガンが347687_012あのふにゃっとした顔で可愛いのですが、あの顔なのに猛烈にルーウィンを罵倒します。汚い言葉の限りを尽くして全力でののしります。その迫力と、それにも関わらずのかわいさ。最高です。相変わらずうまいですね。

347687_011_4

中盤の(変な歌の)レコーディング風景とか、終盤のライブハウスでの逆光の中(『レニー・ブルース』みたい)の弾き語りとか、歌う場面がしっかり見せ場になっているところも、作品に強度を与えていました。エンディングなども粋なもんですしね。

|

« コートジボアール戦敗戦のなぜ? | トップページ | 「超高速! 参勤交代」:発想はナイスですが・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/56517277

この記事へのトラックバック一覧です: 「インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌」:地味だけどうまいなあ:

» インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌 [佐藤秀の徒然幻視録]
ただ存在していることの耐えられなさ 公式サイト。原題:Inside Llewyn Davis。ジョエル・コーエン/イーサン・コーエン監督。オスカー・アイザック、キャリー・マリガン、ジョン・グッ ... [続きを読む]

受信: 2014年6月16日 (月) 23時07分

» 『インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌』 (2013) [相木悟の映画評]
移り行く時代に埋もれた男の熱唱に感涙せよ! 一握りの成功者を支える名もなき人々の哀愁が身に沁みる美しい一本であった。 本作は、マイペースに我が道を行く映画製作を続ける個性派、コーエン兄弟監督作。カンヌ映画祭で審査員特別グランプリを受賞した注目の一本だ...... [続きを読む]

受信: 2014年6月16日 (月) 23時50分

» 「インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌」あるかないかの才能を信じる男の1週間 [soramove]
「インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌」★★★ オスカー・アイザック、キャリー・ マリガン、 ジョン・グッドマン、ギャレット・ヘドランド、 ジャスティン・ティンバーレイク出演 ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン監督、 132分 2014年5月30日公開 2013,アメリカ,ロングライド (原題/原作:INSIDE LLEWYN DAVIS) 人気ブログランキングへ">>→... [続きを読む]

受信: 2014年6月19日 (木) 20時35分

» 映画:インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌 1961 NY 冬 のリアリティ,一方 ボブ・ディラン! [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
1961年 冬 NY グリニッジ・ヴィレッジ。 主人公ルーウィン・デイヴィスは、売れない 男性フォーク・シンガー。 極寒なのに、コートもないような生活。 定住する場所はなく、友達やツテを頼り、その家のソファーを借りるジプシー生活。 たまにはメジャー人脈と繋がり、...... [続きを読む]

受信: 2014年6月20日 (金) 19時16分

» インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌 [象のロケット]
まだマスコミやレコード会社などが発達していなかった1961年、アメリカ・ニューヨークのグリニッジ・ヴィレッジ。 ライブハウスで歌う男性フォーク・シンガーのルーウィン・デイヴィスは、最近何をやっても裏目に出てばかり。 山積みになったトラブルから逃げ出すように、ルーウィンはギターと猫を抱えて人生を見つめ直す旅に出る…。 名もなきシンガーの1週間の物語。... [続きを読む]

受信: 2014年6月21日 (土) 22時48分

» グリニッジ・ヴィレッジの迷い猫~『インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌』 [真紅のthinkingdays]
 INSIDE LLEWYN DAVIS  1961年、ニューヨーク・グリニッジ・ヴィレッジ。売れないフォークシンガーの ルーウィン・デイヴィス(オスカー・アイザック)は、文無し・宿無しのどん詰まり 状態。友人宅のカウチで眠る日々だというのに、歌手仲間のジム(ジャスティ ン・ティンバーレイク)の恋人・ジーン(キャリー・マリガン)から 「妊娠した」 と ...... [続きを読む]

受信: 2014年6月24日 (火) 13時21分

» 『インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌』の正体は? [映画のブログ]
 【ネタバレ注意】  ルーウィン・デイヴィスの女友達ジーン役にキャリー・マリガンがキャスティングされたのは、彼女が「マリガン」だからじゃないか。なんて妄想が頭をかすめた。  ルーウィンは彼女の部屋に泊めてもらうが、そこには別の男もいて、三人で夜を明かすことになる。  そんな話が他にもあったからだ。                  ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン...... [続きを読む]

受信: 2014年6月24日 (火) 21時07分

« コートジボアール戦敗戦のなぜ? | トップページ | 「超高速! 参勤交代」:発想はナイスですが・・・ »