« 森永の新作×2 | トップページ | 「オールイ・ユー・ニード・イズ・キル」:ザ・リピーター »

2014年7月 5日 (土)

「DOCUMENTARY of AKB48 The time has come 少女たちは、今、その背中に何を想う?』:またもや傑作

348899_001

これまで大江戸の年間ベストテンでも1位、1位、2位と全てが傑作だったAKBドキュメンタリー映画第4弾『DOCUMENTARY of AKB48 The time has come 少女たちは、今、その背中に何を想う?』は、やはり傑作でした。でも今までのように「ニッポンの今が描かれている」ってことよりもむしろ、「世の中の本質と真実が描かれている」と感じました。

348899_004

これまでは毎年1月末~2月頭の公開だったのに、今回は1年半あいて7月頭の公開。その分削ったエピソードも多かったことと思います。大島優子の卒業を大きな縦糸として通して、前作同様「成長と世代交代」を描きこんでいきます。そして相変わらずですが、高橋みなみ総監督の「男前」とリーダーシップが凄すぎます。本作では更に時として「お母さんの顔」も! 彼女には将来「国政」を担ってほしいと、冗談でなく思います。

348899_002

たかみなを支える「中間管理職」として、峯岸みなみや松井玲奈や指原莉乃が機能している様子や、新しいメンバーに先輩が社会人マナーのABCを教える様子を見るにつけ、AKBグループって企業社会と似てるよなあと改めて思いました。その最たる部分が「大組閣」という人事異動だったりします。なんともスリリングかつ悲喜こもごもで、涙を誘う見せ場ともなっておりました。

348899_003

でもやはり最大の見ものは、大島優子の卒業セレモニー@国立競技場が荒天中止となった舞台裏の様子。ああ無情です。落涙を禁じ得ませんでした。

そして本年5月25日の握手会でのメンバー襲撃事件と、その後の総選挙、味の素スタジアムでの大島優子ファイナルなど直近の出来事までもきっちり入ってます。映画の公開決まってからの出来事ですよねえ。ギリギリまで頑張って編集し直したであろう舞台裏が想像できて、そちらもかなりスリリングです。

それにしても今回は秋元さん、出て来なかったなあ・・・。

|

« 森永の新作×2 | トップページ | 「オールイ・ユー・ニード・イズ・キル」:ザ・リピーター »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/56705557

この記事へのトラックバック一覧です: 「DOCUMENTARY of AKB48 The time has come 少女たちは、今、その背中に何を想う?』:またもや傑作:

» 『DOCUMENTARY of AKB48 The time has come 少女たちは、今、その背中に何を想う?』 (2014) / 日本 [Nice One!! @goo]
監督: 高橋栄樹 企画: 秋元康 公式サイトはこちら。 人気アイドルグループ「AKB48」の活動の裏側に迫ったドキュメンタリーシリーズの第4弾。2014年6月の大島優子卒業を前に、大きな岐路に立たされているグループの13年1月〜14年6月の活動に密着。かつてない規模で...... [続きを読む]

受信: 2014年7月 6日 (日) 05時37分

» DOCUMENTARY of AKB48 The time has come 少女たちは、今、その背中に何を想う? [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。秋元康企画、 高橋栄樹監督。大島優子、高橋みなみ、指原莉乃、渡辺麻友、松井玲奈、峯岸みなみ。昨年末の紅白歌合戦での大島優子AKB卒業宣言から今月初めまでの半年間 ... [続きを読む]

受信: 2014年7月 9日 (水) 14時17分

» DOCUMENTARY of AKB48 The time has come 少女たちは、今、その背中に何を想う? [単館系]
DOCUMENTARY of AKB48 The time has come 少女たちは、今、その背中に何を想う? MOVIXさいたま 7/4公開 AKB48をけん引してきた前田敦子が2012年に卒業し、2014年にはグループの中心的存在として活躍してきた 大島優子も卒業することに。 さらに2014年6月には、メンバーたちがセンターをめぐり火花を散らす選抜総選挙が待ち受けている。...... [続きを読む]

受信: 2014年7月 9日 (水) 23時57分

« 森永の新作×2 | トップページ | 「オールイ・ユー・ニード・イズ・キル」:ザ・リピーター »