« ヤマザキのスフレ | トップページ | 「ノア 約束の舟」:ハムくんがしょーもない »

2014年7月 1日 (火)

「春を背負って」:教育映画風の優しさ

348043_010

映画『春を背負って』は、木村大作監督作品第2弾。なぜあの激しい気性の木村さんからこんな優しい映画が出てくるのか不思議に思っちゃいます。それぐらい、古めかしいまでにまっすぐで、ヒューマンな優しさに溢れた作品に仕上がっていました。昔の「教育映画」みたいな感覚すら漂っておりました。

348043_001

でも、都会のトレーダーは、コンピューターを相手にした非人間的世界だからダメ、山の暮らしはとっても人間的で素晴らしい、とする昔風のシンプル過ぎる思想は、さすがにいかがなものかと思いました。いくらなんでも、ちょっと単細胞すぎやしませんかねえ?

348043_007

まあ松山ケンイチも豊川悦司も適材適所なのですが、蒼井優が終始不自然なまでに笑顔を絶やさない山ガール?でして、さすがにリアリティが欠如したキャラクターではないかと思いました(まあ彼女の「過去」も入れたりしているのですが、ちょっと「取ってつけた」感じでして)。でも彼女がアウトドアで短髪をシャンプーして泡立てている場面は(予告の時から思いましたが)、なかなか新鮮な絵で良かったですね。

348043_002

(以降ネタバレあり) でもラストで松山と蒼井が手を取り合って笑いながらぐるんぐるん回る場面には、さすがに「ひえ~っ」と椅子からずり落ちそうになりました。今どきこんな描写って、何かのパロディー以外にはないですよねえ。まあパロディーだったら、二人が回った拍子に谷底に落っこったりしちゃうんでしょうけど・・・。

あと、山小屋の場面で、木村大作さんがちらっとだけ写ってましたね。瞬間の穏やかな顔が、好々爺風でした。

|

« ヤマザキのスフレ | トップページ | 「ノア 約束の舟」:ハムくんがしょーもない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/56668097

この記事へのトラックバック一覧です: 「春を背負って」:教育映画風の優しさ:

» 春を背負って [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。笹本稜平原作、木村大作監督。松山ケンイチ、蒼井優、檀ふみ、小林薫、豊川悦司、新井浩文、吉田栄作、安藤サクラ、池松壮亮、仲村トオル、市毛良枝、井川比佐志、石 ... [続きを読む]

受信: 2014年7月 2日 (水) 00時00分

» 春を背負って [映画的・絵画的・音楽的]
 『春を背負って』をTOHOシネマズ渋谷で見てきました。 (1)本作を制作した木村大作監督による前作『劔岳 点の記』が良かったこともあって映画館に足を延ばしました。  本作の最初では、20年前のこととして、雪山を幼い亨と共に登る父親・勇夫(小林薫)の姿が映し出...... [続きを読む]

受信: 2014年7月 2日 (水) 20時36分

» 春を背負って [象のロケット]
立山連峰で山小屋“菫小屋”を営む厳格な父に育てられた長嶺亨は、そんな父から遠ざかるように、金融業界で働いていた。 しかし、父が死んだという知らせを聞いて帰郷した彼は、都会での生活を捨て、父が遺した“菫小屋”を継ぐことを決意する。 料理係の女性・愛、父の友人だという悟郎に助けられ、悪戦苦闘する毎日が始まった…。 ヒューマンドラマ。... [続きを読む]

受信: 2014年7月 6日 (日) 09時41分

» 『春を背負って』 映画を観るのに大事なもの [映画のブログ]
 正直に告白しよう。  私は木村大作氏が苦手だった。  氏は名カメラマンである。美しい映像をカメラに収め、数々の名作映画を世に送り出した。その実績は誰もが知るところだ。  けれども、私は氏の仕事を敬遠してきた。氏の映像の素晴らしさを認めるのにやぶさかではないのだが、カメラマンが木村大作氏だと知ると、映画を観る気がなんとなく削がれたのである。  私がはじめて木村大作氏の仕事を意識し...... [続きを読む]

受信: 2014年7月 6日 (日) 15時35分

« ヤマザキのスフレ | トップページ | 「ノア 約束の舟」:ハムくんがしょーもない »