« 「DOCUMENTARY of AKB48 The time has come 少女たちは、今、その背中に何を想う?』:またもや傑作 | トップページ | 「円卓 こっこ、ひと夏のイマジン」:芦田愛菜を見る映画 »

2014年7月 6日 (日)

「オールイ・ユー・ニード・イズ・キル」:ザ・リピーター

348085_004

映画『オール・ユー・ニード・イズ・キル』は、明らかにビートルズの『All You Need Is Love (愛こそはすべて)』がタイトルの元ネタでしょうが、原作となった日本の小説のタイトルなのですね。でも、文法的には「Kill」じゃダメだよなあ、などとひっかかっていたら、英語題が“Edge of Tomorrow”だったので、スッキリしました。

348085_001

(以降ネタバレあり) 何度死んでも生き返ってやり直しという「ループ」が、このギタイというバケモノ相手の戦闘というシチュエーションで出てくると、これはもうコンピューター・ゲーム以外の何ものでもありませんね。毎回同じことをやりながらどんどん進歩していき、少しづつ先へ進める。でゲームオーバーになったら、リセットしてもう一度・・・という世界。こういうゲームを「ゲーム体験」ごと実写映画化した作品と言えるのでしょう。

348085_008

それにしてもやだなあ、こんな状況に陥ったら。だって、何度でもやり直すたびに、またコワイ目や痛い目に遭うわけですし、そもそもが同じこと何度も何度もやるのって、超めんどくさそう! 飽きちゃって、死にたくなりそうです。あ、死んでもまたやり直しか・・・。

348085_002

演出はさすがにダグ・リーマンだけあって、この状況をわかりやすく的確に観客に提示するその手際が鮮やかです。質の高い娯楽職人です。

ただ根本の部分ではありますが、あまりにもゲーム感覚で人が死に、「リセット」されて生き返って・・・ってあたりには、教育的・道徳的な抵抗を覚えなくもありません。以前、海外のニュースで、ゲームみたいに死んでもまた生き返ると思って、友達だか弟だか妹だかを殺しちゃった子供の話がありましたもんねえ。『渇き。』は好きでも、そこらへんには引っかかっちゃう大江戸なのでした。

|

« 「DOCUMENTARY of AKB48 The time has come 少女たちは、今、その背中に何を想う?』:またもや傑作 | トップページ | 「円卓 こっこ、ひと夏のイマジン」:芦田愛菜を見る映画 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/56714285

この記事へのトラックバック一覧です: 「オールイ・ユー・ニード・イズ・キル」:ザ・リピーター:

» 『オール・ユー・ニード・イズ・キル』 (2014) [相木悟の映画評]
ライトでヘビーな優良SF戦記ではあるのだが…?! タイムループをモチーフに奥深いテーマ性を示す戦争アクションに成りえた筈が、なんともはや惜しい逸品であった。 本作の原作は、桜坂洋による日本産ライトノベル。日本でも一般的な知名度が高いとはいえない当作が、太...... [続きを読む]

受信: 2014年7月 6日 (日) 23時40分

» オール・ユー・ニード・イズ・キル [★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★]
【EDGE OF TOMORROW】 2014/07/04公開 アメリカ 113分監督:ダグ・ライマン出演:トム・クルーズ、エミリー・ブラント、ビル・パクストン、ブレンダン・グリーソン 、ジョナス・アームストロング、トニー・ウェイ、キック・ガリー、フランツ・ドラメー、ドラゴミール・ム...... [続きを読む]

受信: 2014年7月 6日 (日) 23時43分

» オール・ユー・ニード・イズ・キル〜戦場の広告屋 [佐藤秀の徒然幻視録]
Come Find me When You Visit The Louvre! 公式サイト。原題:Edge of Tomorrow。桜坂洋原作、ダグ・リーマン監督。トム・クルーズ、エミリー・ブラント、ビル・パクストン、ブレンダン・グリーソン ... [続きを読む]

受信: 2014年7月 6日 (日) 23時44分

» 映画『オール・ユー・ニード・イズ・キル』★タイトルは殺伐感あるもイイ明日は来ると [**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**]
作品について http://cinema.pia.co.jp/title/164228/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。 原作:桜坂洋 英題:『EDGE OF TOMORROW』 原作未読で(さわりだけ)、映画のみの印象です。 地球侵略に来たギタイと呼ばれるものに、応戦している状態です。 戦場で、何度も生死を繰り返す、時間のルー..... [続きを読む]

受信: 2014年7月 6日 (日) 23時56分

» 『オール・ユー・ニード・イズ・キル』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「オール・ユー・ニード・イズ・キル」 □監督 ダグ・リーマン□脚本 クリストファー・マッカリー、ジェズ・バターワース、ジョン=ヘンリー・バターワース□原作 桜坂洋□キャスト トム・クルーズ、エミリー・ブラント、ブレンダン・グリー...... [続きを読む]

受信: 2014年7月 7日 (月) 08時22分

» 映画:「ALL YOU NEED IS KILL」♪。 [☆みぃみの日々徒然日記☆]
平成26年7月1日(火)。 映画:「ALL YOU NEED IS KILL」。 監  督:ダグ・リーマン 原  案:桜坂洋 美  術:オリヴァー・スコール 音  楽:クリストフ・ベック 編  集:ジェームズ・ハーバート キャスト: ウィリアム・ケ…... [続きを読む]

受信: 2014年7月 7日 (月) 09時34分

» [映画『オール・ユー・ニード・イズ・キル』を観た(寸評)] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆これまで何度も語っていることだけど、私は、時間ループネタの小説を書いたことがある。  世に色んな時間ループ題材の作品があり、最近では「まどか☆マギカ」が心に残っているが、この『オール・ユー・ニード・イズ・キル』も、きっちりと作り上げられた傑作と言えよう...... [続きを読む]

受信: 2014年7月 7日 (月) 12時20分

» オール・ユー・ニード・イズ・キル [象のロケット]
謎の侵略者“キタイ”の攻撃で滅亡寸前になった近未来の地球。 米軍のメディア担当で戦闘経験ゼロのウィリアム・ケイジ少佐は、将軍の命令に背いたため前線に送り込まれ、あっけなく命を落としてしまう。 意識を取り戻したケイジは、自分が不可解なタイムループの世界にいて、何度も戦闘と戦死を繰り返していることに気づく。 特殊部隊の女性兵士リタ・ヴラタスキと共に戦いを繰り返す度に、ケイジの戦闘技術は磨き上げられていくのだが…。 SFアクション。... [続きを読む]

受信: 2014年7月 7日 (月) 17時19分

» オール・ユー・ニード・イズ・キル・・・・・評価額1650円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
勇者さまが、できるまで。 地球が、突如として未知のエイリアンの侵略を受けた近未来。 戦闘中に戦死したはずの主人公は、目覚めるとその前日に時間が巻き戻っている事に気付く。 そして延々と繰り返される、同じ一日の覚醒と死。 なぜ彼は、時空の無限ループに陥ったのか? やがて絶望的な戦いの中で、強大なエイリアンの秘密を解き明かした主人公は、自分が人類を救う事の出来るただ一人の存在であるこ...... [続きを読む]

受信: 2014年7月 7日 (月) 21時04分

» オール・ユー・ニード・イズ・キル : タイムワープと輪廻転生 [こんな映画観たよ!-あらすじと感想-]
 ライトノベル、こんな小説のジャンルがあるということを最近知りました。でも、小説を書いた方にも読んだ方にも失礼な呼び名ですよね。では、本日紹介する作品はこちらになりま [続きを読む]

受信: 2014年7月 7日 (月) 21時42分

» 『オール・ユー・ニード・イズ・キル(Edge of Tomorrow)』ダグ・リーマン監督、トム・クルーズ、エミリー・ブラント、他 "目覚めたら私を捜して" [映画雑記・COLOR of CINEMA]
注・内容、ラストに触れています。『オール・ユー・ニード・イズ・キル』Edge of Tomorrow原作 : 桜坂洋監督 : ダグ・リーマン(ダグ・ライマン)トム・クルーズ、エミリー・ブラントビル・パ [続きを読む]

受信: 2014年7月 8日 (火) 00時07分

» [映画][☆☆☆★★]「オール・ユー・ニード・イズ・キル」感想 [流浪の狂人ブログ〜旅路より〜]
 桜坂洋原作のライトノベル「All You Need Is Kill」を、「ジェイソン・ボーン」シリーズのダグ・リーマン監督、トム・クルーズ主演で映画化。 ものすごく簡単に言うなら、「ロストプラネット」や「ギアーズ・オブ・ウォー」といったTPSに、初見殺しのいわゆる死に覚え... [続きを読む]

受信: 2014年7月 8日 (火) 20時11分

» 『オール・ユー・ニード・イズ・キル』 面白さの秘密 [映画のブログ]
 娯楽映画や娯楽小説は、私たちを心地好く現実逃避させてくれる。  『オール・ユー・ニード・イズ・キル』の痛快な面白さの根底にあるのも、虫がいい現実逃避である。  『オール・ユー・ニード・イズ・キル』の原作は日本の小説『All You Need Is Kill』。"kill"というネガティブな言葉を避けるため原題は『Edge of Tomorrow』に変えられたが、邦題は日本での知名度を活...... [続きを読む]

受信: 2014年7月 8日 (火) 23時36分

» 映画:オール・ユー・ニード・イズ・キル 鑑賞直後に「もう1回続けて観てもいいかも」って凄い久々! [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
NYステイ時、この映画が公開直前で、けっこう広告にヒットした。 原題は、Edge of Tomorrow。 どうも?同時間軸を何度タイムループしてる主人公たちの話らしいな、と。 同時間軸ループなSFというと、当ブログ的にぱっと思い出すのは2作品。 ひとつは、ビル・マー...... [続きを読む]

受信: 2014年7月 9日 (水) 18時56分

» 映画「オール・ユー・ニード・イズ・キル(2D・字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし [ディレクターの目線blog@FC2]
映画 『オール・ユー・ニード・イズ・キル(2D・字幕版)』 (公式)を本日、先行上映にて劇場鑑賞。採点はちょっと緩めで、 ★★★★ ☆ (5点満点で4点)。100点満点なら70点にします。なお、桜坂洋氏の原作ライトノベル『All You Need Is Kill』は未読。 ざっくりストーリー 謎の地球外生物「ギタイ」の侵略で滅亡寸前...... [続きを読む]

受信: 2014年7月 9日 (水) 19時59分

» オール・ユー・ニード・イズ・キル [Akira's VOICE]
やっぱりラブストーリーでした。   [続きを読む]

受信: 2014年7月10日 (木) 08時30分

» オール・ユー・ニード・イズ・キル  監督/ダグ・ライマン [西京極 紫の館]
【出演】  トム・クルーズ  エミリー・ブラント  ビル・パクストン 【ストーリー】 近未来の地球。侵略者の激しい攻撃に、人類の軍事力ではもはや太刀打ちできなくなっていた。対侵略者の任務に就いたウィリアム・ケイジ少佐は、戦闘によって亡くなる。しかし、タイム...... [続きを読む]

受信: 2014年7月12日 (土) 21時43分

» 「オール・ユー・ニード・イズ・キル」 [ここなつ映画レビュー]
気晴らしに「オール・ユー・ニード・イズ・キル」。見事に気晴らしできました。やはりトム・クルーズはいいなあ。盤石の気晴らしを提供してくれる。難しい事を何も考えなくていい。安定したスリルとアクション。しかし、実際には物理学的には難しい話なのである。もちろん生化学的にも。よくよく考えると私にはこの理論にはついていけない。ま、SFの世界だから。と片付けてしまうのは勿体ない世界観ではあるのだけれど。この作品は、「ギタイ」と呼ばれる謎の侵略者と人類の戦いが続く近未来を舞台にしている。ギタイは圧倒的に強く、人類は... [続きを読む]

受信: 2014年7月29日 (火) 13時00分

« 「DOCUMENTARY of AKB48 The time has come 少女たちは、今、その背中に何を想う?』:またもや傑作 | トップページ | 「円卓 こっこ、ひと夏のイマジン」:芦田愛菜を見る映画 »