« 「ノア 約束の舟」:ハムくんがしょーもない | トップページ | 森永の新作×2 »

2014年7月 3日 (木)

「渇き。」:劇薬のダメージを覚悟せよ

348084_009

映画『渇き。』は、『下妻物語』以来2年ごとに作品を発表して来た中島哲也監督が『告白』以来4年を経て世に問う問題作。『進撃の巨人』実写版が頓挫(というか監督交代での再スタート)しちゃった影響で間があいちゃったんでしょうね。 いやー、コピー通りの「劇薬エンタテインメント」でした。好き嫌い分かれますよねえ、大江戸はもちろん好きですけど。いずれにしても、観る者に重量級のダメージを与えてくれる作品であります。

348084_006

R15+ですが、かなりエグくバイオレントです。血が飛んだり、体が切れたりしまくります。まあ血しぶきポップアート的な絵の挿入カット(メインタイトルバック同様の感覚)なんかで衝撃を和らげたりしていますが、こういうのに弱い人には刺激が強いかも知れません。

348084_003

でもそういう描写以上に、「愛する娘は、バケモノでした。」っていうコピーの示すような映画なので、そこらへんの心理的なグロテスクが暗く肥大化していく様子の方が、胸に重苦しく淀んでいきます。 そう、あの『ツイン・ピークス』を思わずにはいられませんでした。登場人物のほとんどが秘密を持っていたり、ヤバイ奴だったりってあたりも含めて。

348084_013

役所広司は中島監督が言うように、「好感度を下げる」大熱演。かなりの野獣(元)刑事ぶりです。汗とタバコとミドル脂臭と血の匂いが漂ってきそうなアンチ・ヒーローです。 一方の娘役・小松菜奈は「これからは普通の女の子役になっちゃうんだなあ」と思うと残念です。まあ、本作でも外見は普通の女の子なのですけど。 妻夫木聡とオダギリジョーに関しては、「こういう使い方があるんだぁ」と驚きました。特に「へらへら笑い」を絶やさない妻夫木に関しては、本作と(真逆の)『ぼくたちの家族』の2本で、「ただのバカ役者じゃなかったんだぁ。ごめんなさい」と、その演技力にようやく気付きました。終盤の役所とオダギリの対決場面は、ちょっと『太陽を盗んだ男』の沢田研二と菅原文太の対決を思わせる演出や構図もありました。

348084_012

カット割りも、ポップな映像の挿入も、音楽も、アクの強い人々も、青春のキラキラ感も、描写の毒気も、みんな中島哲也ならではの世界です。クレイジーで最強です。

(以降ネタバレあり) ラストで、降り積もった白い雪を掘って掘って・・・ってのは、覚醒剤のメタファーだと見ました。さて、どこからどこまでが、暴走オヤジの幻影だったのやら・・・。

|

« 「ノア 約束の舟」:ハムくんがしょーもない | トップページ | 森永の新作×2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/56686455

この記事へのトラックバック一覧です: 「渇き。」:劇薬のダメージを覚悟せよ:

» 【 渇き。 】パパ愛してる。 [映画@見取り八段]
渇き。      監督: 中島哲也    キャスト: 役所広司、小松菜奈、清水尋也、妻夫木聡、二階堂ふみ、橋本愛、森川葵、黒沢あすか、青木崇高、高杉真宙、國村隼、オダギリジョー、中谷美紀 公開: 2014年6月27日 2014年7月2日。劇場観賞 中島監督好きなのに『…... [続きを読む]

受信: 2014年7月 4日 (金) 00時17分

» 渇き。〜降る雪や昭和は遠くなりにけり [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。深町秋生原作、中島哲也監督。役所広司、小松菜奈、妻夫木聡、清水尋也、二階堂ふみ、橋本愛、森川葵、高杉真宙、葉山奨之、國村隼、黒沢あすか、青木崇高、オダギリ ... [続きを読む]

受信: 2014年7月 4日 (金) 08時29分

» 渇き。 [Akira's VOICE]
鬼畜祭りだわっしょい!!   [続きを読む]

受信: 2014年7月 4日 (金) 09時45分

» 『渇き。』 (2014) [相木悟の映画評]
めまいをもよおすダーク・アクション決定版! 人間の悪意が脳髄を刺激し、掻き回すクレイジーな怪作であった。 本作は、作品を発表する毎に圧倒的ビジュアル演出で観る者を飲み込む中島哲也監督作。第3回「このミステリーはすごい!」大賞に輝いた深町秋生のデビュー...... [続きを読む]

受信: 2014年7月 4日 (金) 12時01分

» 渇き。 [我想一個人映画美的女人blog]
「下妻物語」、「嫌われ松子の一生」、「パコと魔法の絵本」、「告白」 様々な原作を独特の世界観で映像化する中島哲也監督最新作 ってことで早速みてきました〜 原作は、第三回このミステリーがすごい 大賞受賞、深町秋生氏の「果てしない渇き」 ハイ...... [続きを読む]

受信: 2014年7月 4日 (金) 22時45分

» 渇き。 [はるみのひとり言]
試写会で観ました。元刑事の藤島に離婚した元妻から娘の加奈子が失踪したと連絡が入ります。自分せいで家族を崩壊させた藤島でしたが、思い描く家族を取り戻したいと娘を探し始めますが、娘の交友関係や足取りを辿るうちに、恐ろしい娘の正体が明らかになっていき・・・な...... [続きを読む]

受信: 2014年7月 5日 (土) 17時11分

» 映像のエグさより”あるある”感のほうが怖い。〜「渇き。」〜 [ペパーミントの魔術師]
・役所広司さんより佐々木蔵之介さんが好きで ・死んだ!と思った主要人物が実は生きてた!っていうのが好きで(ウケた(^_^;)) ・血を見るのが嫌で暴力ではなく話し合いで解決したくて ・ハッピーエンドが大好きで ・中島哲也監督の作品で好きなのは 『下妻物語』か『パ...... [続きを読む]

受信: 2014年7月 6日 (日) 14時51分

» 渇き。 : 疲れる映画だったなぁ。 [こんな映画観たよ!-あらすじと感想-]
 山形新幹線に、足湯が利用できる「とれいゆ」という車両が登場するとのこと。癒しですねぇ。ちなみに、本日紹介する作品は「癒し」を吹っ飛ばすこちらになります。 【題名】 [続きを読む]

受信: 2014年7月 6日 (日) 20時59分

» 渇き。 [★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★]
2014/06/27公開 日本 R15+ 118分監督:中島哲也出演:役所広司、小松菜奈、妻夫木聡、清水尋也、二階堂ふみ、橋本愛、森川葵、高杉真宙、國村隼、黒沢あすか、青木崇高、オダギリジョー、中谷美紀 愛する娘は、バケモノでした。 品行方正だった娘・加奈子(小松菜奈)が...... [続きを読む]

受信: 2014年7月 6日 (日) 23時11分

» 渇き。 [象のロケット]
別れて暮らす元妻から、高校生の一人娘・加奈子が失踪したとの連絡を受け、元刑事の父・藤島昭和は娘を探すことを決意する。 加奈子のカバンには、優等生には似つかわしくないブツや写真が入っていた。 同級生から話を聞くうちに、娘の思いもよらぬもう一つの顔が明らかになり、ショックを受ける藤島。 そんな彼に危険が迫っていく…。 ミステリー。... [続きを読む]

受信: 2014年7月 7日 (月) 17時10分

» 「渇き。」 [ここなつ映画レビュー]
他の人はどうか知らないけど、どうという事はない作品だった、私にとっては。役所広司の独壇場。帰りの電車の中でお綺麗な役所広司の「一番搾りプレミアム」の窓上広告を見た瞬間、激しく違和感を感じる位に。むろん、藤島加奈子役の小松菜菜奈も可愛かったし上手かった。役所広司の圧倒的に狂った演技に対抗できる位には。親子の情愛というものが歪んだ形で出てきているのだが、親子の…というより親から子への…情愛の深さ関係なく、単なる意地で突き動かされているような(中谷美紀は除いてね)。それが小悪魔少女に翻弄される親の哀しい性... [続きを読む]

受信: 2014年7月 8日 (火) 12時47分

» 『渇き。』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「渇き。」□監督 中島哲也□脚本 中島哲也、門間宣裕、唯野未歩子□原作 深町秋生キャスト 役所広司、小松菜奈、妻夫木聡、清水尋也、二階堂ふみ■鑑賞日 6月29日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感...... [続きを読む]

受信: 2014年7月 9日 (水) 12時51分

» 渇き。 [映画的・絵画的・音楽的]
 『渇き。』をTOHOシネマズ渋谷で見てきました。 (1)本作(注1)は、役所広司の主演作であり、久しぶりの中島哲也監督の作品(注2)ということもあって、映画館に行ってきました。  本作の最初の方では、2012年12月24日という時点が示され、雪が降ったりするクリスマ...... [続きを読む]

受信: 2014年7月12日 (土) 06時32分

» 映画「渇き。」 [FREE TIME]
話題の映画「渇き。」を鑑賞しました。 [続きを読む]

受信: 2014年7月16日 (水) 23時33分

» [映画][☆☆☆★★]「渇き。」感想 [流浪の狂人ブログ〜旅路より〜]
 第3回『このミステリーがすごい!』大賞を受賞した、深町秋生の推理小説を、「告白」の中島哲也監督、「聯合艦隊司令長官 山本五十六」の役所広司主演で映画化。 同監督の前作「告白」以上に凄惨さと残虐性を全面に押し出した、360度どこを切ってもクズばかりの金太郎... [続きを読む]

受信: 2014年7月22日 (火) 20時09分

« 「ノア 約束の舟」:ハムくんがしょーもない | トップページ | 森永の新作×2 »