« パチンコ屋の貞子 | トップページ | 「イーダ」:新たな古典の誕生 »

2014年8月 1日 (金)

「人生はマラソンだ!」:オランダのイメージダウン

348368_004

映画『人生はマラソンだ!』は、なんとも雑で通俗的な娯楽作。正直オランダ人のイメージが悪くなるような輩ばかりが出てくる(主人公たちのみならず、周辺の人物たちも)作品です。あのロッベンやファン・ペルシーの美しいプレイに較べると、「がっかりだぜ、オランダ」となってしまうダメ人たちの物語です。

348368_001
ランニングを少しかじったことがある小生からすると(フルマラソンも何度か走りました)、かなりイラッと来ますね。「マラソンをなめんなよ」って感じです。こんな程度(と推測できる)の仕上がりでは、フルなんか無理です。ゲイのあの人以外は、みんな途中リタイア組ではないでしょうか。逆に言えば、完走が納得できるようには練習を描いていませんでした。ま、レースの描き方自体もあっさりし過ぎて物足りない感じでしたし。

348368_002

さらに言えば、広告を少しかじったことがある小生からすると、「広告をなめんなよ」って感じでもありますね。こんな奴らに広告主がつくわけないじゃないですか(それを言っちゃあおしまいですが)。ユニフォームの広告自体も妙に地味で、これで告知の目的を達成できるのか心配なほどですし、ユニの背中側に何も入れてないってのが??です。広告効果考えたら、そこ入れなきゃダメでしょ。 おまけにこの人たちだけ背中にナンバーカードをつけてなかったけど(前だけで)、それ背中もつけないとダメなんですよ(まあ注意程度で罰則はないでしょうが)。周囲のランナーたちはちゃんと背中にもナンバーカードつけていましたもん。

348368_005

主人公のおじさんが「オランダのトム・ハンクス」といった風情だったので、最後まで顔を見続けちゃいました(腹の出方もね)。 そしてマラソンの映画なのにサッカーが隠し味で入っているあたり、さすがはオランダなのであります。

冒頭にも書いた通り、話も台詞も演出もどうにも洗練の対極にあって、つまりゲス感満点でありまして、この監督って「オランダの鈴木則文」みたいな人なのかなあと思っちまった大江戸なのでした。

|

« パチンコ屋の貞子 | トップページ | 「イーダ」:新たな古典の誕生 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/56964105

この記事へのトラックバック一覧です: 「人生はマラソンだ!」:オランダのイメージダウン:

» 人生はマラソンだ!〜タフネスは死線を越えて [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。オランダ映画、De Marathon。ディーデリック・コーパル監督。ステファン・ドゥ・ワレ、マルセル・ヘンセマ、マルティン・ヴァン・ワールデンベルフ、フランク・ラメルス ... [続きを読む]

受信: 2014年8月 2日 (土) 00時07分

» 「人生はマラソンだ!」 [ここなつ映画レビュー]
自分が望む通りに人生を生きる。…難しく、そして普遍的な目標。もしかしたらゴールはどこにもないかもしれない。観終わった後、「走りたくなった」訳でも、「頑張ろうと思った」訳でもない。どちらかというと、テイストとしては不愉快な感触の作品だった。人種差別、怠惰で不真面目な生活、勤勉なものを嗤う態度、といったカテゴリーでの“下品さ”が溢れていたので(はい、私は実は真面目ちゃんなんです)。だが、悔しくもマラソンのシーンは泣ける。マラソンで人生チャラになるなんざ大間違いだよ!と思ってはいても。そう、ある種の御伽噺... [続きを読む]

受信: 2014年8月 4日 (月) 16時40分

» 人生はマラソンだ! [象のロケット]
オランダ第2の都市ロッテルダム。 自動車修理工場を営むギーア(52歳)と、従業員ニコ(35歳)、レオ(48歳)、キース(45歳)は、仕事中もビール片手にカードゲームに興じてばかりで、働いているのは足の悪いエジプト系移民の若者ユース(27歳)だけ。 ある日、税金滞納で工場が差し押さえ寸前であることが発覚! 中年男4人は広告費で稼ごうと、ロッテルダム・マラソンに出場することを決意するが…。 コメディ。 R-15... [続きを読む]

受信: 2014年8月 5日 (火) 08時01分

» 人生はマラソンだ! ★★★ [パピとママ映画のblog]
経営難の自動車修理工場を救うため、スポンサーを得てロッテルダム・マラソン完走に挑む中年男4人の奮闘を描くヒューマンコメディー。健康不安に息子との確執など、それぞれに問題を抱える登場人物たちが愛する家族や仲間のためゴールを目指す物語は、無名の監督、キャス...... [続きを読む]

受信: 2014年8月 5日 (火) 18時06分

« パチンコ屋の貞子 | トップページ | 「イーダ」:新たな古典の誕生 »