« 「喰女 クイメ」:私が至らぬばかりに・・・ | トップページ | 「ジェノサイド」:怒涛の超エンタテインメント »

2014年8月27日 (水)

「STAND BY ME ドラえもん」:ウェルメイドな3DCG作品

348264_001

映画『STAND BY ME  ドラえもん』を3D版で観ました。原作へのリスペクトに溢れていて、3DCGも違和感なし。懐かしくも普遍的な「ドラえもん」ワールドをコンパクトに凝縮した感じで、これは海外で売りやすいパッケージです。

348264_002予告編の時から、ジャイアンのセーターのニットの編み目までがキッチリ描きこまれていたことに感動しましたが、そういった細かい努力とこだわりはさすがです。一方で、あえて(従来のアニメ版や原作に敬意を示し、異質なものとならないように)マンガっぽく、ラフに処理した部分も多く、そこがピクサー作品とは違うユニークさでありましょう。

348264_003

3DCGならではの迫力ってことで言えば、のび太が初めてタケコプターで空を飛んだ時の圧倒的な長回しアクションがお見事! 山崎貴監督つながりってことで言えば、『ALWAYS 三丁目の夕日』第3作(あれも3Dでした)冒頭の模型飛行機飛翔シーンを思い出しました。

348264_005

泣きのエピソードをいろいろと盛り込んでましたし、まあ確かに「大人が見て泣ける」ドラえもんになっておりました。傑作ではないけれど、」よく出来ています。 そして22世紀の未来世界にも、トヨタとパナソニックは生き残っているのでした。

エンドタイトルを見たら、「大人のび太」の声は妻夫木聡だったのですね。うーむ、なるほど。

|

« 「喰女 クイメ」:私が至らぬばかりに・・・ | トップページ | 「ジェノサイド」:怒涛の超エンタテインメント »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/57204291

この記事へのトラックバック一覧です: 「STAND BY ME ドラえもん」:ウェルメイドな3DCG作品:

» STAND BY ME ドラえもん [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。藤子・F・不二雄原作、八木竜一、山崎貴監督。(声)水田わさび、大原めぐみ、かかずゆみ、木村昴、関智一、妻夫木聡。「ドラえもん」は原作の漫画、テレビアニメ、映画 ... [続きを読む]

受信: 2014年8月27日 (水) 22時57分

» 『STAND BY ME ドラえもん』 (2014) [相木悟の映画評]
今の世にあらためて存在意義を問い直す、ドラえもんCG版! 『ドラえもん』とは何なのか?ふと立ち止まり、想いを馳せるのに優良な感動作であった。 本作は、日本が世界に誇る国民的アニメ『ドラえもん』初の3DCG化作品。TVシリーズ、春の大長編とも異なる夏の特別編だ...... [続きを読む]

受信: 2014年8月27日 (水) 23時52分

» 「STAND BY ME ドラえもん」 ドラ泣き [はらやんの映画徒然草]
「ドラえもん」というマンガは今の自分の趣味志向やらなにやらを決定づけた作品と言っ [続きを読む]

受信: 2014年8月28日 (木) 21時17分

» STAND BY ME ドラえもん・・・・・評価額1650円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
ドラえもん・ビギンズ。 1969年に連載が始まった、藤子・F・不二雄原作の国民的漫画「ドラえもん」、史上初の3DCGによる映画化である。 過去数十年の間に膨大な数のテレビ・映画が作られてはいるが、セルアニメーションと3DCGはやはり別物で、立体映像として浮かび上がるビジュアルはとても新鮮だ。 山崎貴、八木竜一両監督と「friends もののけ島のナキ」 の制作チームによって作られた...... [続きを読む]

受信: 2014年8月29日 (金) 22時09分

» STAND BY ME ドラえもん [象のロケット]
何をやらせても冴えない少年のび太の前に、22世紀から来た、のび太の孫の孫セワシと、ネコ型ロボット・ドラえもんが現われる。 二人は、のび太の悲惨な未来を変えるためにやって来たのだ。 セワシは、あまり乗り気じゃないドラえもんに<成し遂げプログラム>をセットして、のび太を幸せにしない限り、22世紀に帰れないようにしてしまう…。 人気冒険アニメ。... [続きを読む]

受信: 2014年8月30日 (土) 08時27分

» 映画:STAND BY ME ドラえもん あのラストまでが完璧に再現され 思わず(涙) [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
すべての子ども体験者のみなさんへ。 このコピー一言に尽きる。 子ども時代に読んだ、あのドラえもんが3次元で動く! 数々の未来の道具が登場する! のび太をはじめとするキャラが活き活き動く! そして.... 間違いなく誰もが泣かされた、あのラストまでもが美し...... [続きを読む]

受信: 2014年8月30日 (土) 14時44分

» 邦画「STAND BY ME ドラえもん」 3Dアニメだが [珍竹鈴  映画とネットとモバイル機器の日々]
「STAND BY ME ドラえもん」を観ました。 Movie Walkerの評判のとおり、結構、よかったです。 まあ、内容がドラえもんの中の珠玉のエピソード、のび太の結婚前夜とさよなら/帰ってきたドラえもんをうまく取り込んだ内容なので、当然といえば当然かもしれません。 3D…... [続きを読む]

受信: 2014年9月 1日 (月) 03時01分

« 「喰女 クイメ」:私が至らぬばかりに・・・ | トップページ | 「ジェノサイド」:怒涛の超エンタテインメント »