« ニュー・ホープ武藤と柴崎に感激 | トップページ | 今日の点取占い215 »

2014年9月10日 (水)

「ドライブイン蒲生」:ゆるゆるのぐだぐだ

348953_001

映画『ドライブイン蒲生』はベテラン・キャメラマンたむらまさきの「75歳の監督デビュー作」。漢字の田村正毅だった時代も含めて、あまり主張や個性が強くない地味な撮影監督だったと認識していますが、本作でもそういった個性はそのまま。当然キャメラも担当していますが、監督デビュー作だから・・・なんて気負いは全くなくて、淡々とゆるゆると撮ってます。

348953_005

そう、全編ゆるゆるのぐだぐだなんです。こんなんでいいのでしょうかと思うほど。長回しも織り交ぜつつ、でも長回しに拘泥することもなく。そう、キャメラの存在を意識させない撮影なんです。それを目指しているのかなあ。

348953_002

そして染谷将太と黒川芽衣を見る映画にもなっています。二人も全身で、そして表情で、ゆるゆるの芝居をたっぷりと見せています。ってゆーか、たむらまさきが見せたいのは結局そういう芝居の部分なんでしょうね、きっと。 また生活感を伴った「地方のヤンキー映画」としても、貴重でしょう。

348953_004

粗暴でダメダメな父親の役が永瀬正敏だったのですが、アップが無かったこともあって、エンドクレジットを見るまで永瀬だと気づきませんでした(いや、むしろ「永瀬はどこに出てたんだ?」と思ってしまいましたよ)。だって、すごくもっさりして(野村将希かと思いました)、オーラが全然ないんだもん。でも、たむら監督は永瀬のデビュー作『ションベン・ライダー』の撮影もやってたんですよねー。

|

« ニュー・ホープ武藤と柴崎に感激 | トップページ | 今日の点取占い215 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/57334025

この記事へのトラックバック一覧です: 「ドライブイン蒲生」:ゆるゆるのぐだぐだ:

» ドライブイン蒲生 [象のロケット]
夫・博志からDV(家庭内暴力)を受けていた身重の沙紀は、4歳の娘・亜希子を連れて実家に戻っていたが、話し合いのため博志と会うことになった。 母しのぶから付き添うように言われた弟・俊也の運転で目的地へ向かう沙紀と亜希子。 道中の話題は、ろくでなしの亡父・蒲生三郎のことだった。 姉弟が10代の頃、父が営む「ドライブイン蒲生」は来客も少なく、父は昼間から酒を飲んでいた…。 ロードムービー。... [続きを読む]

受信: 2014年9月12日 (金) 00時25分

« ニュー・ホープ武藤と柴崎に感激 | トップページ | 今日の点取占い215 »