« 湘南、(ようやく)今期ホーム初黒星! | トップページ | SHIBUYA 2015-2027 »

2014年10月20日 (月)

「ぶとうのなみだ」:ヒロインに魅力も華もなくて・・・

348963_001

映画「ぶとうのなみだ」は、どうにもこうにも頭で造り上げたような物語で、テクニカルすぎて心に迫って来ません。ありきたりの設定のつなぎ合わせだってことはともかくとして、思わせぶりに隠しているあれやこれやが、結局最後までわざわざ隠した意味を持たないってのも、困ったもんです。

脚本を書いた人が監督もすると自分では切れないもんだから、妙にたっぷりとシーンを撮って、そのまま使って、テンポが悪くなってしまうという鉄則通りにもなってしまっています。

348963_005

最大の問題点は、魅力的であるべきヒロインに華も味もないこと。キャラクター的にもルックス的にも「本当は 永作博美を使いたかったんだけど・・・」みたいな。
そもそもこの人、一体何を生業としているのでしょうか?ミステリアスな部分が何にもなっていないというか、キャラクターがふわふわしてるだけで構築できていません。この人の魅力のもととなるべき能力とか行動とかが一切描かれていないのです。

348963_007

警察官とか郵便配達員とかが妙なオリジナル制服を着ているって、何? あり得ない上に、そこに生まれるメルヘン効果が作品に寄与しているとは思えません。おまけに演奏しながら行進したりするし。実写映画でやられるとキツイですね。絵本や演劇じゃないんですから。宮沢賢治??

安藤裕子演じる迷惑女やこいつらが大泉洋のことを 「あいつはねー・・・」と批判しますけど、小生に言わせれば大泉がまともで、こいつらが非常識なだけです。 また大泉が安藤に徐々に魅かれて行く過程ってのも、段階を踏んできちんと描かれていないため、何でいつの間に?そういうことになっちゃうの?という引っかかりがぬぐえませんでした。

348963_002

映画の作者たちは、ワインに関してあまり興味なさそう。一応樽とか発酵の場面とか出て来ますけど、あれだけじゃねえ。ワイン造りの苦労とか繊細さとか夢とかロマンとかが(言葉では語られても)絵として見えて来ません。それじゃあ映画としてダメですよね。

|

« 湘南、(ようやく)今期ホーム初黒星! | トップページ | SHIBUYA 2015-2027 »

コメント

佐藤秀さんも書かれてましたけど、エピソードの多さ複雑さっていう意味ではエリカのほうが多いんで、
これは原田知世とか投入したら主役がこっちになって
アンモナイトのなみだになっちゃいますね。(違)
アオやロクとであって、空知のひとたちとふれあって
お母さんとも和解しました、ワイン作りを見守って好きな人ができましたって。(;´∀`)
・・・大泉洋をまんなかにもってくることで人を集めてるわけだし(わわわわわ)ヒロインは地味でよかったんじゃないですかね?(^_^;)

投稿: Ageha | 2015年6月26日 (金) 15時25分

おお、原田知世ならベターかもしんないです。
大泉洋って、まあうまいんだけど、結局どの役やっても同じだと気づいてからは、もう「ごちそうさま」になってしまいました。

投稿: 大江戸時夫 | 2015年6月26日 (金) 22時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/57724107

この記事へのトラックバック一覧です: 「ぶとうのなみだ」:ヒロインに魅力も華もなくて・・・:

» ぶどうのなみだ [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。三島有紀子監督。大泉洋、安藤裕子、染谷将太、田口トモロヲ、前野朋哉、りりィ、きたろう、小関裕太、内川蓮生、高嶋琴羽、大杉漣、江波杏子。「しあわせのパン」以 ... [続きを読む]

受信: 2014年10月20日 (月) 23時15分

» ぶどうのなみだ [象のロケット]
北海道・空知。 兄のアオは黒いダイヤ”と呼ばれる葡萄ピノ・ノワールで醸造に励んでいるが、なかなか理想のワインを作ることができない。 ひとまわり年の離れた弟のロクは小麦を育てている。 ある日、隣の土地にエリカと名乗る女性がキャンピングカーでやって来て、大きなスコップで穴を掘り始める。 彼女は料理と音楽が大好きで、あっという間に町の人気者になるのだが…。 ヒューマンドラマ。... [続きを読む]

受信: 2014年10月22日 (水) 13時59分

» 『ぶどうのなみだ』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「ぶどうのなみだ」□監督・脚本 三島有紀子□フードスタイリスト 石森いづみ□キャスト 大泉洋、安藤裕子、染谷将太、田口トモロヲ、前野朋哉■鑑賞日 10月12日(日)■劇場 109CINEMAS川崎■cyazの満足度 ★★☆(5★満点、☆は...... [続きを読む]

受信: 2014年10月26日 (日) 18時07分

» ぶどうのなみだ [映画好きパパの鑑賞日記]
 エコとかロハスとか好きな人向けの作品。僕は、オシャレでしょう、という作り手のアピールが無理すぎて、途中で寝落ちしました。大泉洋が珍しくシリアスな役をやっているのにもったいない。  作品情報 2014年日本映画 監督:三島有紀子 出演:大泉洋、安藤裕子、染…... [続きを読む]

受信: 2014年11月 7日 (金) 21時52分

« 湘南、(ようやく)今期ホーム初黒星! | トップページ | SHIBUYA 2015-2027 »