« 新富町の正金アパート | トップページ | 福原義春の新書「美」 »

2014年10月30日 (木)

「リスボンに誘われて」:タイトルに誘われて

349267_004

映画『リスボンに誘われて』は、都内ではBunkamuraル・シネマの単館公開であり、タイトルの印象からは異国情緒たっぷりの初老の男の枯れたラブストーリーって雰囲気で、実際そう思ってやってきた観客も多かったことと思いますが(小生もそうです)、実はポルトガル近代史の暗黒面を探る旅情ミステリーといった作品なのでした。まあ現代のパートに多少ラブロマンスめいた味付けはあるのですが、あくまでも後景程度に留めてあります。近代史ミステリーの部分にも恋愛がらみはありますけど、それも副次的な要素なんでねえ・・・。

349267_001
そもそもジェレミー・アイアンズ演じる学校の先生がいきなり授業をほったらかしてリスボンに行ってしまい、そこで何日も過ごすなんて大胆な行動の理由が、観てる者として納得できるように描かれていないことが引っかかります。原作の小説はいざ知らず、少なくとも映画を観る限りでは、この異様な執着の理由が本だと言われても合点が行かないのです。

そして独裁政権とレジスタンスの暗闘が70年代の話と知ってびっくり! 少なくとも映像のルックはもっと昔の物語であるかのように思えました。

349267_003

地味に見えて意外と豪勢なキャストです。ジェレミー・アイアンズを筆頭に、シャーロット・ランプリング、メラニー・ロラン、レナ・オリン、ブルーノ・ガンツ、クリストファー・リーなどなど。 やはりジェレミーは知的な役が似合いますね。でもリスボンに着いた時に買って着替えたブルー・ストライプのシャツを何日もずーっと着ていたのは、ちょっと匂いそうでした(ジャケットも着っぱなしでしたが、まあそちらは許せるとして・・・)

349267_002_2

(以降ややネタバレあり) かなり控え目に描かれる「大人の恋愛」の部分は、ラストシーンで一応の展開を見せつつ余韻を残して・・・ってところなのですが、どうにも「取ってつけた感」は否めません。まあそこはそれ、こういった部分がないとあまりにも堅くて暗くて観客がいなくなっちゃいますから、良しとしましょう。

|

« 新富町の正金アパート | トップページ | 福原義春の新書「美」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/57840679

この記事へのトラックバック一覧です: 「リスボンに誘われて」:タイトルに誘われて:

» リスボンに誘われて〜死と真実 [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。ドイツ=スイス=ポルトガル。英題:Night Train to Lisbon。パスカル・メルシエ原作、ビレ・アウグスト監督。ジェレミー・アイアンズ、メラニー・ロラン、ジャック・ヒュー ... [続きを読む]

受信: 2014年10月30日 (木) 23時22分

» リスボンに誘われて [映画的・絵画的・音楽的]
 『リスボンに誘われて』を渋谷のル・シネマで見てきました。 (1)ブラジルの宗主国だったポルトガルの首都リスボンの風景が描き出されるというので映画館に行ってきました。  本作(注1)の主人公ライムント(ジェレミー・アイアンズ)は、スイスのベルンに住む高校の...... [続きを読む]

受信: 2014年10月31日 (金) 05時34分

» 映画・リスボンに誘われて [読書と映画とガーデニング]
原題 Night Train to Lisbon2012年 ドイツ、スイス、ポルトガル 原作 パスカル・メルシェ「リスボンへの夜行列車」 哲学的でなかなかに手ごわい原作をどのように映像化したのか楽しみにしていました スイス・ベルンの高校教師、ライムント・グレゴリウス(...... [続きを読む]

受信: 2014年10月31日 (金) 08時14分

» リスボンに誘われて★★★★ [パピとママ映画のblog]
2004年に刊行されて以来、全世界で発行部数400万部を突破しているパスカル・メルシエのベストセラー「リスボンへの夜行列車」(早川書房刊)を、ジェレミー・アイアンズ主演、「ペレ」「愛の風景」の名匠ビレ・アウグスト監督により映画化。 スイスの古典文献学教師ライム...... [続きを読む]

受信: 2014年11月 3日 (月) 15時52分

» リスボンに誘われて [象のロケット]
スイスの首都ベルンの男性高校教師ライムント・グレゴリウスは、吊り橋から飛び降りようとしていた女性を引き留める。 彼女が残した1冊の本には、ポルトガルの首都リスボン行きの切符が挟まれていた。 駅へ向かった彼は、発車しかけた夜行列車に飛び乗ってしまう。 車中で読んだ本に心を奪われた彼は、革命闘士だった著者アマデウ・デ・プラドの家を訪ねることに…。 ヒューマンドラマ。 ≪1行目で心が動き、2ページ目で列車に飛び乗り、3章目で人生が変わった。≫... [続きを読む]

受信: 2014年11月 7日 (金) 16時09分

« 新富町の正金アパート | トップページ | 福原義春の新書「美」 »