« 「滝を見にいく」:映画の血と肉が足りない | トップページ | 「紙の月」:本物の演出・本物の演技 »

2014年11月28日 (金)

新宿ミラノ座ラスト・ショウ迫る

1417181073281

ついに・・・ですね。以前にも記したように、来たる12月31日をもって、新宿ミラノ座が58年の歴史にピリオドを打ちます。そのラスト・ショウのチラシです。12/20-31に当日券500円均一で、過去に新宿ミラノで上映した作品を大劇場で観られるラスト・チャンスってわけです。

http://www.tokyucinemas.net/news/last-show/

『仕立て屋の恋』とか『青いパパイヤの香り』なんかも入っているので、一番大きなミラノ座(ミラノ1)にかかった作品ばかりではなく、その他の3劇場で上映した作品も含まれているようです。

いやー、やはりミラノ座の大きな空間で、あの大スクリーンでもう一度観ておきたい作品がいろいろありますねえ! どういう基準で選んだのかが、ちょっと謎ですが。

1417182100499

小生が観たいのはやはり、『アラビアのロレンス』、そして『タワーリング・インフェルノ』でしょうか。

いよいよ最後の12月31日の最終上映は13時からの『E.T.』です。うーん、行けたら行きたいものです。 でもやっぱり、寂しい哀しい悔しいなあ。

ミラノ座閉館に関する当ブログの記事(今年5月)はこちら ↓

http://oedo-tokio.cocolog-nifty.com/blog/2014/05/post-a1a4.html

|

« 「滝を見にいく」:映画の血と肉が足りない | トップページ | 「紙の月」:本物の演出・本物の演技 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/58119654

この記事へのトラックバック一覧です: 新宿ミラノ座ラスト・ショウ迫る:

« 「滝を見にいく」:映画の血と肉が足りない | トップページ | 「紙の月」:本物の演出・本物の演技 »