« リオープンした庭園美術館 | トップページ | 「ゴーン・ガール」:不安で不快な2時間半 »

2014年12月15日 (月)

「インターステラー」:ミラノ座最後のロードショー

1418650063920_2

映画『インターステラー』を観ました。あの新宿ミラノ座の大スクリーンで観ました。ミラノ座で観る新作ロードショーは、これが最後となるでしょう(この後に過去の上映作のアンコール上映が大晦日までありますが)。感無量ですね。

349221_003_2

本作は、堂々たる風格を持った169分のSF巨編。科学性や哲学性を盛り込んだハードSFでありながら、多くの人の情感に訴えかける親子の愛情の物語として、どちらも成功させています。

ただ、宇宙ものとしては、あのコンパクトな傑作『ゼロ・グラビティ』の直後なだけに、損してますね。正直宇宙の描写や宇宙でのアクションにおいては、負けちゃってます。

349221_001

ただ宇宙パートをサンドイッチするように序盤と終盤に存在する「親子パート」がむしろ一番やりたかった部分ではないかと思うほどで、ググッと感動させてくれます。「時間(年月)」という概念を上手に泣かせ道具として使っているのです。いや、それは別にあざといとかじゃなくて、あくまでも上質ですし、時間を哲学しつつエンタテインメントに転じさせてこそSFなのだと思います。

マシュー・マコノヒーの娘役が目バッチリのアヒル口で、「ああ、この子が大きくなってアン・ハサウェイになるんだろうね」と思っていたら、いえいえ、娘の横にハサウェイが出て来て驚きました。その後、娘は長じてジェシカ・チャスティンになるのでありました。 驚いたといえば、中盤突然マット・デイモンが出てきたのにも不意を突かれましたね。いやー、宇宙では何が起こるかわかりません。

349221_004でも宇宙のブラックホールやらワームホールやらをスペースシップで抜けて行く描写は、ちょっとどうなんでしょう? 暗い穴を猛スピードで通り抜けて行くと、船体がミシミシ言って、砂利が当たるような音までして・・・って、ほとんど花やしきのスリラーカーみたいなんですけど。 改めて半世紀近く前の『2001年宇宙の旅』が打ち出したビジュアルの偉大さ(CGなんてない時代だったのに!)を思い知りました。

まあ本作は「5次元」の映像化にまで挑戦していたりして、その意気や良しではありますが・・・。

349221_006

あのロボットくんの造形はユニークでしたね。オフィスのロッカーみたいとでも言えましょうか。ああいう裏をかくような発想って、なかなかスゴイことです。しかも意外と動けたり、速かったりするんですから。

最後の方に出てきた『インセプション』を思わせる奇想の映像にもやられましたね。これぞクリストファー・ノーランってなビジョンでした。

1418650063920

|

« リオープンした庭園美術館 | トップページ | 「ゴーン・ガール」:不安で不快な2時間半 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/58260158

この記事へのトラックバック一覧です: 「インターステラー」:ミラノ座最後のロードショー:

» 映画『インターステラ―』★命ある限り想いは星の彼方を越えて☆ [**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**]
作品について http://cinema.pia.co.jp/title/164454/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。 近未来。 地球は、食糧難に環境悪化で、他の星への移住を迫られていました。 クーパーの家でも、ポルタ―ガイスト?な現象が起こり “何か”を暗示しているよう …… そんな“何か”に導かれる様に、 N..... [続きを読む]

受信: 2014年12月15日 (月) 23時44分

» インターステラー〜印度哲学と米国原理宇宙論 [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。原題:Interstellar。クリストファー・ノーラン監督。マシュー・マコノヒー、アン・ハサウェイ、ジェシカ・チャステイン、マット・デイモン、ビル・アーウィン、ジョン・ ... [続きを読む]

受信: 2014年12月15日 (月) 23時53分

» 『インターステラー』 (2014) [相木悟の映画評]
壮大なるテンコ盛りSFラブ・ストーリー! 哲学っぽい内容ながら、普遍的な感動を呼ぶスペース・エンターテインメントであった。 本作は、ハリウッド気鋭のヒットメーカー、クリストファー・ノーラン監督作。『メメント』(00)というユニークな作品で世に出た監督ら...... [続きを読む]

受信: 2014年12月15日 (月) 23時57分

» 『 インターステラー 』五次元の愛 [映画@見取り八段]
インターステラー~ INTERSTELLAR ~     監督: クリストファー・ノーラン    キャスト: マシュー・マコノヒー、アン・ハサウェイ、ジェシカ・チャステイン、ビル・アーウィン、ジョン・リスゴー、ケイシー・アフレック、デイビッド・ギヤスィ、ウェス・ベントレ…... [続きを読む]

受信: 2014年12月16日 (火) 01時30分

» インターステラー [映画的・絵画的・音楽的]
 『インターステラー』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)本作(注1)は、『ダラス・バイヤーズクラブ』でアカデミー賞主演男優賞を獲得したマシュー・マコノヒーが出演するというので、映画館に行ってきました。  本作の時代設定は近未来。  地球上の穀物は大砂嵐...... [続きを読む]

受信: 2014年12月16日 (火) 05時09分

» 映画:インターステラー Interstellar ノーランが切り開く 2001年宇宙の旅の先。SFもやっと21世紀を迎えた! [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
この秋、話題の一作。 クリストファー・ノーランと言えば、出世作「メメント」、そして「ダークナイト」「インセプション」etc、かなりの手練れ。 その彼が、初めて本格的 S F に挑戦! いつものメンバー、マイケル・ケイン、アン・ハサウェイに加え、マシュー・マコ...... [続きを読む]

受信: 2014年12月16日 (火) 06時30分

» インターステラー/INTERSTELLAR [我想一個人映画美的女人blog]
 「ダークナイト」3部作、「インセプション」のクリストファー・ノーラン監督最新作 インターステラーとは、惑星間移動を意味する。 著名な理論物理学者キップ・ソーンの理論を基に、宇宙のワームホー ルを利用して惑星間を旅する人類の限界を超越した冒険を描く...... [続きを読む]

受信: 2014年12月16日 (火) 23時52分

» インターステラー [★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★]
【INTERSTELLAR】 2014/11/22公開 アメリカ 169分監督:クリストファー・ノーラン出演:マシュー・マコノヒー、アン・ハサウェイ、ジェシカ・チャステイン、エレン・バースティン、マイケル・ケイン、マッケンジー・フォイ、ティモシー・シャラメ、ジョン・リスゴー、デヴ...... [続きを読む]

受信: 2014年12月18日 (木) 16時30分

» インターステラー [象のロケット]
近未来の地球。 植物が疫病に侵されて食糧供給が打撃を受け、社会は文明から遠ざかっていた。 元テスト・パイロットでエンジニアだった中年男クーパーは、今はトウモロコシを育てる農夫。 しかし、地球の寿命が尽きかけていることを知らされたクーパーは、パイロットに復帰することに。 その任務は、人類の移住先を見つけることだった…。 SFアクション・アドベンチャー。... [続きを読む]

受信: 2014年12月20日 (土) 12時15分

» インターステラー・・・・・評価額1800円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
愛は、時空を超える。 鬼才クリストファー・ノーラン初の宇宙SF、「インターステラー」はやはりとんでもない作品であった。 物語の背景となるのは、気候変動や天変地異により、人類の母星・地球の寿命が尽きようとする近未来。 種の生存を賭け、居住可能な新たな星を探す命がけのミッションに挑む一人の父親と、いつ帰るとも知れない彼を待ち続ける娘の姿を通して、人間存在の核としての“愛”を描こうとする...... [続きを読む]

受信: 2014年12月25日 (木) 22時42分

» 最新号の WIRED US はなんと! インターステラー特集、ていうか、ノーラン特集。ファンにはマストの出来! [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
実は 前号から、既に怪しい動きはあった。 インターステラーのマニアックな記事が3pに渡って載っていた。 しかも、妙に テクニカル な内容(笑) で最新号。 今号の Guest Editor は、何とクリストファー・ノーラン Chrisotpher Nolan ! 既に表紙からして、ヤ...... [続きを読む]

受信: 2015年1月 2日 (金) 10時56分

» インターステラー [とりあえず、コメントです]
異常気象により地球環境が壊れてしまった未来を舞台に描いたクリストファー・ノーラン監督の最新作です。 昨年の公開前からずっと気になっていて、ようやくチャレンジして来ました。 人類を救うために宇宙へと旅立った飛行士たちの運命と、宇宙の果てにある異次元の世界を 主人公と一緒に行く末まで辿るようなドキドキするSFでした。 ... [続きを読む]

受信: 2015年1月 7日 (水) 12時50分

» 「インターステラー」 [ここなつ映画レビュー]
結局、2014年に最後に劇場で観た作品は、この「インターステラー」と相成りました。原作未読なので、疑問に思う部分も幾つかあり、観終わったあと息子達と、ああでもない、こうでもない、と、解説し合ったり議論し合ったりしたのがすごく面白かった。近未来、土壌の変化と日々発生する砂嵐とで、地球の作物は順次全滅し、今ではトウモロコシしか作付けできなくなってしまった。このままでは飢え死にするか、植物の光合成によって供給される酸素がなくなり窒息死するか、という環境下の人類であった。第一次産業だけが重要視されるようにな... [続きを読む]

受信: 2015年1月 8日 (木) 22時12分

« リオープンした庭園美術館 | トップページ | 「ゴーン・ガール」:不安で不快な2時間半 »