« 「くるみ割り人形」:意外と地味で・・・ | トップページ | 「メビウス」:極北の寓話 »

2014年12月11日 (木)

「ストックホルムでワルツを」:欠点女の爆走人生

349979_001

.映画『ストックホルムでワルツを』は、ジャズを扱いながらもスウェーデン映画。っていうよりも、スウェーデンの生んだ世界的ジャズシンガー、モニカ・ゼタールンドの伝記的映画(原題は“Monica Z”)なのですが、小生は寡聞にして彼女のことを知りませんでした。ただチラシなどに「ビル・エヴァンス」「ワルツ・フォー・デビー」なんて文字があったことは、本作を観る決め手となりましたけど。

349979_002

このモニカさん、最初のうちは割と好印象だったのですが、だんだんと困ったちゃんの性格が頭をもたげて来て、しまいには何とも厄介な人になっていきます。まあ、2005年に67歳で亡くなったそうなので、だから彼女の欠点もガンガン描くこの映画が作れたのでしょうね。

349979_005

まあ彼女の性格形成には二人の男性が大きく影響しておりまして、一人は父親。そしてもう一人はバンドのベーシスト。で、このベーシスト君がいい人に見えて実はとんでもない人でして・・・。やらなくてもいいおせっかいやったり、モニカをちょっとその気にさせたり、増長させたり、突き放すべきところで甘い顔を見せちゃったりと、本人に悪気はないんでしょうけど、まったくもって「ナチュラル・ボーン・スポイラー」です。

349979_004

(以降ネタバレあり) そんなわけで最後にこのベーシスト野郎がモニカと結婚しちゃったのには、さすがにズッコケながらビックリしました。まさに「割れ鍋に閉じ蓋」 ですね。

まあ篇中のジャズは、それなりに楽しめましたし、エラ・フィッツジェラルド、ビル・エヴァンス、マイルス・デイヴィスらがちらっと出てくる(もちろん役者が扮しているのですが)のも、楽しかったです。

結局、「アーティストは、周囲を傷つけたりなぎ倒したりしながら爆走して行く(木のてっぺんに登っていく)」ってことを再確認いたしました。

|

« 「くるみ割り人形」:意外と地味で・・・ | トップページ | 「メビウス」:極北の寓話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/58239444

この記事へのトラックバック一覧です: 「ストックホルムでワルツを」:欠点女の爆走人生:

» ストックホルムでワルツを [あーうぃ だにぇっと]
ストックホルムでワルツを@ブロードメディアスタジオ試写室 [続きを読む]

受信: 2014年12月12日 (金) 08時06分

» ストックホルムでワルツを [象のロケット]
1960年、スウェーデンの田舎町ハーグフォッシュ。 離婚後、電話交換手として働くシングルマザーのモニカは、時々ジャズ歌手としてステージに立っていた。 幸運にもニューヨークで歌うチャンスを得るが、金髪美女のルックスが裏目に出て不評を買ってしまう。 大物歌手エラ・フィッツジェラルドから「誰かのマネより自分の気持ちを歌え」と批判されたモニカは、英語ではなくスウェーデン語で歌うことを思いつく…。 実話から生まれた音楽ヒューマンドラマ。... [続きを読む]

受信: 2014年12月14日 (日) 02時08分

« 「くるみ割り人形」:意外と地味で・・・ | トップページ | 「メビウス」:極北の寓話 »