« 「マップ・トウ・ザ・スターズ」:みんな病んでる | トップページ | 「海月姫」:能年ちゃんがどんくさくてステキ♡ »

2014年12月28日 (日)

「百円の恋」:安藤サクラのKO勝ち!

350341_007

映画『百円の恋』は作品の出来もさることながら、安藤サクラに完全にノックアウトされてしまいます。中盤までのぶくぶくぼてぼてなだらしない体、だらしない動き、だらしない人生の彼女が、後半ボクシングを始めてからの驚くべき変容。人間こうも変わるものかと思うほど・・・うーん、女優って、いや安藤さんってスゴ過ぎます!

350341_009

主人公のどん詰まり状況が、周囲のとんでもない(またはプチとんでもない)人々によって説得力を持って伝わる前半。発する言葉もボソボソと自信無げな主人公・一子(いちこ)。風体から何から、とにかくこの世のお荷物みたいな一子をダラダラと演じる安藤は、彼女の持ってる路線の一つをデフォルメしたような感じ。観ている者としては、あまり共感が湧かない主人公の造形です。1stカットの彼女の背中のデブり方は、衝撃的です(肉体改造アプローチ!)。

350341_010

で、そこから振り子は逆方向に振れて、精悍で俊敏な野生動物へと変貌します。ボクサーへの肉体改造です。それを見事にやっちゃったことが絵からガンガン伝わります。顔もボディもシュッと締まります。シャドー・ボクシングのスピードとキレ、フットワークの軽やかさ、けもののようなシャープな眼光。実際に安藤サクラが(吹き替えや特殊効果ではなく)ここまでやっている、どう見てもキチンとボクサーとして通用するレベルに達している、その事実に感動します。なぜか涙が出て来てしまいました。

350341_003

試合のシークェンスなどはもう涙、涙の大江戸でした。かなり胸に迫ります。通俗的ではあるけれど、決して甘口ではなく、キビシイ展開のほろ苦さ。 ボクシング・シーンの本物の迫力は、かなり頑張ってます。それにしても体を改造して迫力あるボクシング場面を自ら演じても、デ=ニーロや安藤サクラだと高く評価されて、スタローンや山下智久だとそんなに評価されないのはどうしてなんでしょうねえ? でもこの安藤さんを差し置いて主演女優賞を贈れる人なんていないです!というのが、小生の気持ちです。

1419777927195

上映館テアトル新宿のロビーには、安藤サクラが使用したアディダスのボクシンググローブが展示してありました。

|

« 「マップ・トウ・ザ・スターズ」:みんな病んでる | トップページ | 「海月姫」:能年ちゃんがどんくさくてステキ♡ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/58406455

この記事へのトラックバック一覧です: 「百円の恋」:安藤サクラのKO勝ち!:

» 百円の恋〜やらみその痛み [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。武正晴監督。安藤サクラ、新井浩文、稲川実代子、早織、宇野祥平、坂田聡、 沖田裕樹、吉村界人、松浦慎一郎、伊藤洋三郎、重松収、根岸季衣。「やればできる百円生活 ... [続きを読む]

受信: 2014年12月29日 (月) 00時15分

» ショートレビュー「百円の恋・・・・・評価額1700円」 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
100円玉のリアル。 今年の日本映画は、安藤サクライヤーだ。 先月公開されたばかりの「0.5ミリ」に続いて、ネガティブダウナー系女子の目覚めを演じ、圧倒的な存在感で物語を引っ張る。 足立紳による脚本は、山口県周南映画祭で、故・松田勇作の志を受け継ぐクリエイターを発掘すべく、2012 年に新設された脚本賞、第一回「松田優作賞」グランプリ作品。 なるほど、明らかな低予算ながら、ハード...... [続きを読む]

受信: 2014年12月29日 (月) 22時56分

» 『百円の恋』 (2014) [相木悟の映画評]
負け犬人生を吹き飛ばす“痛い”一撃! 予定調和なスポ根ものとは違う異色の味わいながら、最後にしっかり感動が心に刻まれる得難い一本であった。 本作は、松田優作の出身地である山口県周南映画祭で、2012年に新設された脚本賞『松田優作賞』第一回グランプリの映...... [続きを読む]

受信: 2014年12月31日 (水) 11時16分

» 百円の恋 [象のロケット]
32歳の斎藤一子は働きもせず実家に引きこもってゲーム三昧の毎日を送っていた。 ある日、離婚して実家に戻っていた妹・二三子と大ゲンカになり、一子がアパートで独り暮らしをすることに。 行きつけの100円ショップで深夜のアルバイトを始めた一子は、近くのボクシングジムで練習する中年男・狩野からデートに誘われる。 なぜ自分を誘ったのかと聞くと、情けない返事が返ってきた…。 ラブ・ストーリー。... [続きを読む]

受信: 2015年1月 1日 (木) 11時47分

» 百円の恋/勝ったじゃんか! [MOVIE BOYS]
国内外からの応募総数151の脚本から選ばれた第一回「松田優作賞」グランプリ脚本(作:足立紳)を『カフェ・ソウル』の武正晴監督で映画化。32歳負け組どっぷりの女がボクサーと出会いボクシングに目覚めながら初めての“一勝”を目指す人間ドラマだ。主演は『かぞくのくに』の安藤サクラ。共演に『愛の渦』の新井浩文らが出演。安藤サクラの文字通り体を張った熱演がみもの。... [続きを読む]

受信: 2015年1月 3日 (土) 18時33分

» 百円の恋 [映画的・絵画的・音楽的]
 『百円の恋』をテアトル新宿で見ました。 (1)『0.5ミリ』で大活躍した安藤サクラの主演作ということで映画館に行ってきました。  本作(注1)は、出戻りの妹・二三子(早織)の子供・太郎と一緒になってボクシングのテレビゲームに興じる姉・一子(安藤サクラ)の後...... [続きを読む]

受信: 2015年1月 9日 (金) 06時27分

» 『百円の恋』+(?)=百八円の恋 [映画のブログ]
 【ネタバレ注意】  斉藤一子(いちこ)は死んでいた。  黒澤明監督の名作『生きる』になぞらえれば、「彼女には生きた時間がない。つまり彼女は生きているとはいえないからである。駄目だ。これでは死骸も同然だ。」というありさまだった。  『百円の恋』が描く「死骸も同然」な暮らしはズルい。  公式サイトのストーリー紹介には「32歳の一子(安藤サクラ)は実家にひきこもり、自堕落な日々を...... [続きを読む]

受信: 2015年1月18日 (日) 15時15分

» Hangry,Angry~『百円の恋』 [真紅のthinkingdays]
 32歳実家暮らし、無職。部屋に籠ってゲーム三昧、深夜に百円ショップで買い 物。自堕落な生活を続けていた齊藤一子(安藤サクラ)は、ある日息子を連れて 出戻った妹と取っ組み合いの大喧嘩となり、アパートで一人暮らしを始める。  共演の新井浩文が 「安藤サクラが凄い!」 と手放しの大絶賛。パイセンが そこまで言うなら、、と、観て来ました。確かに、確かに凄い。ヒラリー・スワンク が...... [続きを読む]

受信: 2015年1月22日 (木) 21時33分

« 「マップ・トウ・ザ・スターズ」:みんな病んでる | トップページ | 「海月姫」:能年ちゃんがどんくさくてステキ♡ »