« 「ストックホルムでワルツを」:欠点女の爆走人生 | トップページ | ミスドとフロレスタのドーナツ »

2014年12月12日 (金)

「メビウス」:極北の寓話

348806_001

映画『メビウス』は、韓国映画界の鬼っ子キム・ギドクの作品中でも最もスキャンダラスな問題作。世の中を挑発しまくってます。

その上なんと全編一切の台詞なし。字幕版製作費用がかからないので、配給元(武蔵野エンタテインメント)としては助かったことでしょう。サイレントではないので声は出ますが、うめき声や叫びなどに限られます。ただここまで徹底的にやると、さすがに少々不自然(会話の無いことが)な場面も無くは無いのですが、観終わるとそんなことも忘れてしまうくらい、作家が語りたいことは全て語っていると言う力技なのでありました。

348806_003

キム・ギドクと言えば「狂気の寓話(神話)」作家であり、「痛み」(肉体的痛覚)の作家であり、「贖罪」の作家ですが、本作もまさにその3点が最大限に表出しており、この作家の業の深さに胸が悪くなるほど圧倒されます。生理的にもとにかく「痛い」ので、観ていて緊張し、疲れます。

348806_005

その一方であまりにも過剰で(バカバカしくて)笑っちゃうような場面も結構あります。まあお話自体がどんどんファンタジーの領域に突っ走って行くから、当然と言えば当然ですし、観る角度によっては「コメディー」とすら言えるものだと思います。

まあ、それにしてもナイフを刺して・・・のくだりには顔をしかめながら、開いた口がふさがらない感じ。もう「ギャグとして笑うしかない」って感じです。極北ですね。

348806_006

どうでもいいけど、父親役の役者がASKA容疑者(+林修先生)に、息子役が羽生弓弦くんに、若い女の役が小保方晴子さんにちょっと似ているあたりも韓国の奇想と日本のリアルとのメビウスなのでした(って、小生もギドク=擬毒 に当てられて、何を言ってるのかわかりません)。

でもこの若い女と母親を一人二役で演じ切った女優さん(=イ・ウヌ)、良いですね。オーバー・アクトもセンシュアリティーも含めて、さすがはギドク映画のヒロインなのでした。

|

« 「ストックホルムでワルツを」:欠点女の爆走人生 | トップページ | ミスドとフロレスタのドーナツ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/58251068

この記事へのトラックバック一覧です: 「メビウス」:極北の寓話:

» メビウス/#47868;#48708;#50864;#49828;/MOEBIUS [我想一個人映画美的女人blog]
韓国のキム・ギドク監督・脚本作 浮気された妻が怒り狂って、息子の性器を切るという衝撃的内容が先行してて そこ、ネタバレいいのかょーと思いつつ、 ギドク作品ということで気になってた。やはり衝撃的な人形を生み落とす友人、三浦悦子ちゃんも 気になってた...... [続きを読む]

受信: 2014年12月13日 (土) 01時20分

» メビウス [象のロケット]
父、母、息子の3人家族は裕福だったが、夫婦の関係は冷え切っていた。 夫の浮気を知った妻は嫉妬に狂い、夫の性器を切り取ろうとするが失敗。 代わりに寝ていた息子の性器を切り取り、家を出て行ってしまう。 罪悪感に苛まれた父は息子の今後を案じ、治療法を探す毎日だった。 一方、父の浮気相手の女が働く雑貨店を訪ねた息子は、女から誘われる…。 サスペンス・スリラー。 R-18 ≪人間の業が、廻(めぐ)る。≫... [続きを読む]

受信: 2014年12月14日 (日) 02時46分

» メビウス [映画好きパパの鑑賞日記]
 キム・ギドクプロデュース作品を何本か見たわけですが、変化球とはいえ分かりやすい作品が多かった。ところが、本作のようにキム・ギドク自ら手がけると、非常にエッジが立ちすぎて、いろんな意味で痛い作品でした  作品情報 2013年韓国映画 監督:キム・ギドク 出…... [続きを読む]

受信: 2014年12月27日 (土) 00時09分

» 『メビウス』 (2013) [相木悟の映画評]
観る者を揺さぶる驚愕のギドク劇場! これぞギドク映画としかいいようのない複雑怪奇な珍品であった。 本作は、奇才の名を欲しいままにする韓国の巨匠、キム・ギドク監督が送る問題作。『嘆きのピエタ』(12)にてヴェネチア国際映画祭金獅子賞を受賞してもなお、そ...... [続きを読む]

受信: 2015年1月 5日 (月) 11時11分

« 「ストックホルムでワルツを」:欠点女の爆走人生 | トップページ | ミスドとフロレスタのドーナツ »