« 日本、8強止まりのアジア杯終戦 | トップページ | 「さよなら歌舞伎町」:ノッてる二人による原点帰りの良作 »

2015年1月24日 (土)

「ビッグ・アイズ」:有楽座のラスト・ショー

1422102615406_2

有楽町のTOHOシネマズ有楽座が2月27日で閉館になるということで、最後のロードショー作品『ビッグ・アイズ』を観て来ました。

ティム・バートン久々の「非ファンタジー映画」。久々も何も1994年の『エド・ウッド』以来20年ぶりです! とはいえ、デカ目の人々がスーパーマーケットに出現する場面、鏡を覗くと自分の顔がデカ目になっている場面、そして(特に序盤における)人工着色のお菓子みたいなブルーやピンクの乱舞は、いかにもティム・バートンの「ファンタジー」領域でしたけど。

350425_010_2

このBIG EYESシリーズの絵画、ブライス人形などにも影響を与えたのだとか。なるほどなるほど。 独自のスタイルで貫かれた少女の絵で、目が印象的ということにおいて、小生が連想したのは我らが奈良美智の作品でした。

350425_003

世紀の俗物亭主にして悪魔の搾取王を演じたクリストフ・ヴァルツはもう腹が立ってたまらない程のいやったらしい芝居でした。これってやはり巧いってことなんでしょうねえ。 対するエイミー・アダムスは役柄同様の一歩引いた芝居。でも過不足なく的確に、抑圧された心のペインを演じておりました。

350425_009
どうして人々はこんな奴(ウォルター)に騙されちまったのか、見抜けなかったのか、ちょっと不思議です。少なくともこの映画では、彼の口八丁の軽薄さと中身のない金の亡者ぶりが、あの哀しい瞳の子どもたちの絵とはあまりにかけはなれて、相容れないように描写されていますので・・・。 それにしてもつくづくひどい奴として描かれているので、裁判シーンでのカタルシスには溜飲が下がります(って、大江戸も単純ですね)。 このウォルター、『シャイニング』のジャック・ニコルソンにまでなっちゃってましたからね(鍵穴の場面)。

1422102625105

マーガレットがスーパーマーケットで大量陳列されたキャンベルスープ缶を手に取ると、その横にBIG EYESの複製プロダクツがイベント展示されているってシーンは、言うまでもなくウォーホル的な「複製芸術」への目くばせとして、ニヤリとしたくなるシーンでした。

1422102646764

素晴らしい作品だったので、有楽座のラスト・ショーにふさわしいものとなり良かったです。小生にとっては「有楽座」はやはりあの日比谷の、日本一の劇場であり、ここはむしろ「ニュー東宝シネマ1」時代の記憶の方が染みついているのですが、まあ「有楽座」という由緒ある名前を継投したって感じで、将来またどこかに「有楽座」が復活してくれることを願ってやみません。 TOHOシネマズ有楽座としてオープンする際の改装で、ポストモダン的、あるいは擬古体的に凝りまくってくれた内装も、個性的なコヤとして好きだったんですけどねえ。縦に長い割にはスクリーンが小さいので、前の方の席を取ることを旨としておりました。昔はこのビルの地下にも映画館があって(ニュー東宝シネマ2)、『明日に向って撃て!』のリバイバルをそこで観てメチャメチャ感動したものです。

複数のスクリーンを持たない昔馴染みの個性的な映画館がまた一つ消えていくのは、身を切られるように辛いものですね。

(閉館のニュース・リリース ↓)

https://www.tohotheater.jp/news/yurakuza_final.html

|

« 日本、8強止まりのアジア杯終戦 | トップページ | 「さよなら歌舞伎町」:ノッてる二人による原点帰りの良作 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/58693245

この記事へのトラックバック一覧です: 「ビッグ・アイズ」:有楽座のラスト・ショー:

» ビッグ・アイズ〜はBig Liesを知っている [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。原題:Big Eyes。ティム・バートン監督。エイミー・アダムス、クリストフ・ヴァルツ、デラニー・レイ、マデレーン・アーサー、ダニー・ヒューストン、ジェイソン・シュ ... [続きを読む]

受信: 2015年1月25日 (日) 00時09分

» ビッグ・アイズ/BIG EYES [我想一個人映画美的女人blog]
ティム・バートンが珍しくジョニーも出さず、実話の映画化に挑む 実在の画家マーガレット・キーンとその夫ウォルター。 60年代のポップアート全盛期に衝撃を与えたビッグ・アイズシリーズをめぐる秘密が明かされる。 自身もBIG EYESシリーズのファ...... [続きを読む]

受信: 2015年1月25日 (日) 00時47分

» 『ビッグ・アイズ』 (2014) [相木悟の映画評]
大きな瞳が訴えかけるアート界の業! 芸術と商売について考えさせられる、含蓄のある一作であった。 大きな瞳をした子供たちの画を描き、60年代のポップアート界を席巻した“ビッグ・アイズ”シリーズ。本作は、その作者であるマーガレットと夫のウォルターが巻き起こ...... [続きを読む]

受信: 2015年1月25日 (日) 01時33分

» ビッグ・アイズ [象のロケット]
1958年、アメリカ。 娘を連れて離婚し、絵で生計を立てようとしていたマーガレットは、パリの美術学校に通っていたというウォルター・キーンと出会い結婚する。 マーガレットが描く大きな瞳の子供“ビッグ・アイズ”は世界中で大ブームを巻き起こすが、全てウォルターが描いた絵として販売されてしまう。 ウォルターがアートの寵児としてもてはやされる一方で、マーガレットはアトリエに籠り、ひたすら絵を描いていた…。 実話から生まれた前代未聞のアートバトル。... [続きを読む]

受信: 2015年1月26日 (月) 11時56分

» ビッグ・アイズ [★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★]
【BIG EYES】 2015/01/23公開 アメリカ 106分監督:ティム・バートン出演:エイミー・アダムス、クリストフ・ヴァルツ、ダニー・ヒューストン、ジョン・ポリト、クリステン・リッター、ジェイソン・シュワルツマン、テレンス・スタンプ 大きな瞳だけが知っている。 Stor...... [続きを読む]

受信: 2015年1月26日 (月) 15時11分

» 『ビッグ・アイズ』 [時間の無駄と言わないで]
コスプレしたジョニー・デップの出て来ないティム・バートン映画は久し振り。 非ファンタジーもだいぶ久々。 オープニングの印刷工程とか最初の町並みとかは如何にもティム・バ ... [続きを読む]

受信: 2015年1月27日 (火) 23時15分

» ビッグ・アイズ  監督/ティム・バートン [西京極 紫の館]
【出演】  エイミー・アダムス  クリストフ・ヴァルツ  ダニー・ヒューストン 【ストーリー】 1950年代から1960年代にかけて、哀愁漂う大きな目の子供を描いた絵画「BIG EYES」シリーズが世界中で人気を博す。作者のウォルター・キーンは一躍アート界で有名人になるも...... [続きを読む]

受信: 2015年1月29日 (木) 21時05分

» 『ビッグ・アイズ(Big Eyes)』ティム・バートン監督、エイミー・アダムス、クリストフ・ヴァルツ [映画雑記・COLOR of CINEMA]
注・内容に触れています。『ビッグ・アイズ』(Big Eyes)監督 : ティム・バートン出演 : エイミー・アダムス、クリストフ・ヴァルツテレンス・スタンプ、ジェイソン・シュワルツマン、他 ※Memo... [続きを読む]

受信: 2015年1月30日 (金) 00時47分

» いつもと違うティムバートン作品。(;´∀`)〜「ビッグ・アイズ」〜 [ペパーミントの魔術師]
このときにもっと食ってかかってたらここまでいかなかったろうか。 いやそもそも出会ったとっからして、マーガレットは騙されていたわけで。 私には娘と絵しかなかった。・・・それが ウォルターという「共犯者」を得てマーガレットの書いた「ビッグアイズ」は売れた...... [続きを読む]

受信: 2015年2月 1日 (日) 00時55分

» ゴーストペインター~『ビッグ・アイズ』 [真紅のthinkingdays]
 BIG EYES  1958年。専業主婦のマーガレット(エイミー・アダムス)は横暴な夫の下から 逃げ出し、一人娘ジェーンとサンフランシスコで暮らし始める。似顔絵描きを 始めたマーガレットは、ウォルター・キーン(クリストフ・ヴァルツ)という画家と 出逢い、結婚するのだが・・・。  1960年代のアメリカで、アンディ・ウォーホールもその才能を認めていた...... [続きを読む]

受信: 2015年2月 2日 (月) 18時35分

» ビッグ・アイズ [映画的・絵画的・音楽的]
 『ビッグ・アイズ』をTOHOシネマズで見ました。 (1)昨年の佐村河内事件が未だ記憶に生々しかったり、丁度TBSTVで『ゴーストラーター』が放映されたりしていることもあって、映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、「based on the true event」の字幕が映...... [続きを読む]

受信: 2015年2月 3日 (火) 21時22分

» 映画ビッグ・アイズと、本「良心をもたない人たち」 [映画の話でコーヒーブレイク]
実話に基づくティム・バートン監督の作品です。 「ビッグ・アイズ」と呼ばれた大きな目と悲しげな表情の少女の絵。 1960年代この絵を巡ってアメリカでこんな事件が起こったことを知らなかったし、 昨年から映画館に貼られたポスターから本作がこんなストーリーだったは想...... [続きを読む]

受信: 2015年2月11日 (水) 01時23分

« 日本、8強止まりのアジア杯終戦 | トップページ | 「さよなら歌舞伎町」:ノッてる二人による原点帰りの良作 »