« 「ビッグ・アイズ」:有楽座のラスト・ショー | トップページ | プレミアムだね、大人だね。 »

2015年1月25日 (日)

「さよなら歌舞伎町」:ノッてる二人による原点帰りの良作

349723_001

映画『さよなら歌舞伎町』は、ロマンポルノ出身である荒井晴彦(脚本=中野太と共同)とピンク出身の廣木隆一(監督)らしい題材で、らしい良作に仕上がりました。やはり出自を感じさせる匂いが出ていて、それが魅力となっています。そして何よりも人間が面白く愛おしく描かれています。荒井さんはここのところ『共喰い』、『海を感じる時』、そして本作と、ここに来てまた好調ですし、廣木さんは1月(本作)、2月(『娚の一生』)、3月(『ストロボ・エッジ』)と公開作が連続するという物凄さです! ノッてるベテラン・コンビが、原点帰りのいい仕事をしてくれました。

349723_012

5組のカップルの一昼夜~朝に至る行動を、歌舞伎町(+新大久保のコリアン・タウン)を舞台に交錯させながら描いていった作品。歌舞伎町版の『ラブ・アクチュアリー』とか『バレンタインデー』とかそんな感じですね。どのカップルもじわじわと面白く、染谷将太くんは(いつものように)観察者としても機能しています。狂言回しであり、観客の視線の代理人でもあります。

349723_007

染谷が店長(ラブホの場合、支配人じゃなくて店長なんすかね?)を務める「ホテル・アトラス」をメインの舞台にしながら、ドンキホーテやら花園神社やら職安通りの韓国食材店や料理店など、あの界隈のロケも多く、後世への映像資料としても価値ありの「ご当地映画」です。

全編、単純に人々を見つめることが面白い作品なのですが、東日本大震災への言及や関連付けがかなり多くて、そこはちょっと不自然かなと感じました。それと、偶然誰かと誰かが居合わせる場面が多過ぎるのもいかがなものか・・・。

349723_014

登場人物が一人一人(ダメだけど)チャーミングなんですよねー。中でも忍成修吾のチンピラの心やさしさとか、韓国デリヘル嬢(イ・ウンウ)の性格の良さとかに心動かされるものがありました。このイ・ウンウさんって、あの『メビウス』で二役を演じた女優さんなんですって!なるほど、やはり伝わって来る情感のレベルが只者ではありませんでした。

エンドタイトル後の松重豊と南果歩の場面によって、本当に気分よく映画館を出られます。それにしても松重さんが飯食ってると、どうしても「これにして正解だ」とか「口の中でダンスを踊っている」とか聞こえて来そうな気がしてなりませんです(『孤独のグルメ』のインパクトは大きいですよねえ)。

|

« 「ビッグ・アイズ」:有楽座のラスト・ショー | トップページ | プレミアムだね、大人だね。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/58703948

この記事へのトラックバック一覧です: 「さよなら歌舞伎町」:ノッてる二人による原点帰りの良作:

» さよなら歌舞伎町〜運命の311 [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。廣木隆一監督、荒井晴彦・中野太脚本。染谷将太、前田敦子、イ・ウンウ、ロイ、樋井明日香、我妻三輪子、忍成修吾、大森南朋、田口トモロヲ、村上淳、河井青葉、宮崎 ... [続きを読む]

受信: 2015年1月25日 (日) 23時32分

» さよなら歌舞伎町 [単館系]
さよなら歌舞伎町 2015/1/24公開 テアトル新宿 一流ホテル勤めと周囲に偽りラブホテルの店長をしている徹 (染谷将太)は、ミュージシャンを夢見る同居中の恋人・沙耶(前田敦子)と の関係が倦怠(けんたい)期になりかけていた。 歌舞伎町にあるラブホテルに出勤し多忙な1日が始まるが、 ホテルでは家出少女(我妻三輪子)と来店した風俗スカウトマン( 忍成修吾)、時効を間近に控え男...... [続きを読む]

受信: 2015年1月27日 (火) 00時00分

» 『さよなら歌舞伎町』 抱きしめたい [Days of Books, Films ]
Good-bye Kabuki-cho(viewing film) ふた昔、いや [続きを読む]

受信: 2015年1月30日 (金) 16時09分

» さよなら歌舞伎町/一人だけアイドルだった前田敦子 [MOVIE BOYS]
新宿は歌舞伎町のラブホテルを舞台にした5組の男女の群像劇。『ヒミズ』の染谷将太演じる徹を主人公に、その恋人を『セブンス・コード』の前田敦子、『メビウス』のイ・ウヌ、南果歩、忍成修吾、大森南朋、村上淳、田口トモロヲらが演じている。監督は『余命1ヶ月の花嫁』の廣木隆一。新宿歌舞伎町という舞台の中で愛を失う男女、愛を見つける男女が交錯する。... [続きを読む]

受信: 2015年2月 1日 (日) 18時35分

» さよなら歌舞伎町 [映画好きパパの鑑賞日記]
 ホテルに集まった人々の群像劇をグランドホテル形式と呼びますが、ラブホテルを舞台にしたというのはなかなかのアイデア。ただ、序盤は面白かったものの、途中から同じようなパターンの繰り返しで飽きてしまいました。むしろエピソードを削ったほうが良かったかも  作…... [続きを読む]

受信: 2015年2月 5日 (木) 23時26分

» さよなら歌舞伎町 [映画的・絵画的・音楽的]
 『さよなら歌舞伎町』をテアトル新宿で見ました。 (1)『もらとりあむタマ子』で好演した前田敦子が出演するというので映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭は、大きな道路の脇にあるアパートの部屋のシーン。  沙耶(前田敦子)が、朝から窓辺でギターを弾...... [続きを読む]

受信: 2015年2月11日 (水) 22時25分

» 『さよなら歌舞伎町』廣木隆一監督、染谷将太、前田敦子、イ・ウンウ、南果歩、松重豊、他 [映画雑記・COLOR of CINEMA]
注・内容、台詞、ラストに触れています。『さよなら歌舞伎町』監督 : 廣木隆一出演 : 染谷将太、前田敦子、イ・ウンウ、南果歩、松重豊、大森南朋、他 ※Memo●群像劇はこーでなくっちゃ!『メビウス』が... [続きを読む]

受信: 2015年2月12日 (木) 00時51分

« 「ビッグ・アイズ」:有楽座のラスト・ショー | トップページ | プレミアムだね、大人だね。 »