« 「みんなのアムステルダム国立美術館へ」:市民の声と専門家の領域に関する考察 | トップページ | アジア杯、日本決勝トーナメントへ »

2015年1月19日 (月)

2014洋画トップテン

お待たせいたしました! 恒例の大江戸時夫の年間トップテン映画 of 2014年。今日はまずは洋画篇。(  )内は監督名です。

1.天才スピヴェット(ジャン=ピエール・ジュネ)  2.イーダ(パヴェウ・パヴリコフスキ)  3.ダラス・バイヤーズ・クラブ(ジャン=マルク・ヴァレ)  4.複製された男(ドゥニ・ヴィルヌーヴ)  5.インターステラー(クリストファー・ノーラン)  6.エレニの帰郷(テオ・アンゲロプロス)  7.ブルー・ジャスミン(ウディ・アレン)  8.悪童日記(ヤーノシュ・サース)  9.馬々と人間たち(ベネディクト・エルリングソン)  10.みんなのアムステルダム国立美術館へ(ウケ・ホーヘンダイク)  次点.オンリー・ゴッド(ニコラス・ウィンディング・レフン)

<その他の記憶すべき作品>  インサイド・ルーウィン・デイヴィス  マレフィセント  アナと雪の女王  それでも夜は明ける  猿の惑星 新世紀(ライジング)  アメイジング・スパイダーマン2  グランド・ブダペスト・ホテル  ジャージー・ボーイズ  ウルフ・オブ・ウォールストリート  ジゴロ・イン・ニューヨーク  GODZILLA ゴジラ  ザ・レイド GOKUDO  フューリー  イコライザー  プロミスト・ランド

監督賞:ジャン=ピエール・ジュネ(天才スピヴェット)  脚本賞:クレイグ・ボーテン、メリッサ・ウォーラック(ダラス・バイヤーズ・クラブ)  撮影賞:トマス・ハードマイアー(天才スピヴェット)  主演女優賞:ケイト・ブランシェット(ブルー・ジャスミン)  主演男優賞:マシュー・マコノヒー(ダラス・バイヤーズ・クラブ)  助演女優賞:クリスティン・スコット・トーマス(オンリー・ゴッド)  助演男優賞:ウィタヤー・パーンシーガーム(オンリー・ゴッド)  新人賞:オナタ・アプリール(メイジーの瞳)、アガタ・チュシェブホフスカ(イーダ)、カイル・キャトレット(天才スピヴェット)

10本並べてみてビックリ。アメリカ映画好きの大江戸なのに、ヨーロッパ人の監督名がズラズラと並び、アメリカ人はノーランとアレンの二人だけ! それだけアメリカ映画に良い企画が無かったり、出来が悪かったりしているのでしょうね。 こうしてみると、やはりシネコンで拡大公開される作品よりも、単館または小規模公開の作品の方が優れたものが多いことに改めて気づかされます。中でも「天才スピヴェット」のワクワクする絵作りとポップな色彩、ギミックの数々はまさに眼福。3Dの用い方も最高でした。それとは正反対な「イーダ」の聖なるモノクロ映像の美しさにも心惹かれました。

(明日は邦画編です!)

|

« 「みんなのアムステルダム国立美術館へ」:市民の声と専門家の領域に関する考察 | トップページ | アジア杯、日本決勝トーナメントへ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/58639679

この記事へのトラックバック一覧です: 2014洋画トップテン:

» 極私的 2014年 映画鑑賞 ベスト10! [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
完全に毎年のお楽しみ化している、映画ベスト10です(since 2008) 今年もなかなかの豊作だったなと! 1行目はタイトルとブログのアップ時のサブタイトル、2行目は今回のコメントとなります。 あくまでも「極私的 」ですので、旧作のDVD、そして禁じ手?のNetflix...... [続きを読む]

受信: 2015年1月31日 (土) 23時05分

« 「みんなのアムステルダム国立美術館へ」:市民の声と専門家の領域に関する考察 | トップページ | アジア杯、日本決勝トーナメントへ »