« 「ANNIE アニー」:映画が躍動しない・・・ | トップページ | 「おみおくりの作法」:地味で質素でまじめ »

2015年2月14日 (土)

「さらば、愛の言葉よ」:生涯前衛のゴダール翁

350543_001
映画『さらば、愛の言葉よ』は、ゴダールの3D。それだけでヘンだし、興味深くてたまらないわけですが、観てみると・・・想像以上にヘンでした。過激な実験作です。69分のトリップを終えて、たいていのひとは唖然呆然とするしかないでしょう。終映後の空気がそれを物語っていました。まあ、正直なところ「なんだこりゃ」としか言いようがありませんよね。

350543_002
これまでのゴダール作品の中でも「最左翼」と言いましょうか、ブッとぶにも程があるって感じです。今84歳ですぜ、ゴダール翁は! 「生涯前衛」なのですね。草間彌生もビックリです。

350543_004

家電屋で売っているような民生機のキャメラを何台も使って撮られた映像は、明るくキレイ。わざと粗い画調を楽しんでいるようなところもあるし、草花の鮮やかすぎる色などは、ほとんどサイケデリック・ドリームのようです。ウォーホルの、あの花の作品(Flowers)にも似ていて・・・。「3Dは画面が暗い」という従来の常識に対抗するかのようです。 で、3Dの用い方、絵作りはやはり斬新。これまで見たことの無い3D映像が次々と出てきて、視覚面で大いに刺激的でした。

350543_003
最も注目すべきは2ヶ所出てくる「右目と左目に違うものを見せてくれる場面」。これってきっと「映画のキュビスム」ですよね。まあ、目と脳にはやさしくない映像でしたが、ゴダール翁はこんな実験までやらかしてくれてるのです。

’6-70年代に比べて、その後の映画からは「前衛」「難解」という言葉が失われてしまっているように思えますが、久々にこういう作品に巡り合うのも、なんだか新鮮で笑っちゃいます。頭の中は「???」だらけでしたけど。

|

« 「ANNIE アニー」:映画が躍動しない・・・ | トップページ | 「おみおくりの作法」:地味で質素でまじめ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/58937302

この記事へのトラックバック一覧です: 「さらば、愛の言葉よ」:生涯前衛のゴダール翁:

» 映画:さらば、愛の言葉よ Adieu au Langage  84才ゴダールが挑戦する超刺激的 実験 3D! [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
昨年12月、NYで天気が悪く、ぽっと時間が空いた時間に今作を観るチャンスがあった。 だが最終的には、アカデミー賞アニメ部門での「かぐや姫」のライバル作を観賞することに決めたのは... 1.ゴダールの新作だから、基本やや観念的そう→だから時差ボケラーにはきつそ...... [続きを読む]

受信: 2015年2月15日 (日) 07時48分

« 「ANNIE アニー」:映画が躍動しない・・・ | トップページ | 「おみおくりの作法」:地味で質素でまじめ »