« セブンのドーナツにがっかり | トップページ | 「深夜食堂」:良いエピソードと悪いエピソードがあり・・・ »

2015年2月 7日 (土)

「ナショナル・ギャラリー 英国の至宝」:描写すれど解説せず

350538_002
映画『ナショナル・ギャラリー 英国の至宝』は、かのフレデリック・ワイズマンによる3時間1分のドキュメンタリー。とにかくロンドンのナショナル・ギャラリーとそこで働く人々ををひたすら撮り続けていますが、飽きることはありませんでした。

ただ先立って『みんなのアムステルダム国立美術館へ』が公開されているので、ちょっと分が悪かったかなってところです。作品の方向性は全然違うのですが、単純にあちらの方がエキサイティングで面白いんですよねー。

350538_004

とはいえこちらも十分に面白いのです。館の運営のあれこれや、会議における意見の相違、学芸員たちによるギャラリー・トークの数々(実はこれがメイン)、ギャラリー・トークを通して解説されれる収蔵品の名画たち。美術館の表も裏も、じっくりと淡々と描かれていきます。

350538_005

しかも描写すれど解説せずと言うか、ありのままを写し取っているだけで、今何をやっているのかとかこれはどういうことなのかという説明は一切なし。まあ、それでも特段困ることはなく、最後まで興味深くスクリーンに引き込まれました。

350538_003

その理由としてはやはり「人」なんですね。学芸員の皆さんもある意味「美術オタク」なんだけど、その没頭しきっている感じが憎めない。その他のプロの皆さんも、それぞれの仕事に(たぶん)誇りと自信を持って当たっているのがわかって、共感できる。ラストには収蔵作品に描かれた様々な顔、顔、顔が映し出されるのですが、見終わって印象に残るのは名画の中の顔よりも、現代の美術館まわりに生きる人々の顔、顔、顔。そんな映画なのでした。

|

« セブンのドーナツにがっかり | トップページ | 「深夜食堂」:良いエピソードと悪いエピソードがあり・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/58855691

この記事へのトラックバック一覧です: 「ナショナル・ギャラリー 英国の至宝」:描写すれど解説せず:

» ナショナル・ギャラリー 英国の至宝 [風情♪の不安多事な冒険 Part.5]
 イギリス  ドキュメンタリー&アート  監督:フレデリック・ワイズマン  出演:ナショナル・ギャラリーのスタッフ      エドワード・ワトソン      リアン・ベン ... [続きを読む]

受信: 2015年2月 7日 (土) 22時22分

» ナショナル・ギャラリー 英国の至宝 [象のロケット]
1824年に設立されたイギリス・ロンドンのトラファルガー広場に位置する国立美術館ナショナル・ギャラリーは、年間500万人以上もの人が訪れる人気美術館。 一市民のコレクションから誕生し、その所蔵作品は2300点余りと決して多くはないが、アートを楽しむことに貧富や階級の差はないという精神を今も守り続けている。 3ヶ月間密着取材し、愛される美術館の秘密に迫ったアート・ドキュメンタリー。 ... [続きを読む]

受信: 2015年2月 9日 (月) 21時03分

« セブンのドーナツにがっかり | トップページ | 「深夜食堂」:良いエピソードと悪いエピソードがあり・・・ »