« ハリルホジッチの色が早くも! | トップページ | サッカーU-22日本代表2-0ベトナム »

2015年3月28日 (土)

「愛して飲んで歌って」:ヘンだけど物足りないレネの遺作

350508_004
映画『愛して飲んで歌って』は、昨年逝去したアラン・レネの遺作。あのぶっ飛んだ自由な快作『風にそよぐ草』(’09)から5年後、91歳での監督作です。こちらもぶっ飛んでいると言えばぶっ飛んでおります。

350508_006

舞台劇のような書き割りや調度、装飾の中で、演劇的な物語が繰り広げられます。その人工的な色彩や約束事としての空間がなんとも言えませんね。それでもショットのサイズは寄りや引きを織り交ぜて、映画的に撮っています。そこにまた舞台中継とは違った不可思議な感覚が宿ります。

350508_003

最大の驚きは、人物がバストショットになった時にバックが(その時点で後景にあるはずの壁や柱ではなく)網目模様になるという技法。なんか突然コミックの一コマみたいに、たとえばロイ・リキテンシュタインのポップアートみたいな感じになるのです。その唐突な衝撃、その割にそんなインパクト表現を使う理由もなく、まさに唐突なお遊びになっているあたりが、相変わらず自由過ぎるレネ先生です。まあ2度出て来るモグラ(これがまたモロつくりもので!)のショットなんかも、笑いも凍るほど自由ですけど。

350508_001

終盤の自由な展開とヘンなエンディングもこの流れ。そもそもキー・パーソンのジョルジュって男が最後まで登場しないんですから。でもどこもかしこも今一つ物足りないんですよねー。

大江戸としては『風にそよぐ草』の方がずっと素晴らしいと思いますねえ。スリリングなまでの自由さの落としどころが、見事にスコーンと突き抜けておりました。

とは言え、レネはやっぱり『去年マリエンバートで』なのです! 合掌。

|

« ハリルホジッチの色が早くも! | トップページ | サッカーU-22日本代表2-0ベトナム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/59440392

この記事へのトラックバック一覧です: 「愛して飲んで歌って」:ヘンだけど物足りないレネの遺作:

» 愛して飲んで歌って [象のロケット]
開業医のコリンはおしゃべりな妻カトリーヌに、友人の高校教師ジョルジュが余命わずかであることを話してしまう。 そのニュースはあっと言う間に、共通の友人であるビジネスマンのジャックと妻タマラ、ジョルジュの元妻モニカとその恋人の農夫シメオンにまで伝わり大騒ぎに。 更に、それぞれが心の奥に秘めていた思いも明らかになっていく…。 コメディ。... [続きを読む]

受信: 2015年3月31日 (火) 10時16分

« ハリルホジッチの色が早くも! | トップページ | サッカーU-22日本代表2-0ベトナム »