« U-22代表戦からのアルガルベ最終戦 | トップページ | 緑のコカコーラ! »

2015年3月12日 (木)

「エクソダス 神と王」:生まれた時代が悪いのか

350179_001

映画『エクソダス 神と王』は、現代のCGやVFX技術で、あの『十戒』を復活させちゃおうという試み。監督はリドリー・スコットなので、まあ適任と言えるでしょう。大作感、アクション、映像、特殊効果、娯楽映画としてはそこそこ面白く出来ています。

350179_002
でも何だか肝腎な「土性っ骨(どしょっぽね)」が無いというか、観終わって残るものが無いというか、やはりセシル・B・デミル版に較べると、軽いんですよねー。主役の二人(クリスチャン・ベール、ジョエル・エドガートン)も、チャールトン・ヘストン、ユル・ブリンナーに較べて軽すぎる・・・って、それを言っちゃあおしまいなんですけどね。ベールの健闘の一方で、エドガートンはやけに卑小な「小物感」たっぷりでねえ・・・。

350179_003
まあ、壮大なスペクタクル描写は数々あって、頑張っていることは確かなのですが、例えば『十戒』と2本立てで上映したら、「『エクソダス』ってスゴイじゃん」ってことになるのだと思いますが、何しろ最近はCGによる驚天動地のスペクタクルが多すぎて、もう観客の眼が不感症になっちゃっておりますので。そういった意味では、不幸な作品ですよね。あんまりヒットしてないわけだし。優秀な高校に入っちゃったんで、80点取っても目立たない・・・みたいな感じ? 生まれた時代が悪かった作品かも知れません(一方では中東問題やら何やら、タイムリーだって気もしますけどね)。

350179_007

紅海が割れないんですよねー。ああ、リアルにはそういうことだよねと納得はするのですけど、アレがどう描かれているんだろうと楽しみにして来た観客にとっては、「紅海先に立たず」ですよね←はい、笑う所。

|

« U-22代表戦からのアルガルベ最終戦 | トップページ | 緑のコカコーラ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/59238485

この記事へのトラックバック一覧です: 「エクソダス 神と王」:生まれた時代が悪いのか:

» 映画『エクソダス:神と王』★『十戒』のリメイクではないエンタメ“出エジプト“ [**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**]
作品について  http://cinema.pia.co.jp/title/165824/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。 モーセ の“出エジプト”です。 けれど、映画『 十戒 』(1956)のリメイク、というわけではなく スコット流というのでしょうか 歴史の“叙事詩”ではなく、 スペクタク..... [続きを読む]

受信: 2015年3月13日 (金) 00時48分

» 『エクソダス:神と王』 (2014) [相木悟の映画評]
装いも新たに甦る“十戒”伝説! 昨今、流行の新解釈聖書モノの真打ちであり、唸る部分も多いのだが…。 本作は、老いてなおエネルギーみなぎる巨匠リドリー・スコット監督作。SF、ミステリー、犯罪サスペンス、戦争アクションとなんでもござれのスコット監督。今回の題材...... [続きを読む]

受信: 2015年3月13日 (金) 01時52分

» エクソダス:神と王〜ISIL拘束事件に通じる驚愕 [佐藤秀の徒然幻視録]
「日没までに要求を受け入れよ」 公式サイト。原題:Exodus:Gods and Kings。リドリー・スコット監督、クリスチャン・ベイル、ジョエル・エドガートン、ベン・キングズレー、アーロン・ ... [続きを読む]

受信: 2015年3月13日 (金) 08時49分

» 「エクソダス:神と王」 [ここなつ映画レビュー]
疑う余地のない大作である。空恐ろしい位に。リドリー・スコットといえば、×(かける)ラッセル・クロウの「グラディエーター」だけれど、そして確かにアレも痺れてあまりにも鮮明に記憶に残っているけれど、今回も迫力は健在である。軍馬の駆ける地響きの音、馬車の車軸の軋む音。矢が放たれ、刃が敵をなぎ倒す。活劇だなぁ〜。ホンットに活劇だ。受難とか奇跡とか十戒とか、もうどうでもいい位の活劇。肉弾戦は少ないものの、戦闘シーンはすごいものがあるし、加えて「神」が放った災いの数々が底知れぬ迫力であった。実の兄弟同様に育って... [続きを読む]

受信: 2015年3月13日 (金) 09時54分

» エクソダス:神と王 [★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★]
【EXODUS: GODS AND KINGS】 2015/01/30公開 アメリカ 150分監督:リドリー・スコット出演:クリスチャン・ベイル、ジョエル・エドガートン、ジョン・タートゥーロ、アーロン・ポール、ベン・メンデルソーン、シガーニー・ウィーヴァー、ベン・キングズレー 戦う者だけに...... [続きを読む]

受信: 2015年3月13日 (金) 10時34分

» エクソダス:神と王 Exodus:Gods and Kings 予告編では理解し得ない、予想外の大満足に驚き! [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
予告編をみて、イマイチっぽくね?、と思っていた。 ひょっとして「エクソダス」ではなく、「エ?クソだす」なんてくだらないギャグまで思いついた(笑) とはいえ、監督=リドリー・スコットと聞けば、観るしかない・・・ 何たって歴史物だけでも、「グラディエータ...... [続きを読む]

受信: 2015年3月14日 (土) 08時12分

» エクソダス:神と王 [象のロケット]
栄華を誇る巨大王国エジプト。 王家の養子として大切に育てられた将軍モーゼは、自分がエジプト人の奴隷として働かされているヘブライ人であることを知らされる。 ヘブライ人を救うため兄弟同然に育った王ラムセスに反旗を翻したモーゼは追放されるが、神から下された使命を果たすために戻ることに。 目指すは、まだ見ぬ“約束の地”だった…。 アクション・アドベンチャー。... [続きを読む]

受信: 2015年3月15日 (日) 16時59分

» [映画『エクソダス: 神と王』を観た(寸評)] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆・・・モーゼとラムセスの、旧約聖書マスターピースの一つとなるエピソードである。  リドリー・スコットがガツンと撮り上げています。  面白かったが、私としては、同じく旧約聖書物の、昨年公開の『ノア 約束の舟』が、  かなり、その狂信的なノアの苦悩ととも...... [続きを読む]

受信: 2015年3月27日 (金) 01時41分

« U-22代表戦からのアルガルベ最終戦 | トップページ | 緑のコカコーラ! »