« 連ドラ感想からの・・・感動の「もえあず」 | トップページ | 今日の点取占い227 »

2015年4月 2日 (木)

「ディオールと私」:上質なファッション・ドキュメンタリー

350917_007
映画『ディオールと私』は、2012年にクリスチャン・ディオールのデザイナーに就任したラフ・シモンズが、8週間で54着のオートクチュールを仕上げて(ふつうは4-6か月あるのだそうです)、パリ・コレクションでのデビューを飾った日々のドキュメンタリー。華麗なファッションの舞台裏に密着していて、いやー面白かったです。

350917_001

ラフは基本的にメンズの既製服が出自ですし(まあジル・サンダーではレディースもやっていましたけど)、ミニマル・デザインの人と思われていたし、フランス語もあまり話せなくて・・・だからディオール工房のベテランのお針子さんたちにしてみれば、完全に信頼できる存在ではなかった。つまり「アウェイ状態」だったわけですね。 でもその彼が粘って、こだわって、その作品自体(彼はディレクションはするが、自分でデザイン画を描かない)で、自分をだんだん認めさせていくのです。超一流ブランド(グラン・メゾン)がもたらす重圧や、創作と共同作業をめぐる葛藤を乗り越えて・・・。

350917_003

最後にはお針子さんたち総出で、ギリギリまで作品を手直ししてクォリティを高めていきます。多くのトラブルやハードルの果てに、ショー本番を迎えます。もう、ショーの途中からラフ・シモンズがうるうる来ちゃってます。ショーのクォリティが、作品のクォリティが、つまり成功だったことが伝わってきます。フィナーレの挨拶を嫌がっていたラフが、そわそわうずうずして自ら出ていくあたりの幸福な可笑しさ。350917_002

説明的に多くを語ることはしないけれど、それなのにラフと周囲の人々の緊張や興奮や感動が見て取れるように作られています。ニュートラルな視点と節度のある編集によって、これだけディオールの宣伝になっているのにクサさを感じさせずに、エンタテインメントとしても成立しているあたり、お見事な手さばきだと思います。

|

« 連ドラ感想からの・・・感動の「もえあず」 | トップページ | 今日の点取占い227 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/59502490

この記事へのトラックバック一覧です: 「ディオールと私」:上質なファッション・ドキュメンタリー:

» ディオールと私 [象のロケット]
2012年、空席になっていた老舗ファッションブランド、クリスチャン・ディオールの主任デザイナーに、ラフ・シモンズが抜擢された。 ジル・サンダーで活躍していたものの、オートクチュール界での経験は皆無である彼の就任は業界の注目を集める。 更に、コレクションの準備には通常5〜6ヶ月の期間がかかるというのに、彼に与えられたのはわずか8週間。 その舞台裏を追いかけるファッション・ドキュメンタリー。... [続きを読む]

受信: 2015年4月 7日 (火) 14時18分

« 連ドラ感想からの・・・感動の「もえあず」 | トップページ | 今日の点取占い227 »