« 武蔵野館まで指定席制になりました | トップページ | 今日の点取占い231 »

2015年5月21日 (木)

「THE NEXT GENERATION パトレイバー 首都決戦」:アニメ版がまぶたに浮かぶ実写版

350970_006

映画『THE NEXT GENERATION パトレイバー 首都決戦』は、昨年あたりから「へー、実写版でやってるんだぁ」と思っていたスターチャンネル(およびイベント上映)のシリーズの長編劇場版。だもんで、’93年の『機動警察パトレイバー2 the Movie』以来久々に観てみました。

大江戸としては首都東京が決戦の舞台になるってところにかなり興味がありました。確かにレインボー・ブリッジや都庁が攻撃・破壊される映像は(不謹慎ながら)見ごたえのあるスペクタクルですね。

350970_004

全編を通して映像がまさに「アニメを実写にした」感覚。全てのカットにおいて、「これがアニメ版だったら、こういう絵なんだろうなー」っていう映像が、私ごときでも簡単に頭に浮かびます。スタイリッシュな台詞にしてもキャラクターやその行動にしても、まさに押井ワールドで、それがアニメではなく実写で展開されることの違和感って、確かにありました。

350970_007

ここまで来ると、なんで実写化しなくちゃいけなかったの?って疑問も沸いてきますが、まあ先ほど述べたレインボー・ブリッジや都庁の場面だとか、高さ8mのを実際に作っちゃったというイングラムなんかは、確かに実写で見られて良かったですよー。

一方ではドラマ部分の絵なんかは、妙に力が無いというか、プロっぽくない気がしてなりませんでした。そこがアニメの表現と映画の表現の違いなんでしょうねえ、たぶん。これアニメだったらカッコイイんだろうなーって想像できるんですけど、実際には素敵な絵に仕上がってなくて、むしろ貧相。そこらを突き詰めていくと、きっと映画という表現の本質に迫る話ができるのかも知れませんが、すいません、力不足でできません。

350970_003
(以降ネタバレあり) 本作だけを観た小生にしてみれば、さすがにもう少しイングラムの活躍を見てみたかったところはありますね。しかも2基中1基はあっけなく海に落ちちゃったので、唖然としましたが・・・。 8mのリアルな大きさ感を、もっと見てみたかった気がいたします。

|

« 武蔵野館まで指定席制になりました | トップページ | 今日の点取占い231 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/60082382

この記事へのトラックバック一覧です: 「THE NEXT GENERATION パトレイバー 首都決戦」:アニメ版がまぶたに浮かぶ実写版:

» THE NEXT GENERATION パトレイバー 首都決戦 [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。押井守監督。筧利夫、真野恵里菜、福士誠治、太田莉菜、千葉繁、森カンナ、吉田鋼太郎、高島礼子。「THE NEXT GENERATION パトレイバー 第1章」から延々と公開されていたのだ ... [続きを読む]

受信: 2015年5月21日 (木) 23時46分

» THE NEXT GENERATION パトレイバー 首都決戦 [象のロケット]
20世紀末、人間型ロボット“レイバー”の普及に伴う犯罪に備え、警視庁は警察用レイバーを擁する特車二課パトレイバー中隊を設立する。 …そして現在、レイバー衰退と共に特車二課は警察のお荷物集団となっていた。 そんな時、自衛隊から戦闘ヘリが強奪され、レインボーブリッジが真っ二つにされてしまう。 隊長・後藤田をはじめとする警視庁・特車二課のメンバーは、首都1,000万人がテロリストの人質にされていることを知る…。 スーパーリアル・ロボットアクション。... [続きを読む]

受信: 2015年5月27日 (水) 14時19分

« 武蔵野館まで指定席制になりました | トップページ | 今日の点取占い231 »