« 今年も下北沢で wearer (+Rei) | トップページ | 「夫婦フーフー日記」:映画もハンバーガーもシズル感不足 »

2015年5月31日 (日)

「天才バカヴォン ~蘇るフランダースの犬~」:赤塚×フロッグマン、まあこれでいいのだ

T0019408p
映画『天才バカヴォン ~蘇るフランダースの犬~』は、小生のようなバカボン・ファンにしてフロッグマン・ファンにとってはたまらない企画。赤塚不二夫へのリスペクトたっぷりに、フロッグマンが「鷹の爪」的世界でバカボンのキャラクターたち(&ネロとパトラッシュ)を遊ばせます。

バカボン・ワールドの登場人物たちはこれまでのアニメ版みたいなもんですけど、そこにフロッグマン的なゆるくて雑な感じの人物が同居して、でも違和感なく見られます。

T0019408a

なかなか笑えます。ナンセンスで言葉遊びの多いボケ多用のギャグはフロッグマン的なのですが、でもこれってもともと赤塚不二夫的・バカボン的なのですよね。そんなことに気づいてしまいます。 「○○したまえ、三越前」とか、映画オリジナルだと思うのですが、実にバカボンのパパ的でありました。

「西から昇ったお日様」へのこだわりで成り立っているあたり、アニメ版(昭和、平成)への愛も感じさせます。

T0019408

しかもそこに『フランダースの犬』まで合体させるとは! 美術や音楽の世界における「リミックス」や「サンプリング」の感覚ですね。

次々と快調にギャグをかっとばす前半に比べると、さすがに中盤以降少々ダレてきますし、結末もなんだかパンチ不足で物足りませんが、それでも84分で終わっちゃいますから大丈夫。 これでいいのだ!です。 なぜ「バカボン」ではなくて「バカヴォン」なのかの謎も一応は解かれますしね。

|

« 今年も下北沢で wearer (+Rei) | トップページ | 「夫婦フーフー日記」:映画もハンバーガーもシズル感不足 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/60206686

この記事へのトラックバック一覧です: 「天才バカヴォン ~蘇るフランダースの犬~」:赤塚×フロッグマン、まあこれでいいのだ:

» 天才バカヴォン 蘇るフランダースの犬 [象のロケット]
バカボン一家は、長男のバカボンと、自由人のパパに優しいママ、そして賢い弟ハジメちゃんの4人家族。 ところが、パパは突然、日本の最重要人物になってしまったのだ! 総帥ダンテ率いる悪の秘密結社インテリペリが世界を征服するためには、“バカボンのパパの本名”がどうしても必要なのだ。 一方、バカボンのクラスには「フランダースの犬」の主人公ネロが、愛犬パトラッシュと共に転校してきたのだ…。 アニメーション。... [続きを読む]

受信: 2015年6月 1日 (月) 14時04分

« 今年も下北沢で wearer (+Rei) | トップページ | 「夫婦フーフー日記」:映画もハンバーガーもシズル感不足 »