« キレイな等々力で、湘南悔しい逆転負け(および疑惑のノー・ゴール) | トップページ | 女子W杯、日本の白星スタート! »

2015年6月 8日 (月)

「新宿スワン」:ヤクザ(風)ファンタジー

351164_002
映画『新宿スワン』は、園子温最大のヒット作ということになるのでしょうねえ。マンガが原作だけあって、彼のカラーがそんなに色濃く出ているわけではありません。いや、三池崇史が撮ったと言われれば、すんなり信じてしまいそうな、そんな作品に仕上がっておりました。園子温もメジャーな娯楽作をどんどん手掛けていって、三池さんのようになっていくのでしょうか?

351164_004

閉館前の新宿ミラノ座前や、その屋上や外階段で撮った数々のショットが、いいですねえ。ミラノ座の貴重な映像資料の一つともなりそうです。

金髪というか黄髪の綾野剛も、はっちゃけて19歳を演じてます(33歳なのに)。なかなかに「愛すべきバカ」な感じを出して、きちんと“主役”やってます。トゥーマッチな地点まで行くことによって、ムチャな役と映画を自分の方に引っ張って来ちゃってます。彼のアプローチが奏功したと言えましょう。

351164_003

ヤクザ&チンピラ役の男優陣が、揃いも揃っていい(コワイ)ツラ構えをしています(厳密にはヤクザじゃないのかも知れないけど、やってることはヤクザですもんねえ)。今、ヤクザ顔を揃えることにかけては、北野武と園子温が双璧ですね(『TOKYO TRIBE』の時にそう思いました)。 まあ層の薄い日本映画なので、そうすると『クローズZERO』や『闇金ウシジマくん』とかぶっちゃうんですけど。 山田、伊勢谷は言うに及ばず、 金子ノブアキはワルそうな顔にどんどん磨きがかかっていますし、深見元基はワイルドな凶暴さを出して、生きましたねえ。

ファンタジーとてのヤクザ映画ではありますが、『アウトレイジ』351164_005に次いでこれもヒットするってことは、日本の大衆はいつの時代もヤクザ映画を求めているんだなあと思います。いや、マジで。 これの続編も作られそうな気がしますけど、それよりも本家東映さんがそろそろ「真打登場」的なものを作ってみてはいかがなものなんでしょうか?

|

« キレイな等々力で、湘南悔しい逆転負け(および疑惑のノー・ゴール) | トップページ | 女子W杯、日本の白星スタート! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/60306242

この記事へのトラックバック一覧です: 「新宿スワン」:ヤクザ(風)ファンタジー:

» 新宿スワン〜意外に細やかな人情の機微 [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。和久井健原作、園子温監督。綾野剛、山田孝之、沢尻エリカ、金子ノブアキ、深水元基、村上淳、久保田悠来、真野恵里菜、安田顕、山田優、豊原功補、吉田鋼太郎、伊勢 ... [続きを読む]

受信: 2015年6月 8日 (月) 23時31分

» 『新宿スワン』 園子温の作品というよりは綾野剛の作品か [映画批評的妄想覚え書き/日々是口実]
 同名の漫画を原作にした園子温監督の最新作。  主演には『白ゆき姫殺人事件』『そこのみにて光輝く』で昨年度のキネマ旬報誌の主演男優賞を獲得している綾野剛。  人生の最下点にいた白鳥龍彦(綾野剛)は歌舞伎町にやってくる。帰る電車賃もない状況で、歌舞伎町は一から始めるにはぴったりのところ。チンピラに絡まれて大喧嘩をしていたところを、真虎(伊勢谷友介)という男に助けられスカウトマン...... [続きを読む]

受信: 2015年6月 9日 (火) 18時39分

» 新宿スワン [象のロケット]
帰りの電車賃もないまま新宿へやって来た青年・白鳥龍彦は、チンピラに絡まれていたところを助けてくれた男・真虎からスカウトをやらないかと誘われる。 それはクラブで働くホステスを探す仕事だった。 真虎が所属する会社バーストとライバル会社ハーレムは、一触即発の状態にあり、ハーレムのスカウトマン南秀吉は、ことあるごとに龍彦に絡んでくる。 ある日、龍彦はアゲハという風俗嬢と出会うのだが…。 歌舞伎町スカウトバトル。 ≪女をアゲて、男を上げろ。≫... [続きを読む]

受信: 2015年6月11日 (木) 01時18分

» 「新宿スワン」 [ここなつ映画レビュー]
何故こんな作品を観に行ったのか?と問われれば、山田孝之が出ているから。と、答えるほかは無い。っていうか、山田孝之が出ているから、を逃げ道にしているというか。でも他の役者さんも良かったですよ。きちんと与えられた役柄をこなしていた。関ちゃんなんか、私惚れそう。がしかし、観終わっての感想は、…頭がバカになりそう…。所詮はお山の大将争奪ごっこ。いや、お山の大将争奪ごっこというのは好きなジャンルだし、頭がバカになりそうだと思ったからといって、作品をけなしている訳では決して無い。原作なんかきっときっと好きなテイ... [続きを読む]

受信: 2015年6月12日 (金) 12時24分

» 新宿スワン [映画的・絵画的・音楽的]
 『新宿スワン』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)園子温監督の作品であり(注1)、かつまた随分と評判が良さそうなので(注2)、映画館に行ってきました。  本作(注3)の冒頭では、新宿の光景が映し出されます。  主人公の19歳の白鳥龍彦(綾野剛)が、「歌舞伎...... [続きを読む]

受信: 2015年6月12日 (金) 21時17分

» 新宿スワン [to Heart]
女をアゲて、 男を上げろ。 上映時間:2時間19分 映倫 PG12 原作 和久井健 新宿スワン』(講談社『ヤングマガジン』刊) 監督 園子温 脚本 鈴木おさむ / 水島力也 主題歌 MAN WITH A MISSION 挿入歌 UVERworld 出演 綾野剛/山田孝之/沢尻エリカ/金子ノブアキ/深水元基/...... [続きを読む]

受信: 2015年6月17日 (水) 19時05分

« キレイな等々力で、湘南悔しい逆転負け(および疑惑のノー・ゴール) | トップページ | 女子W杯、日本の白星スタート! »