« 「ジェームス・ブラウン 最高の魂(ソウル)を持つ男」:破滅しないゲス野郎 | トップページ | 「天の茶助」:なんで祭りだらけ? »

2015年6月27日 (土)

「コングレス未来学会議」:アニメがもっと革命的だったらなあ

350070_001
映画『コングレス未来学会議』は、かなり異色のSFでした。原作はあの『ソラリスの陽のもとに』(『惑星ソラリス』の原作)のスタニスワフ・レム(昔は「スタニスラフ」といったもんですが、今はこう書くんですね)だから、かなりヘヴィーに哲学的な内容かと思いましたが、けっこうライトに哲学的でした、まあ、主演がロビン・「ライト」でありますし・・・。

350070_003

でも物語の展開や細部はかなりアップデートされていて、全身や表情をスキャンされてCGキャラクターとしてこれからを生きる契約をして・・・っていうお話。いったい原作だとどうなっているのでしょうね? いずれにしても、途中からアニメの世界での物語になっていきます。大胆なことこの上ない表現ですが、観る者の幅を狭める選択とも言えるでしょう。実験的なアートフィルムとしか思えない見てくれになっていますもん。

350070_006

本作のアニメーションは今っぽい表現ではなくて(少なくとも3DCGだったりしないし)、どこか古めかしさを感じさせます。いずれにしても全編のおよそ半分ほどがアニメーション・パートになっていて、ちょっと長いんじゃないかなーって気がしないでもありません。これを成功させるためには、絵が革命的なほど魅力的だったり独創的だったりしないとね(例えば『イエロー・サブマリン』みたいに)。なんだか’6-70年代のアメリカのTVアニメ番組みたいなんだもん。

350070_002

久々にハーヴェイ・カイテルを見たような気が・・・(実際はウェス・アンダーソン作品などに出ていたようですが)。さすがに、おじいちゃんになりましたね。

作中の映画会社の名前は「ミラマウント(Miramaount)」。もちろんMiramaxとParamountの掛け合わせです。 それは「毎朝新聞」みたいなもので自然なのですけど、邦題の『コングレス未来学会議』って、どうなのよと思っちゃいます(原題は“The Congress”)。“congress”って会議のことでしょ。へんなダブりですね。

|

« 「ジェームス・ブラウン 最高の魂(ソウル)を持つ男」:破滅しないゲス野郎 | トップページ | 「天の茶助」:なんで祭りだらけ? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/60537666

この記事へのトラックバック一覧です: 「コングレス未来学会議」:アニメがもっと革命的だったらなあ:

» 映画:コングレス未来学会議 The Congress この映画のネタは超最新=オードリー・ヘップバーンのフルCG! [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
最近、SFもの映画の充実を実感している。 昨年末のぶっ飛び「インターステラー」も素晴らしかったし、最近では Ex Machina とか(別途アップ予定) 今日ご紹介するこの映画も、その驚きの文脈上にある。 実は全く予備知識なく、最近凄みが増しているロビン・ライト主...... [続きを読む]

受信: 2015年6月28日 (日) 10時15分

» コングレス未来学会議 [風情の不安多事な冒険 Part.5]
 イスラエル&独&ポーランド&仏&ベルギー&ルクセンブルク  SF&ファンタジー&ドラマ  監督:アリ・フォルマン  出演:ロビン・ライト      ハーヴェイ・ ... [続きを読む]

受信: 2015年6月28日 (日) 22時35分

» コングレス未来学会議 [佐藤秀の徒然幻視録]
ひょっとして脳内会議? 公式サイト。イスラエル=ドイツ=ポーランド=ルクセンブルク=フランス=ベルギー。英題:The Congress。スタニスワフ・レム原作、アリ・フォルマン監督。ロビ ... [続きを読む]

受信: 2015年7月 6日 (月) 23時26分

» アニメ的快楽は夢の中 [笑う社会人の生活]
29日のことですが、映画「コングレス未来学会議」を鑑賞しました。 40歳を超え旬を過ぎた女優ロビン・ライトは絶頂期の姿をスキャンしデジタルデータを映画会社が好きなように使える契約を結ぶ。 このためロビンは演技は禁止され表舞台から退いてから20年後、映画会社が...... [続きを読む]

受信: 2015年7月16日 (木) 00時02分

« 「ジェームス・ブラウン 最高の魂(ソウル)を持つ男」:破滅しないゲス野郎 | トップページ | 「天の茶助」:なんで祭りだらけ? »