« 「コングレス未来学会議」:アニメがもっと革命的だったらなあ | トップページ | 日本女子、いよいよ準決勝へ! »

2015年6月28日 (日)

「天の茶助」:なんで祭りだらけ?

351120_024
映画『天の茶助』は、SABU監督によるファンタジー。でもファンタジーの割には、バイオレントな描写があったり、人がどんどん死んだりして・・・、そういうのって結構海外の観客は戸惑ったんじゃないでしょうか(本作はベルリン映画祭出品作)。 SABUって人は、もともと生理や感性+現場経験で映画を撮っている人なので、理性、知性の部分は弱いと思っています。それが目立たない作品もあるのですが、今回は弱点になりました。

351120_019

SABUのトレードマークであるところの「疾走」は、本作でも夜のシャッターが降りた商店街の細い道を激しく走る場面で発揮されています。これは沖縄ロケが生きました。

でもその他の場面では常に商店街を沖縄の祭りが占拠していて・・・、沖縄ってこんなに年がら年中お祭りなんでしょうか? しかも、それが何かの効果を生み出すかというと、海外対策用のエキゾチシズムぐらいしか生まないので、後半になるともうしつこくて邪魔で、勘弁してくれって感じでした。

351120_020
故郷の青森弁イメージが強い松山ケンイチが土佐弁を話すところは、違和感にちょっと笑えました。 彼が超能力で病気を治し続けることで消耗してゲソッとする場面では、目の下黒くなって、ありゃ「L」ではあーりませんか。

マンガ実写版つながりで言えば、伊勢谷友介が元ボクサーって・・・、力石だったわけですね。道理でケンカ場面でのパンチがシャープです。

一方名前も地味なら顔も地味な大野いとは、やはり最後まで地味でした。主役級でここまで素人っぽい女優さんも珍しいですね(彼女も実写版『愛と誠』に出ていたというつながりも)。

351120_001

(以降ネタバレあり) クライマックスで大野いとの声が出るようになっても、ただ唐突かつありがちで、感動には結びつかないんですよねー。その後の甘々な展開も、相当に腰砕けな印象でしたし。 うーん、SABU×マツケンの前作『うさぎドロップ』は意外や成功作で大江戸も大好きなのですが、今回はいろんなさじ加減がうまくいかなかったみたいです。

|

« 「コングレス未来学会議」:アニメがもっと革命的だったらなあ | トップページ | 日本女子、いよいよ準決勝へ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/60548421

この記事へのトラックバック一覧です: 「天の茶助」:なんで祭りだらけ?:

» 天の茶助 [象のロケット]
天界の大広間では、数え切れぬほど多くの脚本家たちが白装束で巻紙に向かい、下界で暮らす人間たちの人生の「シナリオ」を書いている。 茶番等の青年・茶助は、茶を配りながらシナリオを垣間見ていた。 ある時、茶助が心を寄せていた女性ユリが死ぬことになってしまう。 ユリを救うため下界へ降りた茶助は、沖縄の商店街にたどり着くが…。 ファンタジック・コメディ。 ≪運命を、書き直す。≫... [続きを読む]

受信: 2015年6月30日 (火) 15時54分

» 天の茶助 ★★★ [パピとママ映画のblog]
『蟹工船』、『Miss ZOMBIE』などのSABU監督が、処女小説を自ら映画化したラブストーリー。脚本家たちが地上で生活している人間の“人生のシナリオ”を執筆している天界で、お茶くみ担当が地上の女性に恋するも、死ぬ運命にあることを知って地上に降り立ち、彼女を救うため...... [続きを読む]

受信: 2015年7月 2日 (木) 12時43分

» 天の茶助 [単館系映画と舞台]
天の茶助 MOVIXさいたま 2015/6/27公開大勢の脚本家たちが、地上に住む人々の“人生のシナリオ”を書いている天界。そこでお茶くみをしている茶助(松山ケンイチ)は、ある脚本家が担当 ... [続きを読む]

受信: 2015年7月 2日 (木) 23時00分

» 『天の茶助』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「天の茶助」□監督・脚本・原作 SABU□キャスト 松山ケンイチ、大野いと、大杉 漣、伊勢谷友介、田口浩正、寺島 進■鑑賞日 7月1日(水)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想> 地上に生きる人間たちの人...... [続きを読む]

受信: 2015年7月21日 (火) 10時29分

« 「コングレス未来学会議」:アニメがもっと革命的だったらなあ | トップページ | 日本女子、いよいよ準決勝へ! »