« 「きみはいい子」:もっと寛容なゆるさを!  | トップページ | 「フレンチアルプスで起きたこと」:山岳映画ではありません »

2015年7月22日 (水)

「オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分」:運転席での地獄巡り

352586_001
映画『オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分』の原題は“Locke”。主人公の名前がアイヴァン・ロックなので、そのLockeです。本作は恵比寿ガーデンシネマ改めYEBISU GARDEN CINEMAの都内単館公開ですが、似たような題名の『その土曜日、7時58分』も恵比寿ガーデンシネマの公開作でした。

352586_009

自動車の中での2時間少々を、主人公と数人の相手の交わす電話の会話だけでもたせるというアイディアの映画。登場人物一人です(声の出演は多いのですが)! 演劇には一人芝居というジャンルがありますが、映画ではちょっとお目にかかれません。

タイトルには「偽りあり」で、物語内の時間は86分ではありません(前記の通り2時間少々。もしかして3時間ぐらい?)。冒頭ではサッカーの試合が始まる前、終盤では試合が終わってますので、それだけで2時間程たっているはずですから。86分ってのは本作の上映時間なのですが、それをタイトルにって、そんなのアリ?

352586_002
とにかく最初から最後まで、観ていることが辛く苦しい映画です。一人しか出ていないので、感情移入せざるを得ないこの主人公が陥っているドツボの状況が、時間の経過とともに更に更に悪化して行って、しかも電話を切るたびに「一難去ってまた一難」的に次のトラブルがやってくるという、動かない「地獄巡り」状態なのです。仕事トラブルと、愛人の出産トラブルと、それによる女房トラブルが、かわるがわるの波状攻撃で襲ってきて、しかも運転しながらの電話だけという状況なので、これ心の弱い人だったら発狂しますよ。短い映画なのに、どっと疲れます。

352586_007

トム・ハーディは、この全編一人芝居を見事にこなしました。まあ、自業自得的だとはいえ、もともと最高の仕事人(建築、特にセメントのプロ)であり、よき父親であることが観客にも示されます。それなのに、たった2時間程の間に全てを失った(かのような)彼を観続けてきた我々は、その「人生の落とし穴」の辛さ、残酷さに呆然とするしかないのです。

終盤、息子が電話をかけて来て、父親も応援しているサッカーチームの試合の決勝ゴールの模様を、事細かに語ってくれるところ、そして録画してあるから「まだ試合結果を知らないつもりで一緒に見よう」って言うあたり、主人公ならずとも泣けてきますね。このサッカーの使い方が、まさにイギリス(イングランド)なのであります。

|

« 「きみはいい子」:もっと寛容なゆるさを!  | トップページ | 「フレンチアルプスで起きたこと」:山岳映画ではありません »

コメント

>冒頭ではサッカーの試合が始まる前、終盤では試合が終わってますので、それだけで2時間程たっているはずですから。

あっ…言われてみればそうですね。
病院に向かう時「1時間半くらいで着く」と言っていたので(実際は着きませんでしたが)、そこはあんまり違和感ありませんでした…(^-^;

投稿: りお | 2015年7月25日 (土) 13時56分

りおさん、どうも。
ふふふ、そうなんです。サッカー・ファンとしては、即座に気づいてしまうのです。

投稿: 大江戸時夫 | 2015年7月25日 (土) 22時50分

こんばんは。
この映画、公式HPでもいろんな宣材でも、リアルタイム展開だと宣伝してますね。私もそのつもりで見てました。監督自身もリアルタイムを強調してますし。
でも大江戸さんおっしゃる通り、サッカー試合時間考えたら、これ2時間くらいのお話なんでしょうね。
で、私の推論ですが、当初の脚本では2時間リアルタイムの物語として書かれたんだと思います。が、編集してみると、特に前半が間延びしてテンポが緩いと気がついて、無駄なシーンをカットして縮めたのではないでしょうか。
まあ、気分的には、リアルタイムだ、と思って見る方が楽しめると思います。映画史的にもヒッチコック「ロープ」、ロバート・ワイズ「罠」、ジンネマン「真昼の決闘」とかリアルタイムものに異色作、秀作が多いですからね。

投稿: Kei | 2015年7月26日 (日) 23時21分

Keiさん、むむむ、なるほど。そういうこともあるのかも知れませんね。小生が1ヶ所「あ、ここは時間がジャンプした」と感じたのは、セメント部隊の若いのが走って(作業員を確保しに)酒場へ急行するところ。当初話していた時間よりもやけにあっさりと到着したのでありました。

投稿: 大江戸時夫 | 2015年7月26日 (日) 23時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/60851015

この記事へのトラックバック一覧です: 「オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分」:運転席での地獄巡り:

» オンザハイウェイ [シネマ日記]
「チャイルド44」と同じ日に見ました。偶然主演がどちらもトムハーディ。こちらは2013年の作品なので「マッドマックス」でトムハーディが日本でも広く認識されたと踏んでの公開なのかな。ワタクシは「ダークナイトライジング」でトムハーディを認識したので、それ以前の出...... [続きを読む]

受信: 2015年7月24日 (金) 13時40分

» オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分 [象のロケット]
多国籍の大手建設会社で現場監督をしているアイヴァン・ロックは、翌朝早くに55階建の超高層ビルの工事現場へ行き、200台以上のトラックが運んできたコンクリートを型枠に流し込む、大規模な作業を控えていた。 その夜は妻子と共に自宅でサッカーを観戦する予定だったが、思いがけない電話がかかってきて、彼はイングランド北部の工事現場から遠く離れたロンドンへと車を走らせる…。 サスペンス・ドラマ。... [続きを読む]

受信: 2015年7月25日 (土) 00時28分

» オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分 [映画三昧、活字中毒]
■ YEBISU GARDEN CINEMA with UNITED CINEMASにて鑑賞オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分/LOCKE 2013年/イギリス、アメリカ/86分 監督: スティーヴン・ナイト 出演: トム・ハーディ 声の出演: オリヴィア・コールマン/ルース・ウィルソン/アンドリュー・スコット/ベン・ダニエルズ 公式サイト 公開: 2015年06月27日 建...... [続きを読む]

受信: 2015年7月25日 (土) 13時54分

» 「オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分」 [お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 ]
2013年/イギリス・アメリカ合作 配給:アルバトロス・フィルム 原題:Locke 監督:スティーブン・ナイト脚本:スティーブン・ナイト製作:ポール・ウェブスター、ガイ・ヒーリー 画面に映るのは主人公... [続きを読む]

受信: 2015年7月25日 (土) 23時20分

« 「きみはいい子」:もっと寛容なゆるさを!  | トップページ | 「フレンチアルプスで起きたこと」:山岳映画ではありません »