« 佐々木ジャパンの準優勝はやはり偉業だ | トップページ | 「靴職人と魔法のミシン」:大ボラをリアルに見せる魔法が足りない »

2015年7月 7日 (火)

川崎、ドルトムントに0-6完敗

川崎フロンターレvs.ボルシア・ドルトムントの親善試合@等々力競技場 をTV観戦しました。0-6でドルトムントの圧勝。まともな試合になりませんでした。ドルトムントはシーズン前の調整期間で、時差ボケもある状態。川崎は(2ステージ制とはいえ)シーズンまっただ中で、かつ休養も十分のホーム。それで、この差(解説のセルジオ越後さんによると「点差以上の差があった」)なのですから、等々力に詰めかけたサポーターたちもさぞや辛かったことでしょう。せめて1点でも取ってくれたら、ってところですね(小林悠がネットを揺らしましたが、あれは完全なオフサイドでした)。

風間監督も土曜日のJリーグ第2ステージ開幕戦を気にしてか、憲剛を前半温存するし、大久保、大島、谷口あたりも早めに下げちゃうし。せめて終盤に大久保が残っていたら、1点ぐらい取れたんじゃないかと思っちゃいますよね。

香川真司の2得点は、まあチームメイトのおぜん立てもありましたが、めでたしめでたしですね。セレッソから期限付き移籍中という丸岡満(19歳)もただ一人フル出場で、1得点をあげ、大きなアピールとなりました。

そもそも横パスをつなぐことが多いフロンターレのサッカーって、ドルトムントみたいなチームには弱くって、しかも世界のドルトムントがまともなメンバーで闘っているわけですからねえ。川崎のパスは寸断され、良さをほとんど出せませんでした。出てる間の大久保もほとんど良い仕事をできませんでしたし。レナトの個人技だけが目立ってましたね。

(川崎が)球際にぜんぜん詰めないあたりを見ていて、縦パスや裏に抜ける動きの無さを見ていて、DFがボールを前へ運べないあたりを見ていて、本気で「これならベルマーレがやった方が、ぜんぜん勝負になったじゃん」と思いました。 そういう海外ビッグクラブとの試合を将来組むためにも、「J1上位定着」と「BMWスタジアム拡大改修(または新築)」を是非早期に成し遂げてほしいものです。

|

« 佐々木ジャパンの準優勝はやはり偉業だ | トップページ | 「靴職人と魔法のミシン」:大ボラをリアルに見せる魔法が足りない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/60656807

この記事へのトラックバック一覧です: 川崎、ドルトムントに0-6完敗:

» ドルトムント対川崎フロンターレプレシーズンマッチと7月7日のプロ野球の件 [ポロと旅する&あさちゃん。スポーツ3]
昨日は午後7時少し過ぎに帰宅。 ssasachan / スーパーサウスポーあさちゃん。だだいマートンからのライアンキャッチャーのミットだけ見て投げろ!バッターの面は見るな! atnbsp;07/07 19:25ssasachan / スーパーサウスポーあさちゃん。阿部空振り三振!小川ナイス…... [続きを読む]

受信: 2015年7月 8日 (水) 06時09分

« 佐々木ジャパンの準優勝はやはり偉業だ | トップページ | 「靴職人と魔法のミシン」:大ボラをリアルに見せる魔法が足りない »