« 「ライアンの娘」:これぞ映画!の香気と感銘 | トップページ | 川崎、ドルトムントに0-6完敗 »

2015年7月 6日 (月)

佐々木ジャパンの準優勝はやはり偉業だ

FIFA女子ワールドカップ決勝戦、大方の予想通りというか実力通りというか、アメリカの優勝となりました。それにしても、前半16分までに4失点というのは、誰も予想できなかった悲惨な展開でした。昨年の男子W杯ドイツ戦におけるブラジルの悲劇が頭をかすめましたね。こういうことというのは、「起きてしまう」ものなんですねえ。 アメリカは試合の入り方、大成功でした。日本がまだ様子を見ている段階で、あの強いチームがいきなりトップギアでガンガン来ましたから。日本は受けに回ってしまいました、というか回らざるを得なかった。CKの低いボールとか、ロイドの大外からの走り込みとか、見事な戦法を用意して、見事に決めて来ました。3点目のクリアミスを見逃さないシュートも、4点目の前に出ていたGKを見逃さない超ロングシュートも、さすがです。自分たちの攻撃をしっかりと決め、相手のミスを逃さず点に結びつける・・・本当に今のアメリカって、最強です。

けれど、前半27分に大儀見が1点取り、33分に澤を投入して以降って、ちゃんと試合らしくなっていたじゃないですか。16分までの間の時間帯が無ければ、2-1で勝ってるじゃないですか。いっそ、ボウリングのゲーム前の練習投球みたいに「最初の15分は練習だからナシ」にすれば、2-2だったじゃないですか。とか、たわごとの一つも言いたくなります。でも確かに阪口、宇津木を入れた最終ラインは対人の強さを増して安定したし、前の方も、それぞれの仕事をして、特に後半の岩渕投入以降は、アメリカを上回る攻撃を見せていましたもん。もう1点取りたかった、取って欲しかったところです。それでもアメリカから複数得点したというのは、誇れることです。

大会を通してキャプテン宮間あやの調子が素晴らしく良かったです。ほぼ絶対ボールを奪われない技術と自信、動きながらでも止めても、最善の所にボールを蹴れる技術とクレバーさ。特にセットプレイにおけるキックの精度の見事さ。そしてキャプテンシー。前回大会やオリンピック、その他の大会でもここまで絶好調なことはありませんでした。「最優秀選手ブロンズ(3番目)」の獲得も当然でしょう。

とにかく2大会連続で決勝まで来たことが、既にして偉業だと思っていました。数か月前のアルガルベ杯では9位だったわけですし。2011年ドイツ大会での日本は、4勝1敗1分け(決勝のアメリカ戦PK勝ちは、記録上は引き分け)。で、今回大会は(決勝までの道が)1試合多くなったので、6勝1敗。ね、褒めてあげるべき成績でしょ。男子はベスト16が最高位なんですから。 それにしても今回のこのチームは、延長戦が無かったなー。

来年のオリンピックまでは、このチームで行けると思います。しかし問題はその後。高齢化も進んでいる中で、これまではレギュラーを脅かすほどの成長が無かった若手との円滑な融合、世代交代がどうなるなのか? 佐々木監督の今後の進退は? 鮫島の結婚相手はどんな男なのか? いろいろ気になる「佐々木ジャパン」からは、今後も目が離せません。

|

« 「ライアンの娘」:これぞ映画!の香気と感銘 | トップページ | 川崎、ドルトムントに0-6完敗 »

コメント

>「最初の15分は練習だからナシ」、笑えます。
世界各地で様々なローカルルールができてFIFA大混乱。
アラブなんか王様が試合途中で時間を変えちゃたりして。
あ、今、日本にもいますね、変な王様。くわばらくわばら。

投稿: risi@いけばな | 2015年7月 7日 (火) 07時39分

確かに! 冗談レベルの無茶を、マジにゴリ押ししてきますからね。 レッドカードものです。

投稿: 大江戸時夫 | 2015年7月 7日 (火) 08時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/60644646

この記事へのトラックバック一覧です: 佐々木ジャパンの準優勝はやはり偉業だ:

» 前日のエントリーで書ききれなかった女子サッカーW杯決勝の件の追記を前振りに、7月5日のハマスタ→湘南ひらつか七夕祭りの続き【その2 湘南ひらつか七夕祭り】 [ポロと旅する&あさちゃん。スポーツ3]
前日のエントリーでは、結果とひとこと所感だけにした女子サッカーW杯決勝戦の件。 これがなでしこJAPANだ!絶望的4失点でも折れることなく、世界二の美しい花を咲かせたワールドカップ準優勝の巻。(フモフモコラム) 佐々木ジャパンの準優勝はやはり偉業だ(大江戸時夫…... [続きを読む]

受信: 2015年7月 7日 (火) 06時36分

» なでしこ連覇逃す、7戦目で初黒星 米国が女王 サッカー女子W杯 [ネット社会、その光と影を追うー]
サッカーの第7回女子ワールドカップ(W杯)カナダ大会は5日( [続きを読む]

受信: 2015年7月 7日 (火) 18時41分

» 日本2−5アメリカ〜女子サッカー、完敗〜 [虎哲徒然日記]
 【バンクーバー共同】サッカーの女子ワールドカップ(W杯)カナダ大会最終日は5日、バンクーバーで決勝が行われ、日本は米国に2―5で完敗し、2連覇を逃した。米国は4大会 ... [続きを読む]

受信: 2015年7月 7日 (火) 18時56分

» 日本2−5アメリカ@バンクーバー〜日本、連覇ならず〜 [KAMMY'S HOMEPAGE 写真館(livedoor移行中)]
 FIFAサッカー女子W杯、決勝。  思えば、4年前の決勝は、海の日で祝日だったので(当時その時点でぷーだったこともあるが)余裕で見ることができた。 ◎一次ラウンド 日 ...... [続きを読む]

受信: 2015年7月 7日 (火) 22時17分

» なでしこジャパン連覇ならずも立派な準優勝 [FREE TIME]
サッカー女子ワールドカップカナダ大会。 日本は決勝戦でアメリカに2-5で敗れ準優勝。 前回大会に続いての連覇の夢はなりませんでしたが、それでも立派な準優勝です。 [続きを読む]

受信: 2015年7月 8日 (水) 06時04分

» なでしこジャパン女子カナダW杯決勝アメリカの本気を出したパワーとスピードの前に完膚なきまでに屈し準優勝に終わったが2大会連続決勝進出という快挙は変わらない [オールマイティにコメンテート]
6日サッカー女子カナダW杯決勝日本対アメリカ戦がバンクーバーで行われ、2対5でアメリカが前半15分で4ゴールを決めてなでしこの反撃を2点に抑えて優勝を決めた。試合は前 ... [続きを読む]

受信: 2015年7月 8日 (水) 23時44分

« 「ライアンの娘」:これぞ映画!の香気と感銘 | トップページ | 川崎、ドルトムントに0-6完敗 »