« 新国立競技場の叩かれ方に思うこと | トップページ | 400000 »

2015年7月18日 (土)

「バケモノの子」:見事な渋谷映画

351372_002
映画『バケモノの子』は、3年ごとの夏に規則正しく公開する細田守監督作品。そして常にベストテン級の上質な作品を提供してくれるのも、細田さんならでは。今回もお見事でした。あー、面白かった。 でも「ジブリのないない夏」にこれがあって、まずは良かったけれど、来年の夏はいったいどうなるんでしょうねえ。

351372_007

人間の小さな子と、バケモノ(動物?)の親と来れば、誰だって前作『おおかみこどもの雨と雪』を思い出します(宮﨑あおいの声も相まって)。でもこちらはできるだけ快活な「男の世界」に寄せて作っています。ユーモアの豊かさと、スタジアムや渋谷、明治神宮前あたりのバトルシーンに代表されるアクションの豊かさ。まあ、ユーモアとアクションの源泉は「熊徹」であり、役所広司さんの声はそれを支えてお手柄なのです。

351372_003

それにしても渋谷の街の描写や切り取り方が素晴らしくって、これは拍手喝采ものでしょう。センター街(バスケットボール・ストリート)でのバトル場面なんて、実写じゃできないことをよくぞやってくれたって感じですし、山手線のガードが炎上するあたりも、かなりインパクトの強い絵です。丹下健三による国立競技場第1体育館も印象的に使われていて、建築後半世紀を経て古びないこのチャレンジングなモニュメント(アーチで吊る方式)に、ザハ・ハディドの新国立競技場が幻と消えそうなことを無念に思ったりした大江戸なのでありました。

351372_005
なぜか「白鯨」なのですが、あの鯨の影がスクランブル交差点に進んできた時の大もとは、109横の鯨料理店なのではないのかしらん?などと妄想してしまいました。

三千里薬品および甘栗屋をああいう形で使ったことにも、ちょっとニンマリなのでした。

細田監督の次回作は、2018年の夏なのかなあ。

|

« 新国立競技場の叩かれ方に思うこと | トップページ | 400000 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/60794583

この記事へのトラックバック一覧です: 「バケモノの子」:見事な渋谷映画:

» 劇場鑑賞「バケモノの子」 [日々“是”精進! ver.F]
意味は、自分で見つける… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201507110000/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】バケモノの子 オリジナル・サウンドトラック [ 高木正勝 ]価格:2,700円(税込、送料込) 【楽天ブックスならいつでも送料無料】バケモノの子(1) [ ...... [続きを読む]

受信: 2015年7月19日 (日) 05時21分

» バケモノの子/役所広司、宮崎あおい [カノンな日々]
大好きな細田守監督の最新作。観に行く理由はそれだけで十分。イヤ理由すら要らないのかも。 声の出演はその他に、染谷将太、広瀬すず、山路和弘、宮野真守、山口勝平、長塚圭史 ... [続きを読む]

受信: 2015年7月19日 (日) 08時42分

» 『バケモノの子』の正体 [映画のブログ]
 【ネタバレ注意】  主人公のバケモノに熊徹と名づけて熊だと思わせ、相棒が猿、僧侶が豚とは、細田守監督はフェイントが巧い。  細田監督の発想はストレートだ。子供の成長に合わせてアニメーションを作った宮崎駿監督以上に判りやすい。  結婚して親戚が増えると、親戚が集まる『サマーウォーズ』を作り、出産・子育てする人を目の当たりにすると『おおかみこどもの雨と雪』を作り、自分が子供を育て...... [続きを読む]

受信: 2015年7月19日 (日) 10時22分

» バケモノの子〜楓=一郎彦? [佐藤秀の徒然幻視録]
ネバーエンディング・ストーリーと何気に似ている 公式サイト。細田守監督。(声)役所広司、宮崎あおい、染谷将太、広瀬すず、大泉洋、リリー・フランキー、津川雅彦、山路和弘 ... [続きを読む]

受信: 2015年7月19日 (日) 22時44分

» バケモノの子 [象のロケット]
この世界には、人間界【渋谷】とバケモノ界【渋天街(じゅうてんがい)】という、交わるはずのない2つの世界があった。 ある日、人間の少年がバケモノの世界に迷い込んだ。 彼は、バケモノ・熊徹(くまてつ)の弟子となり、九太(きゅうた)という名前を授けられる。 熊徹の真似をすることで、次第に強くなっていく九太。 ところが、偶然【渋谷】へ戻ってしまった九太は、楓という女子高生と出会う…。 アニメーション。... [続きを読む]

受信: 2015年7月20日 (月) 11時41分

» 映画『バケモノの子』★ケダモノと人間ダモノ~壮大なリアル・ファンタジーwith鯨 [**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**]
作品について  http://cinema.pia.co.jp/title/166830/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。 ひょんなことから、バケモノ熊徹の弟子になった人間の子:蓮(九太)の 9年間の成長物語になりますが 熊徹と九太の師弟関係――のみならず バケモノ界、人間界それぞれ、あるいは両者を巻き込んでの 内面的にも、アクション的にも、壮大なストーリー..... [続きを読む]

受信: 2015年7月20日 (月) 16時05分

» バケモノの子 [とりあえず、コメントです]
『おおかみこどもの雨と雪』の細田守監督がバケモノ界の“渋天街”を舞台に創り上げた新作アニメです。 予告編を観た時から、荒々しいバケモノと人間の子供が出会ってどうなるのだろうと楽しみにしていました。 このキャラクターで泣かされるとは…と思わずほろりとさせられてしまうような展開が待っていました~ ... [続きを読む]

受信: 2015年7月21日 (火) 00時17分

» バケモノの子 試写会TOHOシネマズくずはモールにて。 [ペパーミントの魔術師]
パスポート期間中なんですが、試写会あたりました。イェ〜イ!!!!! 7月2日にくずはで見てまいりました〜(^-^)/ 渋谷の街とバケモノたちが住まう「渋天街(じゅうてんがい)」という2つの世界を交錯させながら、 バケモノと少年の奇妙な師弟関係や親子の絆を描く...... [続きを読む]

受信: 2015年7月22日 (水) 09時26分

» バケモノの子 [映画好きパパの鑑賞日記]
 細田守監督の近作2本は、主人公周辺の自分たちだけが特別偉い感がしてあまり好きでなかったのだけど、本作は素直に面白かった。ただ、「ラブ&ピース」でも思ったけど、町が壊れているのにわざわざ「死者はいません」というセリフをいれるのって、はやっているんですか…... [続きを読む]

受信: 2015年7月23日 (木) 06時50分

» バケモノの子 [タケヤと愉快な仲間達]
監督:細田守 声の出演:役所広司(熊徹)、宮崎あおい(九太(少年期))、染谷将太(九太(青年期))、広瀬すず(楓)、山路和弘(猪王山)、宮野真守(一郎彦(青年期))、山口勝平(二郎丸(青年期))、長塚圭史(九太の父)、麻生久美子(九太の母)、黒木華(一...... [続きを読む]

受信: 2015年7月25日 (土) 13時08分

» [映画][☆☆☆★★]「バケモノの子」感想 [流浪の狂人ブログ〜旅路より〜]
 「サマーウォーズ」「おおかみこどもの雨と雪」の細田守監督最新作は、ひとりぼっちの少年・九太と、暴れん坊のバケモノ・熊徹との、奇妙な師弟関係と絆を描く新冒険活劇。 良い点、悪い点ともに細田監督らしい内容。意見が両極端に分かれる前作同様、本作もまた絶賛と酷... [続きを読む]

受信: 2015年7月27日 (月) 18時52分

» 『バケモノの子』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「バケモノの子」□監督・脚本 細田 守□キャスト(声の出演) 役所広司、宮?あおい、染谷将太、広瀬すず■鑑賞日 7月17日(金)■劇場  TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)<感想> 細田監督が『おおかみ...... [続きを読む]

受信: 2015年7月29日 (水) 21時37分

» バケモノの子  監督/細田 守 [西京極 紫の館]
【声の出演】  役所 広司 (熊徹)  宮崎 あおい(九太-少年期-)  染谷 将太 (九太-青年期-)  広瀬 すず (楓)  大泉 洋  (多々良)  リリー・フランキー(百秋坊) 【ストーリー】 人間界「渋谷」とバケモノ界「渋天街」は、交わることのない二つの世...... [続きを読む]

受信: 2015年7月30日 (木) 00時46分

» バケモノの子 [だらだら無気力ブログ!]
細田監督の作品だから入道雲のシーン、出てくるだろうなぁと思ってたら、ちゃんと出て来たな。 [続きを読む]

受信: 2015年7月31日 (金) 20時16分

» バケモノの子 [映画的・絵画的・音楽的]
 『バケモノの子』をTOHOシネマズ渋谷で見てきました。 (1)細田守監督による『サマーウォーズ』が面白かったので、映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、暗い画面に炎などが見える中、「昔、ほんのすこし前の出来事。10万のバケモノを束ねる宗師の卯月が...... [続きを読む]

受信: 2015年7月31日 (金) 22時02分

« 新国立競技場の叩かれ方に思うこと | トップページ | 400000 »