« 渋谷のタコベルにようやく入る | トップページ | 松屋銀座の「スポコン展!」 »

2015年8月26日 (水)

「『Dearダニー 君へのうた」:パチーノ75歳の若々しい魅力

352850_007
映画『Dearダニー 君へのうた』を試写会で観ました。なかなかウェルメイドなドラマでした。最近はVFXだらけの派手なアクションが多くのスクリーンを独占するので、こういう’70年代、’80年代的な正統派ドラマって少なくなりましたから、たまにこういうの観ると、「ああ、こういうのが本来の映画(ドラマ)だよなあ」とホッとします。

352850_001

久々にお目にかかったアル・パチーノが、いやーいいんです。大物ロック・スターの貫録を漂わせながら、見事に役者の魅力を発散させて・・・これだけ素晴らしいパチーノって、それこそオスカー受賞作の『セント・オブ・ウーマン 夢の香り』('92)あたりまで遡るんじゃないでしょうか? パチーノ、1940年生まれで、今年75歳なんですって!! (いくらロック・スターの役とは言え)若過ぎます! 腹が出たとはいえ、現役感たっぷりに、かっけーですもん。

352850_005
メガネのアネット・ベニングもなかなかチャーミングでした。クリストファー・プラマーらも含め、役者の芝居できっちり見せていきます&役者の魅力をしっかり見せていきます。 もちろんその根底にはしっかりした脚本とよく練り込まれたダイアローグがあり、演出も的確です。散りばめられたユーモアの数々に、クスクスにんまりとしてしまいます。こういうハリウッドの職人的映画作りの伝統は、絶やしてはなりませんね。 でも後半ちょっと失速しました。そこは残念。

352850_002

ジョン・レノンの曲を使いながらも、それがあまり有効に機能しなかった気もします。かなり短い断片で使われた曲も多かったし。 それと物語の重要なキーとなった主人公の新曲は、終盤に一度ステージでちゃんと聴かせてくれないと。ラストにそういうヤマ場が欲しかったです。

|

« 渋谷のタコベルにようやく入る | トップページ | 松屋銀座の「スポコン展!」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/61340246

この記事へのトラックバック一覧です: 「『Dearダニー 君へのうた」:パチーノ75歳の若々しい魅力:

» Dearダニー 君へのうた [to Heart]
DANNY COLLINS 上映時間 107分 脚本:監督 ダン・フォーゲルマン 出演 アル・パチーノ/アネット・ベニング/ジェニファー・ガーナー/ボビー・カナヴェイル/ジョシュ・ペック/メリッサ・ブノワ/クリストファー・プラマー 脚本家ダン・フォーゲルマンが、ジョン・レノンが...... [続きを読む]

受信: 2015年9月24日 (木) 00時12分

« 渋谷のタコベルにようやく入る | トップページ | 松屋銀座の「スポコン展!」 »