« 「ラブ&マーシー 終わらないメロディー」:さても面妖な不協和音なり | トップページ | 東スポの「屋久島にカッパ!!」 »

2015年8月20日 (木)

もう一つの芥川賞『スクラップ・アンド・ビルド』を読みました

『文藝春秋』9月号に掲載されたもう1本の芥川賞受賞作『スクラップ・アンド・ビルド』羽田圭介を読みました。 ちなみに『火花』についてはこちら↓

http://oedo-tokio.cocolog-nifty.com/blog/2015/08/post-be83.html

飾り気のないストレートな筆致でぐいぐい描く介護小説(とばかりも言えませんが)。確かに面白く、少なくとも同じ芥川賞受賞作『介護入門』モブノリオ よりも格段面白いと思いました(正統派なので、新奇さはありませんが)。そういえば、モブノリオってほとんど一発屋でしたよね、今何やってるんでしょうか。

ただ、篇中の結構大きな謎を回収せずに読者の解釈に委ねている(ように思われる)ので、そこが大江戸にとっては不満です。そこはもう少し親切でもいいんじゃないかなあ(それとも暗示してあるものを読み取れない大江戸がバカなのか)。

いずれにしても、問題性と普遍性を併せ持つ佳作だと思います。 でもどっちかと問われれば、小生は『火花』の哀感の方が好きですねえ。

|

« 「ラブ&マーシー 終わらないメロディー」:さても面妖な不協和音なり | トップページ | 東スポの「屋久島にカッパ!!」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/61257239

この記事へのトラックバック一覧です: もう一つの芥川賞『スクラップ・アンド・ビルド』を読みました:

« 「ラブ&マーシー 終わらないメロディー」:さても面妖な不協和音なり | トップページ | 東スポの「屋久島にカッパ!!」 »