« 「この国の空」:戦時下の市井の人々と暮らし | トップページ | もう一つの芥川賞『スクラップ・アンド・ビルド』を読みました »

2015年8月19日 (水)

「ラブ&マーシー 終わらないメロディー」:さても面妖な不協和音なり

352136_008
映画『ラブ&マーシー 終わらないメロディー』は明るく楽しいビーチボーイズ映画にあらず。ブライアン・ウィルソンの精神的クライシスとブレイクダウン、及び父親や精神科医との葛藤を描く苦渋に満ちた作品です。その「ポピュラリティー」の期待を裏切る只ならなさは、映画における『ペット・サウンズ』的な位置を示しているのかも知れません。とにかく面妖な映画です。誰をターゲットに作っているのかと思ってしまいます。

352136_007

大江戸はこの映画とは関係なしに、今春『ペット・サウンズ』のCDを購入して、結構聴き込んでいたのです。天啓ですね。確かに1,2回聴いた時点では「なんだ、こりゃ?」だったのですが、聴き込むうちにその凄さにひれ伏したくなる特異なトータル・アルバムです。 その制作背景や録音スタジオのシーンなどもあり、かなり楽しめました。

352136_001
ただ普通のミュージシャン伝記映画と違って、彼の音楽やアーティストとしての業績よりも、その精神世界の苦悩や難渋、そして中年になってボロボロだった彼の恋愛及び魂の煉獄からの脱出みたいなものに力点が置かれています。多くの観客にとって、不満の残る映画だったに違いありません。不協和音に満ちた作品とも言えますもんね。

352136_004

でもこの面妖さの中に、ビル・ポーラッド監督の只ならぬ才能と、相当変わった個性が感じられて、面白かったなあ。製作兼監督だから、こんな変なもん作っても誰も止めなかったんでしょうけど、はっきり言ってどこか(そこはかとなく)異常です。

そんな異常な試みに加担(?)したポール・ダノ、ジョン・キューザック、ポール・ジアマッティも異常性にかけては人後に落ちない役者たちなので、見事にハマりました。中でもジアマッティは、陰湿な狂気を感じさせる悪辣さの表現において、助演賞ものの見事さでした。

|

« 「この国の空」:戦時下の市井の人々と暮らし | トップページ | もう一つの芥川賞『スクラップ・アンド・ビルド』を読みました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/61244030

この記事へのトラックバック一覧です: 「ラブ&マーシー 終わらないメロディー」:さても面妖な不協和音なり:

» 『ラブ&マーシー 終わらないメロディー(LOVE [映画雑記・COLOR of CINEMA]
『ラブ&マーシー 終わらないメロディー』LOVE MERCY監督・製作:ビル・ポーラッド音楽:アッティカス・ロス出演 : ポール・ダノ、ジョン・キューザックエリザベス・バンクス、ポール・ジアマッティ物... [続きを読む]

受信: 2015年8月20日 (木) 01時12分

» ラブ&マーシー 終わらないメロディー [象のロケット]
1960年代、カリフォルニア。 ロックバンド“ザ・ビーチ・ボーイズ”は人気の頂点にいた。 ところが、ツアーにも参加せずスタジオで曲作りに専念するブライアンは、新作へのプレッシャーからドラッグに溺れるようになってしまう。 …それから20余年、彼は車のセールスレディ、メリンダと出会い、徐々に心を開き始める。 しかし二人の交際には、常に精神科医ユージンの眼が光っていた…。 ブライアン・ウィルソンの半生。... [続きを読む]

受信: 2015年8月20日 (木) 08時59分

» ラブ&マーシー 終わらないメロディー/LOVE MERCY [我想一個人映画美的女人blog]
夏が近づくと必ず聴きたくなる曲がある。 それは伝説的バンド[ザ・ビーチ・ボーイズ]の数々の名曲たち ビーチボーイズの音楽的側面を一人で担ってたとも言える天才ミュージシャン、 ブライアン・ウィルソンの波瀾万丈の音楽人生を映画化 名盤「ペット・サウンズ」...... [続きを読む]

受信: 2015年8月20日 (木) 11時29分

» ラブ&マーシー 終わらないメロディー [とりあえず、コメントです]
1960年代に世界中を熱狂させたザ・ビーチ・ボーイズのブライアン・ウィルソンの半生を描いたドラマです。 有名な曲しか知らないくらいだったのですけど、どんな人生を送った人なのか気になっていました。 想像以上に大変で苦しい時期を乗り越えた主人公の姿に、ほっとするような物語が描かれていました。 ... [続きを読む]

受信: 2015年9月 6日 (日) 21時41分

« 「この国の空」:戦時下の市井の人々と暮らし | トップページ | もう一つの芥川賞『スクラップ・アンド・ビルド』を読みました »