« 「ジュラシック・ワールド」:ライド感覚で楽しめます | トップページ | 「ターミネーター 新起動 ジェニシス」:エミリア・クラークがかわいい »

2015年8月 9日 (日)

日本、東アジア杯は勝ち無しで最下位

サッカー東アジアカップ、日本男子代表の最終戦も(女子同様に)開催国の中国が相手。結果は1-1のドローで、日本は4カ国中最下位(1敗2分け)となってしまいました。なんてこった。

勝てる試合でした。相手のロングボール中心の攻撃を、ほぼ問題なく抑え込めていましたし、審判も変な笛は吹かなかったし。

日本の得点シーンは槙野→米倉→武藤の素早い連動が結実した見事なゴール。これぞ「縦に速いサッカー」って感じでした。1試合目に続いてゴールを決めたレッズの武藤も大したものですが、この試合左SBで初キャップとなった米倉(ガンバ)がホント素晴らしかったです。攻守に奮闘、特に積極的な上りと攻撃参加は今大会のこのチームにかけていたものだけに、目を見張りました。

3試合連続フル出場となった湘南の遠藤航、今日はボランチで手堅いプレイ。手堅過ぎて、もう一人のボランチ山口蛍のダイナミックさや前への意識に比べると、どうしても見劣りがしてしまいました。パスをカットされる場面もそこそこあったし、もう少し攻撃を演出してほしかったところ。それにしても初選出の大会でタイトな日程をこなし、大過なく3試合フル出場ってことだけでもスゴイとするべきかもしれないのですが・・・。

3試合を通して“エース”宇佐美が不発でした。ゴールを決められなかったこと以上に、ほとんどJリーグでのパフォーマンスを見せられなかったし、気の利いたことが全然できなかった。得点の匂いがせずに、ミスばかり目立ったというダメダメ状態でした。本人が言った通り「クォリティーが低すぎ」でした。何とも残念です。

うーん、いくら海外組がいないとは言え、今後がいろいろと不安ですね。日本が確実に弱くなっているようで。 まずは9月のW杯予選に、きっちりと勝つことが必要なことは確かでしょう。

|

« 「ジュラシック・ワールド」:ライド感覚で楽しめます | トップページ | 「ターミネーター 新起動 ジェニシス」:エミリア・クラークがかわいい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/61103271

この記事へのトラックバック一覧です: 日本、東アジア杯は勝ち無しで最下位:

« 「ジュラシック・ワールド」:ライド感覚で楽しめます | トップページ | 「ターミネーター 新起動 ジェニシス」:エミリア・クラークがかわいい »