« ハリル・ジャパン勝利の物足りなさと遠藤保仁の不在 | トップページ | 7年前にも東スポでカッパ! »

2015年9月 4日 (金)

「さよなら、人類」:そこはかとなく

350お548_001

映画『さよなら、人類』は、ムムム・・・どう評価したらいいものやらって感じ。巷では結構絶賛の声も追いようですが、大江戸的にはあまりほめたくもないと言うか、あまり波長が合わなかった気がいたします。まあ一筋縄ではいかないタイプですよね。

350548_002

39のシーンで成り立つコント集のような、景気の悪い『モンティ・パイソン』みたいな作品なのですが、あまりに芸術臭がするために笑っていいのやらいけないのやらって感じ。そもそも笑いのタイプがあまりに「そこはかとない」感じなので、「これ、どこで笑ったらいいんだろう?」って悩んじゃいます。なんか居心地の悪いクスクス笑いの連続。

350548_003
そして笑ってばかりもいられない悪夢感。例えば、昔の国王の戦場への行き帰りだとか、奴隷が押し込まれて焼かれる巨大な回転シリンダーだとか、頭蓋を開けられて電気ショックの実験をされている猿だとか、とにかくみんな「嫌な感じ」。暖色を取り除かれ、温度の低そうなグレーで統一された本作の映像のような、冷ややかで陰鬱な悪夢感なのです。

350548_007

そもそもメインキャラクターの二人が売り歩く「吸血鬼のキバと笑い袋とラバーマスク」って、・・・この情けない時代遅れ感ときたら!(小生は嫌いじゃありませんけどね)

小生が一番好きだったエピソードは、予告編でも使われている「急死した男が注文したビールとサンドイッチ」に関するやつ。何とも言えない「そこはかとなさ」が、ちょっと衝撃的でした。

(って、なんだかんだ結構ほめてるじゃん。)

|

« ハリル・ジャパン勝利の物足りなさと遠藤保仁の不在 | トップページ | 7年前にも東スポでカッパ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/61459431

この記事へのトラックバック一覧です: 「さよなら、人類」:そこはかとなく:

» さよなら、人類〜北欧的不条理 [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。スウェーデン=ノルウェー=フランス=ドイツ。英題:A Pigeon Sat on a Branch Reflecting on Existence。ロイ・アンダーソン監督。ホルゲル・アンデション、ニルス・ヴェストブロム ... [続きを読む]

受信: 2015年9月 4日 (金) 22時49分

» 完璧な画で魅せるシュールな物語 [笑う社会人の生活]
15日のことですが、映画「さよなら、人類」を鑑賞しました。 面白グッズを販売している2人組の冴えないセールスマンのサムとヨナタン 面白グッズ販売を目的にさまざまな人々を訪ね回るなか うまくいかない人々の悲喜こもごもな人生を目撃する なんともシュールな世界と...... [続きを読む]

受信: 2015年9月 9日 (水) 01時27分

» 映画:さよなら、人類  「画角」「冷徹に観察」に、強力な「毒ガス」が加わり、「最強」の今作。 [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
ロイ・アンダーソン監督の特徴として ぱっと思い出すのは、絵画を思わせる「画角」 に加え、カメラを固定し、役者たちの演技を「冷徹に観察」する。 そして今作。 オープニングで、まず驚く。 3部作の最終話の今作では、まずこの冒頭で、3つの死、を淡々と並べる(...... [続きを読む]

受信: 2015年9月14日 (月) 06時53分

« ハリル・ジャパン勝利の物足りなさと遠藤保仁の不在 | トップページ | 7年前にも東スポでカッパ! »