« 日本、シリアに順当勝利 | トップページ | 「岸辺の旅」:黒沢の円熟期のはじまり »

2015年10月10日 (土)

「黒衣の刺客」:誰が何をどうしてるの?

352790_002
映画『黒衣の刺客』には全く歯が立たなかった感じ。正直言って、どんな物語で、今何が行われているのか、観てる間中ほとんどわかりませんでした。って言うのも極めてバカみたいで恥ずかしいのですが、本当のことだからしょうがありません。まあ、もともと侯孝賢とは相性の悪い大江戸なので、今回は降参ってことで・・・。とにかく無力感に満たされました。

352790_001

物語性があるはずの武侠映画なのに、ストーリーを語ろうという意志などさらさら無い感じで、不親切極まりないですね。監督が物語を把握していれば、映画ではそれを全て描くまでもないという考え方なのでしょうか?(へんなの) しかも、どのシーンもとにかく静謐で、動きも少ないのを長回しで撮ってるものですから、シーン後半になると集中力が失せてきたり、睡魔が襲って来たりするのです。あー、眠かった。

352790_007

レビューなどを読むと、多くの方が「物語や描写はわかりにくい」ことを指摘しながらも、口を揃えて「映像美が圧倒的」とおっしゃっています。でも、果たしてそうかなあ? まあ確かに、スタンダード画面に描かれる霧深い山中の場面とか、風に揺れる紗幕を通して見る室内の人物とかは印象的ですが、名手リー・ピンビンの撮影なら、もっとできるんじゃないかなあ。少なくとも大江戸の「圧倒的映像美」の基準は、ちょっと違うんですけどねえ。

352790_009

アクションはリアリズム。ワイヤーワークでピョーンと跳んだり、木の葉や花びらが舞ったりすることはありません。でも地味過ぎて、スタンダード(1:1.33)の画面内では動きも少なくて、見せ場とはなっておりません。そもそもどういう因果の誰と誰が、どういう文脈で戦っているのかがわからないので、アクションを見ていても眠くなる始末なのです。

カンヌで監督賞を取っているぐらいですから、本作を好きな人は多数いらっしゃるのでしょうけれど、大江戸とはとことん相性が悪かったようです。

|

« 日本、シリアに順当勝利 | トップページ | 「岸辺の旅」:黒沢の円熟期のはじまり »

コメント

こんにちは。
そうでしたか、大江戸さんとは相性が悪かったのですか…。
相性のいい・悪いで言えば、劇場で睡魔と戦うという稀な作品でしたので、そういう意味では私にとっても相性が悪かったのかもしれないのですけれど、でも、非常に印象に残り、心に刻まれた作品だったのは間違いありませんでした。
ホント、作品によって色々な捉え方があるので、興味深いですね!

投稿: ここなつ | 2015年10月14日 (水) 13時29分

ここなつさん、そうなんですよ。
映画って、ある人にとって最高の作品が、ある人にとっては最低の作品だったりするので厄介なんですよね。まあ、そこが面白くもあるのですけれど。

投稿: 大江戸時夫 | 2015年10月14日 (水) 22時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/61991750

この記事へのトラックバック一覧です: 「黒衣の刺客」:誰が何をどうしてるの?:

» 黒衣の刺客〜浜松中納言物語? [佐藤秀の徒然幻視録]
ほんの少ししか現れない忽那汐里の夢幻のような美しさ 公式サイト。台湾=香港=中国=フランス。原題:刺客聶隱娘、英題:The Assassin。ホウ・シャオシェン(侯孝賢)監督。スー・チー、 ... [続きを読む]

受信: 2015年10月11日 (日) 00時45分

» ショートレビュー「黒衣の刺客・・・・・評価額1650円」 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
風は、吹いているか。 長編劇映画としては、2007年の「ホウ・シャオシェンのレッド・バルーン」以来8年ぶりとなるホウ・シャオシェン監督の最新作は、意外にも晩唐期を舞台とした時代劇である。 カテゴリ的には武侠もの、あるいは宮廷陰謀劇と言えるのだろうが、本作をジャンル映画の枠組みで語るのは不可能だしナンセンス。 キン・フーの「侠女」やアン・リーの「グリーン・デスティニー」に代表される、...... [続きを読む]

受信: 2015年10月12日 (月) 21時46分

» 「黒衣の刺客」 [ここなつ映画レビュー]
第68回カンヌ国際映画祭監督員賞受賞作。ホウ・シャオシェン監督作品。映像の美しいこと!こんなに美しい映像の作品は、近年ドキュメンタリー以外では観た事がない。きっと本当に8世紀の魏では人々も風景もこんな風であったのだろうと確信する。冒頭は、インニャン(スー・チー)が道士の所で修行をしているシーンで、ここはモノクロ画面の演出である。そしてインニャンが故郷に帰され、タイトルバックが中国の水辺の夕焼けのカラー画面に転換。正に息をのむ美しさ!転換の妙!これだけでもこの作品を観て良かった!これだけでも満足だ!と... [続きを読む]

受信: 2015年10月13日 (火) 12時49分

» 夢現武侠~『黒衣の刺客』 [真紅のthinkingdays]
 刺客聶隱娘  THE ASSASSINS  唐代の中国。女道士の元で修業を積んでいた隠娘(舒淇)が、13年ぶりに両親 の元へ帰る。彼女は黒衣を纏い、感情を表に出さない刺客となっていた。  侯孝賢が初めて撮った武侠映画は、アート映画と言ってしまいたいほどの映像 美と、静謐さに満ちている。これは、西洋人がイメージするであろう神秘的で謎め いた...... [続きを読む]

受信: 2015年10月14日 (水) 13時00分

» 『黒衣の刺客』 風と水のゆらぎ [Days of Books, Films ]
The Assassin(viewing film) ホウ・シャオシエンはなぜ武 [続きを読む]

受信: 2015年10月15日 (木) 12時22分

« 日本、シリアに順当勝利 | トップページ | 「岸辺の旅」:黒沢の円熟期のはじまり »