« 湘南、FC東京に勝利!!! | トップページ | 「罪の余白」:嫌な感じ »

2015年10月18日 (日)

「バクマン。」:ラブリーで感動的な青春お仕事エンタテインメント

349125_005
いい! 映画『バクマン。』サイコーです(いや、主人公の名前じゃなくって)! ワクワクします。感動します。爽やかな気分になります。大根仁の快進撃が続いています。大抵の人にお勧めできる充実の快作に仕上がっています。

349125_006

神木隆之介もさることながら、’89年生まれの佐藤健がしっかり高校生に見えています(特に前半)。そして彼らを取り巻く同級生やライバルや大人たちが、みんな愛すべき人たち。(多分に原作マンガのおかげなのでしょうけれど)それぞれのキャラクターがきちんと立っています。生き生きとしています。それでもう映画としては、勝ったも同然です。 山田孝之は「電車男」のその後みたいな雰囲気がありましたし、リリー・フランキーさんはナチュラルなようできっちり演技してましたし、染谷将太はやっぱりうまいです。3人とも助演男優賞モノの芝居です。

349125_007
マンガを描くシーンにおいて、カリカリとかシューッとかグワンッというペンの音が、凄い効果を上げています。普段聞いたことの無い音であり、耳に心地良く、興奮を呼ぶ印象的なサウンドです。今はコンピューターで描く人が優勢という話も聞きますが、ペンとインク(墨汁?)でないと、映画的にはしんどいです。

349125_009

映像も、大根監督らしくいろんなことにチャレンジしながら、全体的には極めてオーソドックスに映画的だったりしています。「王道」です。この人も引き出しが多いなあ。 いずれにしてもこれだけキラキラしている(しかもほろ苦い)青春映画&エンタテインメントってのも、近年なかなかありません。まあ、大根監督の『モテキ!』もそうでしたね。ラブリーなんです。

349125_002
エンドタイトルバックが途中からマンガ(コミックス単行本)の並ぶ本棚になるのですが、横移動しながらそこに現れるフェイク本の背のタイトルやデザインが、途中からスタッフ表記になっていてニヤリ! 例えば、『ヒカルの照明 冨川英伸』とか『るろうに装飾 西尾共未』とか『キャスティング翼 おおずさわこ』とか・・・。これには感心しました。

そうそう、小松菜奈と染谷将太の顔が似ているというショーゲキ?の事実を発見してしまいました。

|

« 湘南、FC東京に勝利!!! | トップページ | 「罪の余白」:嫌な感じ »

コメント

こんにちは。

面白かったですね(^^)。

おっしゃるとおり、描いてる時の音、
耳にも心地良くて、話も盛り上げてくれてました。

投稿: みぃみ | 2015年10月19日 (月) 09時34分

みぃみさん、どーも。
あの音、今も耳にこびりついています。
日本アカデミー賞の音響効果賞を進呈したいところです!

投稿: 大江戸時夫 | 2015年10月19日 (月) 17時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/62110090

この記事へのトラックバック一覧です: 「バクマン。」:ラブリーで感動的な青春お仕事エンタテインメント:

» 映画『バクマン。』★最高☆バク走する彼らの夢は終わらない [**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**]
作品について http://cinema.pia.co.jp/title/165247/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。 原作未読ですが オモシロ満載の予告編から、超☆楽しみにしていました!! 二人の高校生が組んで、『少年ジャンプ』に漫画の連載し..... [続きを読む]

受信: 2015年10月19日 (月) 01時50分

» バクマン。〜るろうに剣心vs.寄生獣 [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。大場つぐみ、小畑健原作、大根仁監督。佐藤健、神木隆之介、小松菜奈、桐谷健太、新井浩文、皆川猿時、宮藤官九郎、山田孝之、リリー・フランキー、染谷将太。週刊少 ... [続きを読む]

受信: 2015年10月19日 (月) 07時28分

» 映画:「バクマン。」♪。 [☆みぃみの日々徒然日記☆]
平成27年10月7日(水)。 監  督・脚本:大根仁 原  作:大場つぐみ・小畑健 キャスト: 真城最高:佐藤健・高木秋人:神木隆之介 亜豆美保:小松菜奈・福田真太:桐谷健太 平丸一也:新井浩文・中井巧朗:皆川猿時 新妻エイジ:染谷将太・川口たろう:宮…... [続きを読む]

受信: 2015年10月19日 (月) 09時11分

» バクマン。 [★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★]
2015/10/03公開 日本 119分監督:大根仁出演:佐藤健、神木隆之介、染谷将太、小松菜奈、桐谷健太、新井浩文、皆川猿時、宮藤官九郎、山田孝之、リリー・フランキー Story:優れた画力を持ちながら将来の展望もなく毎日を過ごしていた高校生の真城最高(佐藤健)は、漫...... [続きを読む]

受信: 2015年10月19日 (月) 11時06分

» 映画「バクマン。」 [FREE TIME]
映画「バクマン。」を鑑賞しました。 [続きを読む]

受信: 2015年10月20日 (火) 20時30分

» ショートレビュー「バクマン。・・・・・評価額1650円」 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
「バクマン。」ってなに? 日本一の漫画家を目指す、二人の高校生を描く熱血青春映画。 これも原作はほぼ未読。正確には連載開始された頃に、2巻まで読んだだけ。 内容もほとんど覚えていなかったのだけど、映画は疾走感のあるポップなエンターテインメントで実に面白かった。 監督・脚本を手がけたのは「モテキ!」や「恋の渦」で知られる大根仁。 素材と作家性の相性がとても良いのだろう、持ち味が存...... [続きを読む]

受信: 2015年10月21日 (水) 00時19分

» バクマン。 [象のロケット]
高校生の真城最高(ましろもりたか:あだ名・サイコー)は、絵の才能がありながら将来への夢もなく、流される毎日を送っていた。 ある日サイコーは、秀才のクラスメイト・高木秋人(たかぎあきと:あだ名・シュージン)に、「俺と組んで漫画家にならないか」と誘われる。 想い続けていたクラスメイト亜豆美保(アズキ)から励まされ、漫画製作に明け暮れる日々が始まった…。 青春ドラマ。... [続きを読む]

受信: 2015年10月23日 (金) 01時18分

» バクマン。 [映画的・絵画的・音楽的]
 『バクマン。』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)『モテキ』の大根仁監督の作品とのことで、映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭は、『週刊少年ジャンプ』の編集部の部屋。様々なものが机の上などにめちゃくちゃに積み上げられていて酷い有様。  そこへ...... [続きを読む]

受信: 2015年10月30日 (金) 06時56分

» バクマン。 [Akira's VOICE]
ワクワクしっぱなしで面白かった!!   [続きを読む]

受信: 2015年10月30日 (金) 09時56分

» 漫画家になろう! [笑う社会人の生活]
9日のことですが、映画「バクマン。」を鑑賞しました。 高い画力を持ちながら普通の生活を送ってきた高校生 真城最高は、同じクラスの高木秋人から一緒に漫画家になろうと誘われる。 週刊少年ジャンプでの連載を目標に漫画づくりに励む2人は編集者・服部に才能を認めら...... [続きを読む]

受信: 2015年11月 1日 (日) 10時26分

» 「バクマン。」 [ここなつ映画レビュー]
思えばマンガというものには幼少時から大変お世話になってきた。小学生の頃の「りぼん」を皮切りに、月に一回の「別マ」の発売日は楽しみだったなぁ〜。ちょうどその月一の日が誕生日と同じ日なので、一年に一回誕生日プレゼントみたいだな、と思う「別マ」の発売日があった事をよく覚えている。少年マンガでは私はサンデーやマガジン派だったので、今回の「バクマン。」にあるような「少年ジャンプ」の狂騒的な面についてはあまりよく知らない。もちろん、漫画家(及びその担当編集者)がどれだけの才能があり、どれだけ大変な思いをして世に... [続きを読む]

受信: 2015年11月 5日 (木) 13時13分

« 湘南、FC東京に勝利!!! | トップページ | 「罪の余白」:嫌な感じ »