« 「黒衣の刺客」:誰が何をどうしてるの? | トップページ | wearerとNORTON »

2015年10月11日 (日)

「岸辺の旅」:黒沢の円熟期のはじまり

351116_009_2

映画『岸辺の旅』は、今年還暦となった黒沢清の新しい展開を感じさせる作品。今後10年間は「円熟期」として、世界から評価される名作を撮り続けるのではないでしょうか。

物語の中に普通に死者(幽霊)を登場させるというのは、能や多くの日本文学、映画が扱ってきたこと。そこから「限りある生」とか「人と人との思いや絆」、「世俗にまみれていると見えない真実」などが描き出されていきます。

351116_002

本作でも浅野忠信が淡々と動き、語ります。その演技以上に、演出が淡々と「普通のこと」として描いているので、死者には「恐怖」や「驚異」はなく、むしろ場面によってはそこはかとないユーモアすら漂っています。

351116_001
深津絵里の妻が、それを当然のごとく淡々と受け止めるのも面白いですね。最初っから何の疑問も違和感もなく、自然にこの事態を受け容れるのです。そこに「夫婦」の機微や、つながりの強さが浮かび上がるのが、本作のキモと言えましょうか。

そしてふかっちゃんはやはり、見事に巧くて、それ以上に魅力的なのです。42歳にして、この瑞々しい美しさ! ロングショットが多いもので、全身の動きから出ている「チビッコ感」がたまりませんね。地味な服の似合い方も、実にステキです。その上、相変わらず声が素晴らしいのです!

351116_004
そくそくとしみ入る良い話です。でも、最高にスリリングな名場面は、ふかっちゃんと蒼井優の「女の対決」シーン。ここだけは、カメラも(小津張りの)正面アップの切り返しになって、そのピーンと張りつめた緊張感の中に、女二人≒女優二人の火花が散っていました。いやー、静かにコワかったですね。

でも音楽に関しては、なんであんなに堂々たる感じのオーケストラで慣らし続けていたんでしょう? 黒沢監督が意図して狙ったのでしょうけれど、どうにも大げさ過ぎて違和感を禁じ得ませんでした。ちょっと残念なところです。

1444568585903

そういえば序盤にはまだ深津、浅野の二人(『寄生獣』コンビ)の顔が割れて、変なバケモノに変身してしまう妄想が頭をよぎりましたが、その後は(映画に力があったので)すっかり忘れてしまいました。

テアトル新宿のロビーには、映画で使われた二人の衣装が展示してありました。腕を組んでいるところがキュートですね。

|

« 「黒衣の刺客」:誰が何をどうしてるの? | トップページ | wearerとNORTON »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/62005946

この記事へのトラックバック一覧です: 「岸辺の旅」:黒沢の円熟期のはじまり:

» 岸辺の旅〜「イフ」の万華鏡 [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。英題:Journey to the Shore。湯本香樹実原作、黒沢清監督。宇治田隆史脚本(「私の男」) 。深津絵里、浅野忠信、小松政夫、村岡希美、奥貫薫、赤堀雅秋、千葉哲也、蒼井優、首 ... [続きを読む]

受信: 2015年10月11日 (日) 23時18分

» 『岸辺の旅』 ふたりの間にある不自然な柱 [映画批評的妄想覚え書き/日々是口実]
 『CURE』『回路』『リアル~完全なる首長竜の日~』などの黒沢清監督の最新作。  第68回カンヌ国際映画祭・「ある視点」部門では監督賞を受賞した。  原作は湯本香樹実の同名小説。  3年前に失踪した夫・優介(浅野忠信)が、ある日突然、瑞希(深津絵里)の前に現れる。「俺、死んだよ」と他人事みたいに報告する優介を、瑞希もすんなりと受け入れる。優介は富山の海で溺れ、身体は蟹に喰...... [続きを読む]

受信: 2015年10月12日 (月) 09時51分

» 岸辺の旅 [象のロケット]
ピアノ教師として暮らす瑞希の元に、失踪して生死が分からぬまま3年になる夫・優介が帰って来た。 優介は富山の海で死んだ後、今日まで長い旅をしてきたのだと言い、旅先で見つけたきれいな場所やお世話になった人々のところへ、瑞希を案内したいと誘う。 電車に乗って旅に出た二人はまず、小さな町で新聞配達をしている老人の家に滞在することに…。 ラブ・ファンタジー。... [続きを読む]

受信: 2015年10月12日 (月) 09時57分

» 「岸辺の旅」死を超えた純粋なる“夫婦愛” [シネマ親父の“日々是妄言”]
[黒沢清監督] ブログ村キーワード  『世界のクロサワ』と言えば、かつては黒澤明 監督のことだったと思いますが、今やこの方黒沢清 監督も、そんな風に呼ばれるようになってきましたね。その黒沢監督に第68回カンヌ国際映画祭 ある視点部門 監督賞”をもたらせた本作、「岸辺の旅」(ショウゲート)。深津絵里・浅野忠信のW主演。意外にも今回が初共演なんだそうです。  夫・優介(浅野忠信)が失踪して以来、瑞希(深津絵里)は方々を探し続けたが、何の情報も得られないまま3年の月日が流れた。そんな或る日、... [続きを読む]

受信: 2015年10月12日 (月) 20時43分

» 岸辺の旅 [映画的・絵画的・音楽的]
 『岸辺の旅』をテアトル新宿で見ました。 (1)本年度のカンヌ映画祭の「ある視点部門」で黒沢清監督が監督賞を獲得した映画というので、映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭は、風通しのいい部屋で女の子がピアノを弾いています。  教えている瑞希(深津絵...... [続きを読む]

受信: 2015年10月13日 (火) 06時41分

» 映画・岸辺の旅 [読書と映画とガーデニング]
2015年 日本 原作 湯本香樹美「岸辺の旅」 第68回カンヌ国際映画祭 ある視点部門受賞 夜、瑞希(深津絵里)が白玉を作っていると、3年間失踪していた夫・優介(浅野忠信)が突然帰ってきます驚いた瑞希に優介は「俺、死んだよ、身体は北陸の海で蟹に食べら...... [続きを読む]

受信: 2015年10月14日 (水) 09時03分

» 『岸辺の旅』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「岸辺の旅」□監督 黒沢清□脚本 宇治田隆史、黒沢 清□原作 湯本香樹実□キャスト 深津絵里、浅野忠信、小松政夫、村岡希美、奥貫 薫■鑑賞日 10月4日(日)■劇場  チネチッタ■cyazの満足度 ★★★(5★満点、☆は0.5)<感想> 夫...... [続きを読む]

受信: 2015年10月17日 (土) 09時33分

» 『岸辺の旅』 小津安二郎の影 [Days of Books, Films ]
Journey to The Shore(viewing film) 黒沢清監督 [続きを読む]

受信: 2015年10月17日 (土) 17時57分

» 「岸辺の旅」☆彼岸を超えるのは自分 [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
カンヌ映画祭で監督賞を受賞したと聞いて、ちょっと期待し過ぎたかもしれない。 見終った直後は、もっと怒涛の号泣を想定していたせいで、案外あっさりとしたラストに肩すかしを食った気分だった。 公開してしばらく経つのに、あまり絶賛の声が聞こえてこないのもそのせいかな?と思ったけれど、時間が経つにつれてじわじわと胸に迫ってきて・・・・... [続きを読む]

受信: 2015年10月25日 (日) 09時17分

» 「岸辺の旅」 [お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 ]
2015年日本・フランス合作 配給:ショウゲート 監督:黒沢清 原作:湯本香樹実 脚本:宇治田隆史、黒沢清 製作:畠中達郎、和崎信哉、百武弘二、水口昌彦、山本浩、佐々木史朗 撮影:芦澤明子 死者となっ... [続きを読む]

受信: 2015年10月27日 (火) 00時48分

» 『岸辺の旅』黒沢清監督、浅野忠信、深津絵里、小松方正、蒼井優、他 [映画雑記・COLOR of CINEMA]
『岸辺の旅』原作 : 湯本香樹実監督 : 黒沢清出演 : 浅野忠信、深津絵里、小松方正、蒼井優、他 物語・3年間行方不明となっていた夫の優介(浅野忠信)がある日ふいに帰ってきて、妻の瑞希(深津絵里)を... [続きを読む]

受信: 2015年11月 7日 (土) 17時50分

« 「黒衣の刺客」:誰が何をどうしてるの? | トップページ | wearerとNORTON »