« 「バクマン。」:ラブリーで感動的な青春お仕事エンタテインメント | トップページ | 「マイ・インターン」:ウェルメイドなスター映画 »

2015年10月19日 (月)

「罪の余白」:嫌な感じ

353195_007
映画『罪の余白』はチラシや予告編を見た時から嫌な感じだと思ってましたが、映画を観てもやはり嫌な感じでした。やっぱりその理由は、主演女優(吉本実憂の顔なんでしょうね。うーん、失礼ながらなんか嫌な感じなんです。まあ、思うツボのキャスティングだと言えるのでしょうけれど・・・。

353195_005

この(スケールの小さい)悪魔に対する内野聖陽が、あまりに失策を繰り返すので見ていてイライラするのもまた不快感をあおります。アル中になっちゃうし、変質者として通報されてしょっぴかれちゃうし、学校への対応、警察への対応など全て相手を敵に回す効果しかないし、ダメダメです。もっとスマートで戦略的な頭脳だったら、あの女子高生ぐらいは簡単に追い込めていたでしょう。・・・と言っても、そういう物語なんだからしょうがないですよね。

353195_002でも、そんな彼女を結構コテンパンに言葉のパンチでやっつけてくれるのが芸能プロのチーフマネージャー役の加藤雅也。いいぞいいぞ、もっとやっつけろ!と思って観てました(苦笑)。さすがは大江戸と同じ4月27日生まれの加藤さんだけあります(失笑)。

353195_003

(以降ネタバレあり) それにしても、あの終幕はなんなんですか?! あれで生きてたって、・・・えー? ほとんどギャグじゃないですか。「最初から狙って、突き落とさせた。服の下に防護ギアを着けていた。下の車は柔らかい素材にしておいた。」とか言い出すんじゃないかと思っちゃいましたよ。 最後まで嫌な感じで終わらせちゃまずいと思って、腰砕けで終わるように配慮してくれたんでしょうかね?

|

« 「バクマン。」:ラブリーで感動的な青春お仕事エンタテインメント | トップページ | 「マイ・インターン」:ウェルメイドなスター映画 »

コメント

こんにちは。今更ながらお邪魔します。

確かに、どーよと思うところはあるのですが、
内野聖陽と吉本実憂のやり取りは、緊張感があって良かったと思います。
最近原作を読んだのですが、映画の方はかなり改変されていまして、ちょっと印象が違いました。

投稿: りお | 2015年10月24日 (土) 11時07分

りおさん、コメントありがとうございます。
そうですか。原作は読んでいないのですが、小生は「渇き。」の方が断然好きなのです。
まあ、好みの問題ですので…。

投稿: 大江戸時夫 | 2015年10月24日 (土) 18時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/62125276

この記事へのトラックバック一覧です: 「罪の余白」:嫌な感じ:

» 罪の余白〜ダブルバインドは巡る [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。芹沢央原作、大塚祐吉監督。内野聖陽、吉本実憂、谷村美月、葵わかな、吉田美佳子、宇野愛海、堀部圭亮、利重剛、加藤雅也。原作はスティーヴン・キングの「ニードフ ... [続きを読む]

受信: 2015年10月20日 (火) 00時00分

» 罪の余白 [象のロケット]
名門女子高校の教室のベランダから、女生徒・加奈が転落して死亡した。 自殺の可能性が高いと言われ、大学で行動心理学を教える父・安藤聡は、自分が娘の異変に気付かなかったことにショックを受ける。 その後、「笹川」と名乗って自宅を訪ねて来た加奈のクラスメートが、実は娘の日記に書かれていた「木場咲」だと知った安藤は、娘の自殺に疑問を抱き真相を探り始める…。 サスペンス。... [続きを読む]

受信: 2015年10月21日 (水) 18時20分

» 罪の余白 [映画三昧、活字中毒]
■ 試写会にて鑑賞罪の余白 2015年/日本/120分 監督: 大塚祐吉 出演: 内野聖陽/吉本実憂/谷村美月/堀部圭亮/利重剛 公式サイト 公開: 2015年10月03日 大学で行動心理学の教鞭を執る安藤聡は、妻を病で亡くして以来、ミッション系の女子高に通う娘の加奈と2人で暮らしていた。ある日、加奈が学校で事故に遭ったという知らせを受け、安藤は病院へ駆けつけるが、加奈はそのまま...... [続きを読む]

受信: 2015年10月24日 (土) 11時02分

« 「バクマン。」:ラブリーで感動的な青春お仕事エンタテインメント | トップページ | 「マイ・インターン」:ウェルメイドなスター映画 »