« 「俺物語!!」:じれったいったらありゃしない | トップページ | 「悪いのは誰だ! 新国立競技場」:なるほどそういうことか! »

2015年11月 3日 (火)

「アデライン、100年目の恋」:宇宙とか電気ショックとか

353040_001
映画『アデライン、100年目の恋』は、「不老不死モノ」ではありますが、『ドリアン・グレイの肖像』にはなりませんでしたし、『永遠に美しく・・・』でもありませんでした。でも、このジャンル(あるのか、そんなの?)の宿命として、相当ヘンな話ではあります。何しろファースト・シーンとラスト・シーンが「宇宙」ですから。いやー、風呂敷大きいです。

353040_005

だって、この物語で宇宙の絵なんか見せられたら、ほとんどパロディーですよ。しかももっともらしいナレーションで科学的ななんたらかんたらを語るあたりの胡散臭さと言ったら・・・、「はい笑う所」って感じじゃないですか。 え?笑っちゃダメなの?? 電気ショックってのも、笑っちゃダメ?

353040_004

「時の流れの諸行無常モノ」(だからあんのか、そんなジャンル?)としては、『ある日どこかで』や『ベンジャミン・バトン』を思わせもするのですが、あの2作のような格調高さはないのです。そもそも時を超えて親子と関係してるって、結構ナマ臭い話ではありますよね。 でもまあハリソン・フォードの親父さん、自分が発見した星に「デラ」というアデラインの愛称(「叔母の名前から取った」という隠れ蓑を用意しつつ)を命名したってあたり、いかにもですけど男のロマンだなあ。

353040_007けれどこういう主演女優出ずっぱり作品って、その女優が好みかどうかってところも大きいですよね。本作のブレイク・ライブリーは全くのところ大江戸の好みではないので、愛すべき作品とはならなかったのでした。 「100年の時をかける愛モノ」(だから、あんのかソレ?)としては、小中和哉監督の『東京少女』の方が、ずーっとチャーミングで好きですね。だって夏帆ちゃんがかわいいんだもの。

|

« 「俺物語!!」:じれったいったらありゃしない | トップページ | 「悪いのは誰だ! 新国立競技場」:なるほどそういうことか! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/62352108

この記事へのトラックバック一覧です: 「アデライン、100年目の恋」:宇宙とか電気ショックとか:

» アデライン、100年目の恋・・・・・評価額1650円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
歳と恋人とワインは、決して数えるものではない。 とある事故がきっかけで歳をとらなくなり、29歳の姿のまま1世紀以上を生きる女性の、最後の恋を描くラブロマンス。 エキゾチックな港町、サンフランシスコを舞台に、時空を超えるファンタジックな愛の物語が、ムード満点に展開する。 タイトルロールの永遠の美女を、「恋するジーンズ」シリーズやテレビドラマの「ゴシップガール」で知られるブレイク・ライ...... [続きを読む]

受信: 2015年11月 5日 (木) 23時01分

« 「俺物語!!」:じれったいったらありゃしない | トップページ | 「悪いのは誰だ! 新国立競技場」:なるほどそういうことか! »