« 「ヒトラー暗殺、13分の誤算」:淡々とし過ぎて・・・ | トップページ | 今日の点取占い240 »

2015年11月 6日 (金)

「顔のないヒトラーたち」:「13分」より上出来ですよ

353282_001
映画『顔のないヒトラーたち』は、終戦から13年後=1958年のドイツでアウシュビッツは忘れ去られようとしていた!というアッと驚く事実を教えてくれます。「臭いものに蓋」というか「無かったことにする」というか、怖いけどありがちなことだと思います。日本人が我が身を振り返るのに好適な題材です。

353282_002

昨日紹介した『ヒトラー暗殺、13分の誤算』と較べて、テーマの明解さ、映画としてのメリハリやドラマ、メッセージの強さなど、大いに上回っています。単純に映画として面白いし、入魂の一作と言えるでしょう。 だけど、『13分』と較べて、公開規模や劇場、時間帯、マスコミ露出(『13分』には朝日新聞社がついてますから)と全てが悪条件で、上映期間も短く終了って感じです。まあここらは配給会社(『13分』はギャガ、本作はアットエンタテインメント)の規模の差ってことなんでしょうけど、判官びいきの小生としては非常に残念ですね。

353282_004
青臭い程に正義一直線の検察官が執念に燃えて告発しようと調査を重ねるのですが、終盤になってある事実がわかり一気にモチベーションダウンしてしまうのです。そのあたりの弱さ、だらしなさが見ていてイラッとくるところなのですが、まあセリフにもあったように「完璧な人間はいない」ので、これはしょうがないのでしょうね(このセリフを言った同僚検事が、その後に「オレ以外は」と付け加えたのには笑いました)。

353282_006

その同僚検事を演じたヨハン・フォン・ビューローは、『13分』にも出ていて、ナチスの党員を憎々しく演じてました。本作では結構いい人。

悪名高いナチスの医師メンゲレが出て来る悪夢の場面で、自分の手や目が縫い合わされているという映像は、短いけどかなりのインパクトがありました(ほとんどホラーでしたが)。 でもラストの字幕でも示されますが、メンゲレって結局1979年(67歳)まで逃亡先の南米で生きていたんですよね。そこがどうにも口惜しいというか納得できない事実です。

ラスト・シーンのみならず、正義派青年のまっすぐな熱意の勝利(少々の挫折を含む)みたいな展開は、あたかもハリウッド映画のようでありました。

|

« 「ヒトラー暗殺、13分の誤算」:淡々とし過ぎて・・・ | トップページ | 今日の点取占い240 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/62382040

この記事へのトラックバック一覧です: 「顔のないヒトラーたち」:「13分」より上出来ですよ:

» 顔のないヒトラーたち / Im Labyrinth des Schweigens [勝手に映画評]
2015年の今年は戦後70年を迎えたわけですが、世界にはもう一つ戦後70年を迎えている国があります。この作品は、もう一つの戦後70年を迎えた国ドイツが、自身の戦争責任とどの様に向き合ったかを描いた骨太の作品。 今でこそ、ドイツは戦争責任を自分できちんと総括した国...... [続きを読む]

受信: 2015年11月 6日 (金) 22時20分

» 顔のないヒトラーたち [象のロケット]
1958年、西ドイツ・フランクフルト。 ジャーナリストのトーマス・グニルカが、元ナチス親衛隊(SS)が教師をしているのは違法だと、検察庁へ苦情を申し立ててきた。 検察官の誰もが相手にしない中、駆け出しの検事ヨハン・ラドマンだけが興味を持ち、一人で調査を始める。 それまでアウシュヴィッツの実態を知らなかったヨハンは、検事総長フリッツ・バウアーに命じられ、本格的な調査の指揮を執ることに…。 歴史ヒューマンドラマ。... [続きを読む]

受信: 2015年11月 8日 (日) 02時06分

» 顔のないヒトラーたち ★★★ [パピとママ映画のblog]
第2次世界大戦下のナチスドイツによる罪について問われた「フランクフルト・アウシュビッツ裁判」の初公判までの経緯などが描かれたドラマ。終戦からある程度の期間がたち、人々の関心が薄れている状況で、アウシュビッツの真相を究明するために若き検事らが生存者の証言...... [続きを読む]

受信: 2015年11月27日 (金) 17時52分

» 顔のないヒトラーたち  Im Labyrinth des Schweigens [映画の話でコーヒーブレイク]
友人のSさんから横浜阪東橋駅近くの「横浜橋通商店街」に韓国食材や惣菜を売っている店が 何軒かあると聞き「カンジャンケジャン」がないか?と、韓国旅行をご一緒したYさんと行ってきました。 「カンジャンケジャン」は子持ちワタリガニの醤油ダレ漬け、めちゃ美味です...... [続きを読む]

受信: 2015年11月28日 (土) 01時44分

« 「ヒトラー暗殺、13分の誤算」:淡々とし過ぎて・・・ | トップページ | 今日の点取占い240 »