« 2015湘南ベルマーレ感謝の集い | トップページ | 「ムーンウォーカーズ」:センスが無くてグダグダで »

2015年11月24日 (火)

「わたしの名前は・・・」:素敵な色だけど、自主映画みたいで

347085_004
映画『わたしの名前は・・・』は、アニエス・ベーが本名のアニエス・トゥルブレ名義で初監督した作品。これまでもギャスパー・ノエ、ハーモニー・コリンらの作品をプロデュースし、映画大好きな姿勢を見せていたアニエスですが、満を持しての監督作がどうたったかというと、・・・うーん今一つですね。みずみずしいのはいいけれど、なんか学生の自主映画みたいなテイストで・・・。

347085_003_2

坊主頭&ヒゲの大柄な男と少女という取り合わせは、まさに『レオン』。この二人の自然な交流が孤独な魂の結びつきめいて、いいムードなのです(でもまあジャン・レノ&ナタリー・ポートマンには負けますが)。この二人のロード・ムービーとしての味わいが魅力の作品です。

347085_002

でも時折見せる心象的インサート・カットの積み重ねだとか、(山海塾みたいな)白塗り舞踏の男女とかが、妙にゲージツっぽいというか青臭い学生映画みたいになっていて、しらけちゃうんですよねー。

ラストも「え? どうして??」ってな結末なのです。解釈の幅を持たせたと言えば聞こえはいいものの、「なぜ?」の部分が不明瞭過ぎませんか? まあ自分なりに2つばかりの仮説を考えてみましたが、なんかモヤモヤです。

347085_001

画面の、色の美しさはやはり特筆すべきものでしょう。澄んだ青空のブルーの中に、絶妙に配置されたオレンジに近い赤がなんとも美しいのです。あの独特の赤は、アニエスベーの服やバッグで見かける色ですもんね。視神経のごちそうみたいな色遣いでした。

|

« 2015湘南ベルマーレ感謝の集い | トップページ | 「ムーンウォーカーズ」:センスが無くてグダグダで »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/62664427

この記事へのトラックバック一覧です: 「わたしの名前は・・・」:素敵な色だけど、自主映画みたいで:

» わたしの名前は... [象のロケット]
フランス・ボルドー地方。 12歳の少女セリーヌは、母親の留守中に父親から性的虐待を受けていた。 遠足の途中で海辺に停まっていたトラックに乗り込んだ彼女を、スコットランド人の運転手は快く受け入れる。 セリーヌはフランス語、運転手は英語しか話せないが、次第に心を通わせていく2人。 ところがセリーヌの失踪は、地元では大事件になっていた…。 ロードムービー。... [続きを読む]

受信: 2015年11月26日 (木) 15時01分

« 2015湘南ベルマーレ感謝の集い | トップページ | 「ムーンウォーカーズ」:センスが無くてグダグダで »