« 「グラスホッパー」:役者たちを見るべき映画 | トップページ | 「ラスト・ナイツ」:渋ーい騎士道版「忠臣蔵」 »

2015年11月15日 (日)

「下町ロケット」「掟上今日子の備忘録」「あさが来た」

TBS『下町ロケット』の前半戦=ロケット編が完結しましたね。これまでのTBS池井戸潤原作シリーズ(『半沢直樹』『ルーズヴェルト・ゲーム』)同様、ベタでアクの強い勧善懲悪もの。「倍返しだ!」みたいな決めゼリフがないのが残念ですが、小が大をうっちゃる展開は大江戸のような「判官(ほうがん)びいき」派にはたまりません。まあ悪い奴らに苦しめられている間は、見ているこちらもいたたまれないのですけど。 それにしても阿部寛(189cm)の隣だと吉川晃司(182cm)があまり高く感じられないから、すげーです。次回からのガウディ編もまた楽しみですね。

今クールでもうひとつ小生が楽しんで見ているのが、NTV『掟上(おきてがみ)今日子の備忘録』。これは一にも二にも新垣結衣演じる今日子さんの魅力によるもの。シルバーヘアにボストンメガネ、1日しか記憶が持たない「忘却探偵」。いやー、ガッキー、このスタイルが似合って似合ってしょうがないのです。あの髪であのメガネであの目で、ガッキー・スマイルが出たら、もう無敵です!その上ガッキーは相変わらず声がいい! いやー、掟上さんのビジュアルは、もう最高に大江戸好みです! 忘れた時用に、腕や腿に大切なことを書いてあるあたりも面白いですね。岡田将生くんとのコンビネーションもいいですよ。

そしてNHKの朝ドラ『あさが来た』は、よく出来てます。面白いです。夢を追う元気な女性の半生記という朝ドラの定石どおりではありますが、江戸から明治にかけてなので、時代劇。セットから衣装から美術から製作費も他の作品より多くかかっているでしょうが、さすがはNHKって感じです。波瑠と宮﨑あおいのダブル・ヒロインってのも、小生にしてみれば「盆と正月が一緒に来たような」魅力ですし、近藤正臣、玉木宏、ディーンフジオカ、柄本佑らの男優陣もいい感じです。あさの口癖「びっくりぽん」は小生も多用させていただいてますが、「ユーキャン新語・流行語大賞」にノミネートされなかったのが意外で、がっかりぽんです。

|

« 「グラスホッパー」:役者たちを見るべき映画 | トップページ | 「ラスト・ナイツ」:渋ーい騎士道版「忠臣蔵」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/62526744

この記事へのトラックバック一覧です: 「下町ロケット」「掟上今日子の備忘録」「あさが来た」:

« 「グラスホッパー」:役者たちを見るべき映画 | トップページ | 「ラスト・ナイツ」:渋ーい騎士道版「忠臣蔵」 »