« 「起終点駅 ターミナル」:健さんみたいな佐藤浩市 | トップページ | Rumerの「B Sides & Rarities」 »

2015年11月10日 (火)

「アメリカン・ドリーマー 理想の代償」:’81年NYと現実の苦さ

351351_004

映画『アメリカン・ドリーマー 理想の代償』は、やけに堂々とした「本格」を感じさせるドラマ。苦み走っています。やはり『ゴッドファーザー』をはじめとした’70年代アメリカ映画を連想させるのですが、それよりももっとさかのぼった’50年代あたりの諸作の匂いも漂わせています。

351351_002

何と言っても、主役のオスカー・アイザックのオールバックが『ゴッドファーザー』のマイケル=アル・パチーノを連想させます。そうすると、ジェシカ・チャスティン=ダイアン・キートンでしょうか(ヤクザの娘って設定だから、もっとダーティーですが)。 また、地下鉄を使った追跡劇、特に高架下でのカーチェイスは当然『フレンチ・コネクション』の記憶と重なります。このチェイスが途中から真っ暗なトンネル内に入ってしまい、向こうから電車がやってくるんじゃないかと凄い緊張度のサスペンスになっているのですよね。

351351_006

1981年のニューヨークが舞台ですが、時代再現にはかなり力を入れています。ラクガキだらけの地下鉄、’70年代の香りを残しつつ次の時代を反映したファッション、黄色っぽいトーンで撮影されたビル群や橋・・・。 そしてその「絵」には、’50年代アメリカ映画の感覚が滲んでいるのです。 そういえばこの監督(J・C・チャンダー)の前作『オール・イズ・ロスト 最後の手紙』にも、そういう感覚がありましたっけ。

351351_003

(以降少々ネタバレあり) 理想と現実との相克のドラマですが、理想を夢見る「アメリカン・ドリーム」≒正義 の敗北を描いていますので、苦い後味です。その上、描写がなんとも微妙かつ複雑なニュアンスなので、ストレートな悲劇としての強さ(ギリシア悲劇や『ゴッドファーザー』のような)を持ち得ていません。そこが難点です。あとやはりオスカー・アイザックでは、本作を支えるには弱すぎたと思います。どうしても「若い頃のアル・パチーノだったら・・・」と、脳内で比較してしまうのであります。

|

« 「起終点駅 ターミナル」:健さんみたいな佐藤浩市 | トップページ | Rumerの「B Sides & Rarities」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/62451195

この記事へのトラックバック一覧です: 「アメリカン・ドリーマー 理想の代償」:’81年NYと現実の苦さ:

» 『アメリカン・ドリーマー 理想の代償』 強くてクリーンな人物でも…… [映画批評的妄想覚え書き/日々是口実]
 監督・脚本は『オール・イズ・ロスト~最後の手紙~』のJ・C・チャンダー。  原題は「A MOST VIOLENT YEAR」。  出演は『インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌』のオスカー・アイザック、『ゼロ・ダーク・サーティ』のジェシカ・チャステインなど。  1981年のニューヨークは史上最も犯罪件数が多かった年とされる。主人公のアベル(オスカー・アイザック...... [続きを読む]

受信: 2015年11月10日 (火) 22時57分

» アメリカン・ドリーマー 理想の代償 [佐藤秀の徒然幻視録]
結局、石油の一滴は血の一滴より濃い 公式サイト。原題:A Most Violent Year。J・C・チャンダー監督。オスカー・アイザック、ジェシカ・チャステイン、デヴィッド・オイェロウォ、エリス ... [続きを読む]

受信: 2015年11月10日 (火) 23時24分

» アメリカン・ドリーマー 理想の代償 [映画三昧、活字中毒]
■ TOHOシネマズ シャンテにて鑑賞アメリカン・ドリーマー 理想の代償/A MOST VIOLENT YEAR 2014年/125分/アメリカ 監督: J・C・チャンダー 出演: オスカー・アイザック/ジェシカ・チャステイン/デヴィッド・オイェロウォ/アレッサンドロ・ニヴォラ/アルバート・ブルックス 公式サイト 公開: 2015年10月01日 1981年、NY。移民のアベル・モ...... [続きを読む]

受信: 2015年11月11日 (水) 23時50分

» アメリカン・ドリーマー 理想の代償 [象のロケット]
1981年、アメリカ・ニューヨーク。 一代でオイルカンパニーを築いた移民のアベルと妻アナ。 ところが、土地購入の手付金として全財産を投入した直後から、次々にトラブルがのしかかってきた。 地方検事からは告発すると言われ、銀行からは融資を断られ、妻との間にも亀裂が走る。 30日以内に残金を支払わなければ全てを失う。 孤立無援のアベルは金策に追われるが…。 社会派ヒューマンドラマ。 ≪登るときは一歩ずつ、落ちる時は一瞬≫... [続きを読む]

受信: 2015年11月13日 (金) 00時21分

« 「起終点駅 ターミナル」:健さんみたいな佐藤浩市 | トップページ | Rumerの「B Sides & Rarities」 »