« 「下町ロケット」「掟上今日子の備忘録」「あさが来た」 | トップページ | サッカー日本代表、カンボジアにしょっぱい勝利 »

2015年11月16日 (月)

「ラスト・ナイツ」:渋ーい騎士道版「忠臣蔵」

353521_001
映画『ラスト・ナイツ』は、紀里谷和明監督のハリウッド・デビュー作。なんと『忠臣蔵』の翻案。となると、どうしてもあのデタラメ過ぎる『47 RONIN』を思い出してしまうのですが、こちらはむしろ渋すぎるまでに実直な作品なのでした。人種の混交などは現代的なフィクションですが、根っこの部分では騎士道に置き換えた武士道を真摯に描いておりました。

353521_003
冷え冷えとしたモノトーンの映像が渋過ぎます! 雪降る遠景になったりすると、まるで水墨画の世界。そして、室内の映像における計算しつくされた光線は、あたかも中世絵画のようです。 映像の魔術師が抑制を効かせると、こういうことになるのですね。

353521_004

堂々たるモーガン・フリーマンはさすがですし、クライヴ・オーウェンも役所広司っぽく頑張っておりましたが、吉良上野介がちょっと小物っぽいというか、味わいに欠けましたね。まあ、その分伊原剛志がカッコよく見えたわけではありますが・・・。

353521_005

クライマックスのアクションも、今日び珍しい程に正攻法。派手にならぬよう、ヴァイオレントにならぬよう、抑えて抑えてを徹底させています。 全体を通して、欧米の方々にも理解しやすい『忠臣蔵』世界の創造に成功したのではないでしょうか。とはいえ、やっぱり「『忠臣蔵』って、本当はもっと面白いんだけどなあ」って思っちゃいますけどね。

|

« 「下町ロケット」「掟上今日子の備忘録」「あさが来た」 | トップページ | サッカー日本代表、カンボジアにしょっぱい勝利 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/62526842

この記事へのトラックバック一覧です: 「ラスト・ナイツ」:渋ーい騎士道版「忠臣蔵」:

» ラスト・ナイツ [とりあえず、コメントです]
紀里谷和明監督が騎士道の精神を貫き通す男をクライヴ・オーウェン主演で描いたドラマです。 予告編を観て、騎士が主人公ってどんな映画になるのだろうなあと気になっていました。 中世の街並みが並ぶ重厚な雰囲気の中で、戦いに挑む男たちの生きざまに圧倒されるような作品でした。 ... [続きを読む]

受信: 2015年11月16日 (月) 22時18分

» 劇場鑑賞「ラスト・ナイツ」 [日々“是”精進! ver.F]
心の絆は、断ち切れない… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201511150000/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】GOEMON【Blu-ray】 [ 江口洋介 ]価格:2,160円(税込、送料込) ... [続きを読む]

受信: 2015年11月17日 (火) 06時00分

» 映画「ラスト・ナイツ」 感想と採点 ※ネタバレなし [ディレクターの目線blog@FC2]
映画 『ラスト・ナイツ』 (公式)を昨日、劇場鑑賞。採点は、 ★★★ ☆☆ (5点満点で3点)。100点満点なら50点にします。 ざっくりストーリー 戦士の時代が終わりを迎え、悪賢い政治家がはびこるとある封建国家。高潔なバルトーク卿(モーガン・フリーマン)は強欲な大臣ギザモットから賄賂を要求されるが、断った上に刃物で切り付けたため、...... [続きを読む]

受信: 2015年11月17日 (火) 09時20分

» ラスト・ナイツ ★★★★ [パピとママ映画のblog]
『CASSHERN』『GOEMON』の紀里谷和明監督が、ハリウッドデビューを果たしたアクション巨編。君主の誇りを踏みにじった支配者に復讐(ふくしゅう)を果たそうとする、屈強な剣士とその仲間たちの姿を追い掛ける。『クローサー』などのクライヴ・オーウェン、『ミリオンダラ...... [続きを読む]

受信: 2015年11月17日 (火) 12時17分

» ラスト・ナイツ [象のロケット]
忠誠心、名誉、正義、尊厳が失われ、不正と腐敗がはびこる封建国家。 悪徳大臣ギザ・モットからの賄賂要請を堂々と断ったバルトーク卿は、いわれなき反逆罪に問われ、皇帝から死刑を宣告され処刑された。 …1年後、栄華を極めるギザ・モットの気がかりは、バルトークの忠実な部下だったライデンの自分への復讐。 しかし、バルトーク卿に仕えていた者たちは皆、既に刀を捨て平民として暮らしていた…。 気高く勇敢な、最後の騎士の物語。... [続きを読む]

受信: 2015年11月17日 (火) 17時03分

» ラスト・ナイツ [だらだら無気力ブログ!]
今回は面白かった。 [続きを読む]

受信: 2015年11月17日 (火) 20時29分

» ラスト・ナイツ [Akira's VOICE]
静かに荘厳に生きて戦い抜く!   [続きを読む]

受信: 2015年11月22日 (日) 14時04分

» ラスト・ナイツ [とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver]
忠臣蔵のお話を知らないとわかりにくいかもしればないけど、日本以外の海外でどう受け入れられるかはわからない。この映画で描かれているのが本当の騎士道なのかわからない。むしろ西洋的な解釈の武士道なのだと思う。... [続きを読む]

受信: 2015年11月22日 (日) 22時09分

» ラスト・ナイツ [花ごよみ]
監督は紀里谷和明。 クライヴ・オーウェン、モーガン・フリーマン、 伊原剛志、アン・ソンギ等が出演。 ベースは「忠臣蔵」 君主のプライドを蹂躙した支配者に対し 復讐を実行しようとする剣士達。 賄賂を断りその上に 刀を向けたバルトーク卿(モーガン・フリーマ...... [続きを読む]

受信: 2015年11月29日 (日) 22時39分

» 『ラスト・ナイツ』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「ラスト・ナイツ」□監督 紀里谷和明□脚本 マイケル・コニーヴェス、ドーヴ・サッスマン□キャスト クライブ・オーウェン、モーガン・フリーマン、伊原剛志、クリフ・カーティス■鑑賞日 11月15日(日)■劇場  TOHOシネマズ川崎...... [続きを読む]

受信: 2015年11月30日 (月) 07時15分

» 紀里谷版忠臣蔵はいかが?〜「ラスト・ナイツ」〜 [ペパーミントの魔術師]
相変わらず映像は暗め。ブルーグレーな色彩。 とっても美しいとは思ったけど見づらいっちゃ見づらいのよな・・・。 紀里谷流の、映像へのこだわりは半端ない。 ますそっから受け入れられるかどうかになっちゃったりしてね・・・。 話は忠臣蔵がベースで舞台を中世に置...... [続きを読む]

受信: 2015年12月 2日 (水) 02時29分

» [映画『ラストナイツ』を観た(短評)] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆・・・私は、かつて、この監督の『キャシャーン』を批判しまくった。  しかし、批判し過ぎて、いつも間にか、作品に愛着を持ってしまってもいた^^;  ただ、その、作中で語られる戦後民主主義的な「言葉だけの平和主義」は非常にいやだった。  次作の『GOEMON』だ...... [続きを読む]

受信: 2015年12月 8日 (火) 08時36分

» ラスト・ナイツ [映画的・絵画的・音楽的]
 『ラスト・ナイツ』を新宿バルト9で見てきました。 (1)クマネズミは、この映画を制作した紀里谷和明監督のこれまでの作品について、世に言われるほど酷くないと思っていて、本作も悪くないのではと期待し、ひどく遅ればせながら映画館に行ってきました。  本作(注1...... [続きを読む]

受信: 2015年12月10日 (木) 18時14分

» 騎士道をつらぬく [笑う社会人の生活]
20日のことですが、映画「ラスト・ナイツ」を鑑賞しました。 強欲な大臣から賄賂を要求されるもそれを断り彼に刀を向けたバルトーク卿が反逆罪に問われ死刑判決が下される 1年後 まな弟子の騎士ライデンは酒に溺れる毎日を送っていた その裏でほかの騎士たち権力者たち...... [続きを読む]

受信: 2015年12月14日 (月) 11時51分

« 「下町ロケット」「掟上今日子の備忘録」「あさが来た」 | トップページ | サッカー日本代表、カンボジアにしょっぱい勝利 »