« 「RE:LIFE リライフ」:人物がみんな魅力的な娯楽映画 | トップページ | 「アンジェリカの微笑み」:プリミティブな自由さ »

2015年12月14日 (月)

「グリーン・インフェルノ」:恐怖と絶望とバイヤー

1450098540238東京では新宿・武蔵野館だけで公開中の映画『グリーン・インフェルノ』を観たら、劇場にこんなタペストリーが(ちなみに手前の黒いのはゴミ箱じゃなくて、発券機ね)。 「バイヤー!」って、百貨店とかセレクトショップとかのバイヤーを呼んでいるのでしょうか? 「バイヤー、あの商品まだ入って来ないんすかぁ?」とか。それとも、映画の買付けをする人のことでしょうか? 「バイヤーさん、こんなヤバイ映画、よく買ってくれました。ヤバイヤー!」とか?? (本篇中で、確かに「バイヤー!」って言ってました)

353595_004

すみません、妙なネタで引っ張ってしまいましたが、作品自体は「今日び、よくこんな映画作ったなあ」って感じのアホ&グロ一直線です。ですけれどグロ過ぎないというか、それなりに抑制が効かせてあるのです。いろいろとヒドイ映画も観ている大江戸にしてみれば、むしろ物足りないくらい。

353595_001

そもそも食人族が出て来るまで、(たしか)40分ぐらいですもん(映画全体は1時間41分)。かったるいというか、じれったいというか、・・・抑制してます。目いっぱい「タメ」を作ってます。

つかまって、檻に入れられて、目の前で仲間を(生きながらにして)さばかれて、・・・その恐怖と絶望たるやどれほどのものか、と想像するだけで失神しそうです。まさに「生き地獄」ですね。こんな目にだけは遭いたくないものです。

353595_009

それにしても食人族の親分は、なぜにジャック・スパロウ船長?? どっかでDVDでも見たのでしょうか? でもこの人、実においしそうに食べるんですよねー。TVで食レポやらせたいぐらいです。

教訓:過激派環境運動家とバイヤーには気をつけろ!

教訓2:武蔵野館やル・シネマでは、前の席に座高が高いヤツが座ったら絶望するしかない(スロープがほとんどないので、画面隠れちゃうからねー)。

 

|

« 「RE:LIFE リライフ」:人物がみんな魅力的な娯楽映画 | トップページ | 「アンジェリカの微笑み」:プリミティブな自由さ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/62968591

この記事へのトラックバック一覧です: 「グリーン・インフェルノ」:恐怖と絶望とバイヤー:

» グリーン・インフェルノ/THE GREEN INFERNO [我想一個人映画美的女人blog]
エグいの大好きイーライ・ロスが贈る「ホステル2」以来の6年ぶり監督作 デヴィッド・リンチ監督のweb短編映画を手伝った後、「キャビンフィーバー」、 「ホステル」でタランティーノに評価されて以来、出演や製作が多かったので 久々の監督作、劇場にて確認...... [続きを読む]

受信: 2015年12月14日 (月) 23時50分

» 【15-114】グリーン・インフェルノ ★★★★★ [燃える映画軍団【ブログ編】]
楽しみに楽しみにしていたグリーン・インフェルノを当然初日から鑑賞。 不正なアマゾンの森林伐採の実態を世に訴えるため、学生たちの活動家から成るグループは現地に赴く。その後、彼らの度を越した行動が目に余ったため全員強制送還されることになるが、その途中で搭乗機がエンジントラブルを起こしてしまう。熱帯雨林に墜落した飛行機の生存者たちは救助を求めるが、彼らを待ち受けていたのは食人族だった。 まず最初に言っておくと、この映画は「食人族」のリメイクではありません。 インスパイアされて作った別物だと自... [続きを読む]

受信: 2015年12月16日 (水) 01時42分

» グリーン・インフェルノ [映画三昧、活字中毒]
■ 新宿武蔵野館にて鑑賞グリーン・インフェルノ/THE GREEN INFERNO 2013年/アメリカ、チリ/101分 監督: イーライ・ロス 出演: ロレンツァ・イッツォ/アリエル・レビ/ダリル・サバラ/カービー・ブリス・ブラントン/マグダ・アパノヴィッチ 公式サイト 公開: 2015年11月28日 国連の弁護士を父に持つ女子大生のジャスティンは、ある日、大学で環境保全のデモ...... [続きを読む]

受信: 2015年12月20日 (日) 09時02分

» グリーン・インフェルノ★★★ [パピとママ映画のblog]
「キャビン・フィーバー」「ホステル」のイーライ・ロス監督が、かつて80年代前後に様々な物議を醸して世界的にセンセーションを巻き起こした食人族映画を現代に甦らせて描く衝撃のカニバル・ホラー。アマゾンの先住民族に捕まったアメリカの学生たちを待ち受ける凄惨な運...... [続きを読む]

受信: 2016年1月12日 (火) 18時01分

« 「RE:LIFE リライフ」:人物がみんな魅力的な娯楽映画 | トップページ | 「アンジェリカの微笑み」:プリミティブな自由さ »