« 「さようなら」:「ウルトラQ」の『虹の卵』だったとは! | トップページ | 「スノーマン展」と松屋銀座のクリスマス »

2015年12月 8日 (火)

「愛を語れば変態ですか」:黒川芽以を見る映画

354332_003
映画『愛を語れば変態ですか』は、自身劇団主宰者である福原充則さんの初監督作ということで、実に演劇調。もろに演劇調。実際、オープン前のカレー屋という1つの場所だけでほとんど完結するドラマですし(まあ、この映画では終盤町へ、世界へと飛び出して行きますが)、クセのある役者の芝居と台詞とで突っ走って行きます。

354332_005

その演劇的展開は、確かにカレー屋開店をめぐるドタバタに見えて、どんどんそこから逸脱して行きます。男の数が1人増えるごとに、どんどんとんでもない不条理世界に入って行くのです。野間口徹演じる旦那さん、全ての登場人物に振り回されちゃって、ほんとに思いもよらぬ災難ですよねえ。かわいそうに。

354332_001

何と言っても、黒川芽以を見る映画には違いありません。『ボーイズ・オン・ザ・ラン』での役をちょっと思わせる、コケティッシュな魅力。「触れなば落ちん」な感じ。ストーカー君と「目で話す」あたりも笑えましたが、やはり終盤の狂ったはじけ方にぶっとびます。「愛のテロリスト」! カッコイイなあ。ただ彼女のはじけ方ほどには映画がぶっとんで行かないので、どうにも「なんだかなー」なエンディングでした。

354332_002

彼女が語っていた「確かに愛は今、世界の中で劣勢だ」とかいう彼女の台詞、ここがキモでしたね。だからこそ彼女は愛のテロに走ったのでしょう。うーん、演劇的です。

73分というコンパクトな上映時間は、オッケーです。これ以上無駄に長くても、しょうがありません。ただ、ちょっと物足りないので、「2本立て上映を希望」って感じではありますけど。

|

« 「さようなら」:「ウルトラQ」の『虹の卵』だったとは! | トップページ | 「スノーマン展」と松屋銀座のクリスマス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/62877577

この記事へのトラックバック一覧です: 「愛を語れば変態ですか」:黒川芽以を見る映画:

» 『愛を語れば変態ですか』 もっと変態であってほしかったが…… [サイの角のように 独りよがり映画論]
 演劇界出身の福原充則の初監督作品。  郊外の住宅地でカレー屋を始めることになった夫婦。開店を明日に控え準備に励むふたりだったのだが……。カレー屋に登場する人物たちは ...... [続きを読む]

受信: 2015年12月 9日 (水) 21時35分

« 「さようなら」:「ウルトラQ」の『虹の卵』だったとは! | トップページ | 「スノーマン展」と松屋銀座のクリスマス »