« 「グリーン・インフェルノ」:恐怖と絶望とバイヤー | トップページ | サンフレッチェ、惜しかったなあ »

2015年12月15日 (火)

「アンジェリカの微笑み」:プリミティブな自由さ

354017_002
映画『アンジェリカの微笑み』は、今年106歳で大往生を遂げたマノエル・ド・オリヴェイラ監督が101歳の時に撮った作品。うーん、古めかしい中に、とてもとても「自由」です。アラン・レネ晩年(と言っても80代後半ですが)の『風にそよぐ草』や『愛して飲んで歌って』にも、老境の自由さを強く感じましたが、オリヴェイラ監督の「自分が映画を発明した」的な自由さには、もう何も言えませんよね。

354017_001

最重要ポイントは、あの半生記以上前の映画を思わせる、プリミティブな特撮です。パッと現われ、パッと消え、モノクロ半透明になって空を飛んだり、部屋に浮かんだりする様が、「今日び、これやっちゃいますか?」って感じに、ある意味衝撃的。でもオリヴェイラさんとしては、「これでかまわんだろ。十分伝わるだろ。」って感じなんでしょうね。伝わります。楽しいです。特に男女二人の滑空シーンは、『スーパーマン』におけるスーパーマンとロイス・レインの空中デートや『世界中がアイ・ラヴ・ユー』においてゴールディー・ホーンがセーヌ河畔で浮遊・滑空するダンス・シーンのように、映画ならではの幸福さに満ちているのです。

354017_003
撮影中ピントが合ったファインダー越しにアンジェリカが微笑みかける場面も、原初的な映画のワンダー(写真が動き出した)に溢れています。本当にオリヴェイラって人は、「生きる映画史」だったのだなあと、感慨深いですね。全体的には、ポルトガルの『雨月物語』とでもいった趣きが滲んでおります。

354017_004

大江戸はオリヴェイラ監督をあまり高く評価する者ではありませんし、本作もそれほど気に入っているわけではありません。でも、(どこまで自覚的かわかりませんが)この変なユーモアは稀少であり、隣国スペインの巨匠ルイス・ブニュエルとの近さを感じる部分だったりして、チャーミングだなあと思っております。

|

« 「グリーン・インフェルノ」:恐怖と絶望とバイヤー | トップページ | サンフレッチェ、惜しかったなあ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/62983678

この記事へのトラックバック一覧です: 「アンジェリカの微笑み」:プリミティブな自由さ:

» アンジェリカの微笑み(2010) [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。ポルトガル映画、原題:O Estranho Caso de Angelica、英題:The Strange Case of Angelica。マノエル・ド・オリヴェイラ監督。 リカルド・トレパ、ピラール・ロペス・デ・アジャラ、レオノ ... [続きを読む]

受信: 2015年12月16日 (水) 00時01分

» アンジェリカの微笑み [風情の不安多事な冒険 Part.5]
 ポルトガル&スペイン&フランス&ブラジル  ドラマ  監督:マノエル・ド・オリヴェイラ  出演:リカルド・トレパ      ピラール・ロペス・デ・アジャラ      レ ... [続きを読む]

受信: 2015年12月16日 (水) 10時22分

» アンジェリカの微笑み [映画的・絵画的・音楽的]
 『アンジェリカの微笑み』を渋谷のル・シネマで見ました。 (1)本年4月に亡くなったポルトガルのオリヴェイラ監督が101歳の時に制作した作品(2010年公開:注1)というので、映画館に行ってきました。  本作(注2)の冒頭では、詩人のアンテロ・デ・ケンタルの言葉(...... [続きを読む]

受信: 2015年12月18日 (金) 18時55分

» 映画:アンジェリカの微笑み O Estranho Caso de Angélica クレイグ 007失望 症候群からの脱出(笑) [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
実は「スペクター」鑑賞後、クレイグ 007失望 症候群に陥ってしまった。 あまりにガッカリしたので… こんな自分に、喝!を入れてくれる作品を探していた。 そしてそれが見つかった! 4月2日に106歳で逝去したオリヴェイラ晩年の作品。 101歳のときの作品(!)「...... [続きを読む]

受信: 2015年12月19日 (土) 05時22分

» 「アンジェリカの微笑み」☆101歳監督の幽体離脱映画 [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
面白い映画。 予告編を見るかぎり、とってもアーティスティックな映画と思っていたら、正しく言うと『面白い事になっちゃってる映画』だった。 しかしアンジェリカのそのミステリアスな微笑みに心惹かれたのは、主人公のイザクだけでなく、私たちまでもすっかり心惑わされてしまったのは間違いない。(別の意味で)... [続きを読む]

受信: 2015年12月23日 (水) 17時31分

» 【映画】アンジェリカの微笑み [アリスのさすらい映画館]
アンジェリカの微笑み(2010)ポルトガル/スペイン/フランス/ブラジル原題:The Strange Case of Angelica監督/脚本:マノエル・ド・オリヴィエラ出演:リカルド・トレパ、ピラール・ロペス・デ・アジャラ、レオノール・シルベイラ ルイス・ミゲル・シントラ、アナ・マリア・マガリャンエス日本公開:2015/12 今年4月に106歳で亡くなったポルトガルのマノエ...... [続きを読む]

受信: 2015年12月25日 (金) 16時08分

« 「グリーン・インフェルノ」:恐怖と絶望とバイヤー | トップページ | サンフレッチェ、惜しかったなあ »